HGBD ガンダムラヴファントム レビュー

HGBD ガンダムラヴファントム1


【キット内容】
ランナー×13、ポリキャップ×1、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、シール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HGBD ガンダムラヴファントム2

HGBD ガンダムラヴファントム3

HGBD ガンダムラヴファントム4

HGBD ガンダムラヴファントム5

HGBD ガンダムラヴファントム6
本体のベースキットは「HGCE ストライクフリーダムガンダム」、
背面のラブストライカーのベースキットは「HGCE ストライクノワールガンダム」の模様。
カラーリングが大幅に変更されているのとラブストライカーが上下逆さに取り付けられているのでかなり印象が異なります。


【比較】

HGBD ガンダムラヴファントム7
HGBD ガンダムダブルオースカイ (ハイヤーザンスカイフェイズ)」と。
ラブストライカーが大きいのでダブルオースカイも横幅がある方ですがそれを遥かに超える程の横幅です。
体高もラブファントムの方がかなり高いですね。


【各部位】

HGBD ガンダムラヴファントム8
頭部前面。
アンテナの形状はガンダムデスサイズに似ていますが頭部全体のフォルムは異なりますし
口のスリットもありません。
額のグリーンとツインアイはシール。

HGBD ガンダムラヴファントム9
頭部右側面。
中央部にパーツ分割ラインが出ます。

HGBD ガンダムラヴファントム10
後頭部。
上部グリーンはシール。

HGBD ガンダムラヴファントム11
胴体はほとんどがストフリと同じデザインですが腹部(レッド)のデザインが異なります。
胸部ダクトのホワイトなども全てパーツにて色分け。

HGBD ガンダムラヴファントム12
背中のデザインもストフリと同じ。

HGBD ガンダムラヴファントム13
腰部側面の「クスィフィアス3レール砲」もストフリと同じ。

HGBD ガンダムラヴファントム14
「クスィフィアス3レール砲」は展開可能です。

HGBD ガンダムラヴファントム15
また後方への可動も可能。
ビーム・サーベル柄は脱着可能ですが今回、ビーム刃パーツは付属しておりません。

HGBD ガンダムラヴファントム16
フロントアーマーは上方へ90°可動。
尚、フロントアーマーの接続軸に凸がないので分離加工はしておりません。

HGBD ガンダムラヴファントム17
リアアーマーは上方へ180°可動。

HGBD ガンダムラヴファントム18HGBD ガンダムラヴファントム19
HGBD ガンダムラヴファントム20
腕は肩が新規造形でそれ以外はストフリと同じですが
前腕側面のパーツがストフリとは上下逆さに取り付けられています。

HGBD ガンダムラヴファントム21HGBD ガンダムラヴファントム22
HGBD ガンダムラヴファントム23
脚は膝とつま先、かかとが新規造形で他はストフリと同じデザイン。
すね側面にパーツ分割ラインが出ます。

HGBD ガンダムラヴファントム24
すね後面のスラスターパーツは展開可動式。

HGBD ガンダムラヴファントム25
足裏。
前面に肉抜きがあります。

HGBD ガンダムラヴファントム26
股間下部にアクションベース5または「HGBC ダイバーギア」対応の凹があります。


【ラブストライカー】

HGBD ガンダムラヴファントム27
ベースは「HGCE ストライクノワール」のノワールストライカーですが
外側の部分が新規造形になっています。
また、ノワールストライカーとは上下逆さに取り付けられているのも特徴的。

HGBD ガンダムラヴファントム28
ラブストライカーは上部「リニアガン」、下部「ストライカーサイズ」という構成。

HGBD ガンダムラヴファントム29
上部と下部はこのように展開可能です。
「ストライカーサイズ」を展開する際には内部パーツを一旦、引き出す必要があります。

HGBD ガンダムラヴファントム30
ストライカーサイズ×2。
ラブストライカーから取り外して手で保持します。
中央部は回転可動式。

HGBD ガンダムラヴファントム31
ラブストライカーは基部のジョイントが4箇所可動し、かなりフレキシブルに動きます。
また、このように本体に対して水平に可動させる事ができます。
右先端のウイングは上下に可動が可能。

