S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーキバ キバフォーム レビュー

SHF 真骨頂 キバ48


【全体】

SHF 真骨頂 キバ1

SHF 真骨頂 キバ2

SHF 真骨頂 キバ3

SHF 真骨頂 キバ4

SHF 真骨頂 キバ5


【比較】

SHF 真骨頂 キバ6
2010年リリースの懐かしいアイテム「S.H.Figuarts 仮面ライダーイクサ」と。
まさか主役のリリースまで10年近く待たされるとはこの時は思ってもいなかったです。

SHF 真骨頂 キバ7
そしてもっと懐かしいアイテム2008年リリース「装着変身 仮面ライダーキバ (キバフォーム)」と。
このクオリティーの差が10年の歳月を感じさせますね。
しかし装着変身の方はシルバー部がほぼダイキャストなので今、これ再現したらとんでもない価格になるんじゃないかなぁ。


【各部位】

SHF 真骨頂 キバ8
頭部前面。
複眼や額周りのディテールも細かく仕上げられていて
劇中再現度はかなり高め。

SHF 真骨頂 キバ9
頭部側面。

SHF 真骨頂 キバ10
後頭部。

SHF 真骨頂 キバ11
胴体(表)。
レッド部は光沢仕上げ。
全体的なフォルムはスーツと遜色がありません。

SHF 真骨頂 キバ12
腹部のパーツはボールジョイントで前後、左右に可動。

SHF 真骨頂 キバ13
キバットバットⅢ世もディテールがかなり細かく仕上げられています。
目はクリアパーツ製。

SHF 真骨頂 キバ14
胴体(右)。
腰にはフエスロットが取り付けられています。
フエスロットには各フエッスルが。
右からウェイクアップ、ドラン、ブロンフエッスル。
いずれも脱着可能。

SHF 真骨頂 キバ15
胴体(左)。
こちら側のフエスロットには
右からドッガ、バッシャー、ガルルが取り付けられています。

SHF 真骨頂 キバ16
キバットの口は開閉式で各フエッスルを取り付ける事ができます。

SHF 真骨頂 キバ17
フエッスルを取り付けてキバットの口を閉じた状態。
劇中と同じ状態を再現できます。

SHF 真骨頂 キバ18
キバットは劇中同様、脱着可能。
ベルトにはしっかりと造形が施されています。

SHF 真骨頂 キバ19
キバットは羽を広げて飛行状態を再現可能です。

SHF 真骨頂 キバ20
キバットを浮かす為の魂STAGE対応ジョイントパーツが付属します。

SHF 真骨頂 キバ21
胴体(裏)。
キバの独特なシルバーのメイルも丁寧に仕上げられています。

SHF 真骨頂 キバ22
背中のパーツは上下、前後、左右に可動が可能。

SHF 真骨頂 キバ23SHF 真骨頂 キバ24
SHF 真骨頂 キバ25
肩のメイルや鎖もしっかりと仕上げられています。
前腕側面のレッドのラインが途中までしかない所もオリジナルと同じ。

SHF 真骨頂 キバ26
肩パーツはジョイントで下方へ可動。

SHF 真骨頂 キバ27SHF 真骨頂 キバ28
SHF 真骨頂 キバ29
右脚はヘルズゲートが完全に近い形で再現されています。
鎖の造形が素晴らしいです。
足首は引き出しが可能で可動域を広げる事ができます。

SHF 真骨頂 キバ30
右足裏。
上部の丸い部分はレッドで塗装されています。

SHF 真骨頂 キバ31
パーツ差し替えでヘルズゲート解放状態を再現。
スミ入れもしっかりしてあって見栄えが良いです。
こちらの足首も可動式。

SHF 真骨頂 キバ32
ヘルズゲート裏面。
全面シルバー塗装。

SHF 真骨頂 キバ33SHF 真骨頂 キバ34
SHF 真骨頂 キバ35
 左足。膝や足首に至るまでディテールが細かく施されています。

SHF 真骨頂 キバ36
左足裏。


【付属品】

SHF 真骨頂 キバ37
手パーツA(左右)。

SHF 真骨頂 キバ38
手パーツB(左右)。

SHF 真骨頂 キバ39
フエッスル持ち手パーツ(右のみ)。

SHF 真骨頂 キバ40
初回限定特典ライドウォッチ型台座。

SHF 真骨頂 キバ41
上部の凹には魂STAGEの支柱を取り付ける事ができます。


【可動範囲】

SHF 真骨頂 キバ42
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首は水平・垂直方向に45°、足先45°可動。

SHF 真骨頂 キバ43
股関節は垂直方向に90°、胸部は45°回転可動、腰は360°回転可動。

SHF 真骨頂 キバ44
前屈。

SHF 真骨頂 キバ45
後屈。


【アクションタイム】

SHF 真骨頂 キバ46

SHF 真骨頂 キバ47

SHF 真骨頂 キバ48

SHF 真骨頂 キバ49

SHF 真骨頂 キバ50

SHF 真骨頂 キバ51

SHF 真骨頂 キバ52

SHF 真骨頂 キバ53

SHF 真骨頂 キバ54

SHF 真骨頂 キバ55

SHF 真骨頂 キバ56

SHF 真骨頂 キバ57

SHF 真骨頂 キバ58

SHF 真骨頂 キバ59

SHF 真骨頂 キバ60

SHF 真骨頂 キバ61

SHF 真骨頂 キバ62

SHF 真骨頂 キバ63

SHF 真骨頂 キバ64

SHF 真骨頂 キバ65



本日のフィギュアレビューは「S.H.Figuarts (真骨彫製法) 仮面ライダーキバ キバフォーム」です。

とうとうこれで平成ライダーもコンプですね。

かなり待たされた感がありますが感無量です。

装着変身リリース時は「これ、凄いクオリティーだなぁ・・・」と感心したものですが

真骨頂のキバがリリースされた今でもその感想は薄れません。

あれはあれ、これはこれ。

どちらも素晴らしいアイテムなのです。

今回のキバは真骨頂という事で

全体のフォルムやディテールは劇中のスーツと遜色なく

またヘルズゲート解放状態をパーツ差し替えにする事で

ウエイクアップ状態をより劇中に近い形で再現しています。

可動域もとても広く、キバ特有の戦闘、決めポーズもばっちり決まります。

ダークネスムーンブレイク時の脚上げポーズもスタンドの補助無しで可能な程、重心調整は容易です。

もはや、申し分ない出来栄え。

気になるのは今後の展開です。

すでに「S.H.Figuarts マシンキバー オプションパーツセット」のリリースは決定している模様。

あとは派生フォームの方ですが

クウガもドラゴンやペガサス出てませんからねぇ、どうなんでしょ。

個人的にはドッガあたりをお願いしたいですが

それよりもダークキバとかが先に出そうな予感。

あとイクサもこれを機に真骨頂でリリースして欲しいですね。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップ