超像可動 パープル・ヘイズ レビュー

超像可動 パープルヘイズ53


【全体】

超像可動 パープルヘイズ1

超像可動 パープルヘイズ2

超像可動 パープルヘイズ3

超像可動 パープルヘイズ4

超像可動 パープルヘイズ5


【比較】

超像可動 パープルヘイズ6
「超像可動 ゴールド・エクスペリエンス」と。


【各部位】

超像可動 パープルヘイズ7
頭部前面。
前面のフードのトップコートがキツすぎて透明度が低いです。

超像可動 パープルヘイズ8
角度を変えて。
歯や口の拘束具までしっかり造形されています。

超像可動 パープルヘイズ9
頭部側面。

超像可動 パープルヘイズ10
後頭部。

超像可動 パープルヘイズ11
よだれを垂らした頭部。
こちらの方がフードの透明度が高いです。

超像可動 パープルヘイズ12
角度を変えて。
よだれはクリアパーツ製でデザインもなかなか良いです。

超像可動 パープルヘイズ13
胴体(表)。
中央部はグラデ塗装が施されています。

超像可動 パープルヘイズ14
胴体(裏)。
かなり細かいデザインですが丁寧に塗装されています。

超像可動 パープルヘイズ15
背中にはトゲトゲが3本。

超像可動 パープルヘイズ16超像可動 パープルヘイズ17
超像可動 パープルヘイズ18
腕も全体的にグラデ塗装が施されています。

超像可動 パープルヘイズ19
肩パーツは上方へ180°可動。

超像可動 パープルヘイズ20
拳の殺人ウイルスカプセルもしっかりと造形されています。

超像可動 パープルヘイズ21超像可動 パープルヘイズ22
超像可動 パープルヘイズ23
脚も胴体同様、細かいデザインですが丁寧に塗装されています。

超像可動 パープルヘイズ24
足裏。


【付属品】

超像可動 パープルヘイズ25
指差し手パーツ(右のみ)。

超像可動 パープルヘイズ26
平手パーツA(左右)。

超像可動 パープルヘイズ27
平手パーツB(左右)。

超像可動 パープルヘイズ28
拳のカプセルが割れた手パーツ(左のみ)。

超像可動 パープルヘイズ29
支柱&台座。

超像可動 パープルヘイズ30
支柱用専用ジョイントパーツ。

超像可動 パープルヘイズ31
擬音パーツ。
専用の支柱も付属します。


【可動範囲】

超像可動 パープルヘイズ32
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に45°、腿ロール可動、膝135°、足首は水平・垂直方向に45°、足先45°可動。

超像可動 パープルヘイズ33
股関節は垂直方向に90°、胸部及び腰は360°回転可動式。

超像可動 パープルヘイズ34
前屈。

超像可動 パープルヘイズ35
後屈。


【アクションタイム】

超像可動 パープルヘイズ36

超像可動 パープルヘイズ37

超像可動 パープルヘイズ38

超像可動 パープルヘイズ39

超像可動 パープルヘイズ40

超像可動 パープルヘイズ41

超像可動 パープルヘイズ42

超像可動 パープルヘイズ43

超像可動 パープルヘイズ44

超像可動 パープルヘイズ45

超像可動 パープルヘイズ46

超像可動 パープルヘイズ47

超像可動 パープルヘイズ48

超像可動 パープルヘイズ49

超像可動 パープルヘイズ50

超像可動 パープルヘイズ51

超像可動 パープルヘイズ52



本日のフィギュアレビューは「超像可動 パープル・ヘイズ」です。

荒木先生があまりにも強すぎる為、途中退場させたといういわくつきのスタンド。

劇中ではマン・イン・ザ・ミラー戦しかほぼ登場していませんが

その狂暴さ故にかなり印象に残るスタンドでした。

今回のフィギュアではかなり細かいデザインですが

物凄く丁寧に塗装され再現度が高いです。

ただ、通常顔のフードの透明度が低いのがマイナス点かな。

独特の擬音パーツも付属するので劇中再現もできてなかなかプレイバリューの高いアイテムとなっています。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 パープル・ヘイズ
価格:8800円(税込、送料別) (2019/3/2時点)



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事