HGBD ガンダムラヴファントム32
リニアガンはジョイントを可動させ前方へ向ける事ができます。

HGBD ガンダムラヴファントム33
リニアガンの先端にはビーム放出口が別パーツで再現されています。

HGBD ガンダムラヴファントム34
クスィフィアス3レール砲とリニアガンを展開すれば劇中のフルバーストを再現可能です。


【武装他】

HGBD ガンダムラヴファントム35
ビームカマ。
ビーム刃はクリアパーツ製。

HGBD ガンダムラヴファントム36
ビームカマの柄パーツはバックパックに取り付ける事が可能です。

HGBD ガンダムラヴファントム37
シールド。
ストフリと同じデザイン、クリアパーツ製です。
前腕に取り付けて再現しますがストフリとは上下逆さになっています。

HGBD ガンダムラヴファントム38
平手パーツ(左右)。


【可動範囲】

HGBD ガンダムラヴファントム39
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘180°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝180°、足首は垂直方向に45°、足先は下方へ可動式。

HGBD ガンダムラヴファントム40
股関節は垂直方向に90°、腰は360°回転可動。
腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HGBD ガンダムラヴファントム41
足首は水平方向に45°可動。


【アクションタイム】

HGBD ガンダムラヴファントム42

HGBD ガンダムラヴファントム43

HGBD ガンダムラヴファントム44

HGBD ガンダムラヴファントム45

HGBD ガンダムラヴファントム46

HGBD ガンダムラヴファントム47

HGBD ガンダムラヴファントム48

HGBD ガンダムラヴファントム49

HGBD ガンダムラヴファントム50

HGBD ガンダムラヴファントム51

HGBD ガンダムラヴファントム52

HGBD ガンダムラヴファントム53

HGBD ガンダムラヴファントム54

HGBD ガンダムラヴファントム56

HGBD ガンダムラヴファントム58

HGBD ガンダムラヴファントム57



本日のプラモデルレビューは「HGBD ガンダムラヴファントム」デス。

武器がカマなのと全体的なシルエットから

てっきりデスサイズがベースだと思っていたのですが

本体はストフリ、ラヴストライカーはストライクノワールがベースでした。

ストフリベースなのでプロポーションがとても良く、可動域も広いです。

またラヴストライカーは本来とは上下逆に取り付けられているので

かなりハッタリが効いた見た目になっていて迫力があります。

全体のワンレッドのカラーリングも綺麗で良いですね。

あと、本編では意識しなかったのですが

取説によると・・・・

「巨大なビームカマや展開式のストライカーサイズなど、本機の新造武器は鎌状の装備に対し特に深いこだわりをもって・・・・」

との事。オカマとカマをかけているんですね、これには笑いましたw

マギーさんは序盤から登場していて存在感もバッチリだったし

最終戦では主人公サイドに付くなど行動も好印象でした。

特に第23話ではこんなセリフのやり取りがありましたね。

ロンメル 「君にとってもGBNはかけがえのない存在だろう!」
マギー  「新たに生まれてくる命よりかけがえのない物なんてないのよ!!」

これにはグッときたし、ますますマギーさんが好きになりました。僕はのんけですけどねw

さてさて、話を元に戻すと本体の出来はグンバツです。

ビームカマはクリアパーツを使用していてかなり大きめで迫力満点、

ラヴストライカーのギミックも秀逸で

ジョイントがしっかりしてるのでフレキシブルに動きますし、

ストライカーサイズの展開やフルバーストの再現なんかもできるのも良かったです。

しかし、機体名がラヴファントムとは・・・なんか昔のB'zの曲を思い出してしまいました。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事