超像可動 ゴールド・エクスペリエンス WF 限定版 レビュー

超像可動 GE WF48


【全体】

超像可動 GE WF1

超像可動 GE WF2

超像可動 GE WF3

超像可動 GE WF4

超像可動 GE WF5
WF2013夏限定販売のカラバリ版です。


【比較】

超像可動 GE WF6
通常版と。
通常版のカラーリングがカッパー、オレンジ、パープルをベースとしているのに対して
コチラはパールっぽいホワイトとピンクが基調色となっています。

超像可動 GE WF7
「超像可動 スティッキィ・フィンガーズ」と。
体高はほぼ同じですが腕など全体的にゴールド・エクスペリエンスの方が華奢。


【各部位】

超像可動 GE WF8
頭部前面。
特徴的な目のデザインなど造形や塗装精度は高め。

超像可動 GE WF9
頭部右側面。

超像可動 GE WF10
後頭部。

超像可動 GE WF11
頭頂部。

超像可動 GE WF12
叫び顔。
頭部を丸ごと差し替えて再現。
口の中までしっかり塗装されておりかなりリアル。

超像可動 GE WF13
胴体。
胸部や股間の特徴的な模様の造形や塗装もしっかり仕上げられています。
胸部にはてんとう虫の造形が。
腰のベルトは軟質素材製。

超像可動 GE WF14
背中も前面同様の仕上がり。
腰布は軟質素材製。

超像可動 GE WF15
腰側面には大きなてんとう虫の造形があります。
てんとう虫はジョイントで可動式。

超像可動 GE WF16超像可動 GE WF17
超像可動 GE WF18
腕はやや細身のフォルム。
肩には羽のようなデザインの造形が。

超像可動 GE WF19
手の甲にもてんとう虫の造形があります。
かなり小さいですがしっかり仕上げられています。

超像可動 GE WF20超像可動 GE WF21
超像可動 GE WF22
脚もやや細身のフォルム。
足首側面にもてんとう虫の造形があります。

超像可動 GE WF23
足裏。


【付属品】

超像可動 GE WF24
平手パーツA(左右)。

超像可動 GE WF25
平手パーツB(左右)。

超像可動 GE WF26
平手パーツC(左右)。

超像可動 GE WF27
指差し手パーツA(右のみ)。

超像可動 GE WF28
指差し手パーツB(右のみ)。

超像可動 GE WF29
台詞プレート。
専用の支柱が付属します。

超像可動 GE WF30
台座&支柱。


【可動範囲】

超像可動 GE WF31
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘約180°、
股関節は水平方向に45°、腿ロール可動、膝約180°、足首は水平・垂直方向に45°、足先45°可動。

超像可動 GE WF32
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰45°、胸部360°回転可動。

超像可動 GE WF33
前屈。

超像可動 GE WF34
後屈。


【アクションタイム】

超像可動 GE WF35

超像可動 GE WF36

超像可動 GE WF37

超像可動 GE WF38

超像可動 GE WF39

超像可動 GE WF40

超像可動 GE WF41

超像可動 GE WF42

超像可動 GE WF43

超像可動 GE WF44

超像可動 GE WF45


【おまけ】

超像可動 GE WF46
「生まれろ! 新しい生命よ!」

超像可動 GE WF47
南無阿弥陀仏・・・



本日のフィギュアレビューは「超像可動 ゴールド・エクスペリエンス WF 限定版」デス。

アニメもとうとう第5部に突入しましたね。

毎週、楽しみに視聴しておりますよ。

しょんな訳で主役スタンドのゴールド・エクスペリエンスです。

通常版だと芸がないのでWF限定版で。

とはいってもカラバリなので目新しさはありませんし

記憶が確かならコミックスのカバーでこのカラーリングだった事があるようなないような。

追加の付属品は台詞プレートのみです。

カラーリングが大幅に変更されているので2体並べるとそれぞれ特徴的で

とても面白いなぁと思いました。

基本的に可動域は広いので様々なアクションポーズが決まります。

叫び顔なんかも良く出来ているので迫力ありますし。

超像可動は第7部以外、ほとんど持っているので機会があれば他のキャラクターもレビューしたいと思います。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事