HG ガンダム TR-6 [ ウーンドウォート ] 【プレミアムバンダイ限定】 (モビルアーマー形態変形ギミック解説付き) レビュー

HG ウーンドウォート1


【キット内容】
ランナー×11、ポリキャップ×1、シール×2、リード線。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、シール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HG ウーンドウォート2

HG ウーンドウォート3

HG ウーンドウォート4

HG ウーンドウォート5

HG ウーンドウォート6
「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」より。
ガンダムTR-6のコアとなる素体状態の可変MS。
頭部が大き、フロントアーマーとく脚が長く、腕と胴体が短いという面白デザイン。
リアアーマー「ドラムフレーム」が大きいのでなんだかアリさんみたい。


【比較】

HG ウーンドウォート7
「HGAC リーオー」と。
かなり華奢なフォルムですが並べるとリーオーより大きく体高は約14㎝。


【各部位】

HG ウーンドウォート8
頭部前面。
横長の兜を被ったような、これがガンダムかというようなデザイン。
側面にはバルカン砲も造形されています。
画像では良く分からないかもしれませんが内部にはしっかりツインアイがシールで再現されています。
額のグリーンはシール。
計7パーツ構成。

HG ウーンドウォート9
頭部右側面。
アンテナは頭部より長いデスね。
前面のパーツを後面のパーツに被せる仕様なのでパーツ分割ラインは出ません。

HG ウーンドウォート10
後頭部。
上部グリーンはシール。

HG ウーンドウォート11
頭頂部。

HG ウーンドウォート12
胸部と腹部は一体化しています。
胸部イエローのダクトはパーツにて色分け。
計13パーツ構成。

HG ウーンドウォート13
肩には胴体と腕を挟み込むようにウイングパーツが取り付けられています。
ウイングパーツは上下左右に可動式。
先端のダークブルーはシール。

HG ウーンドウォート14
フロントアーマーは膝下までの長さがあります。
上部レッドの【V】マークはシール。
腰部は計15パーツ構成。

HG ウーンドウォート15
取説には明記されていなかったのですがフロントアーマーにはサブアーム展開ギミックがあります。

HG ウーンドウォート16
胴体を横から見た感じ。

HG ウーンドウォート17
背中は胴体同様、かなり小型化されています。

HG ウーンドウォート18
腰部「ドラムフレーム」(前面)。
上部ダークブルーのブーストポッドバルカンはパーツにて色分け。
側面のグリーンはシール。
先端部にパーツ分割ラインが出ます。
計5パーツ構成。

HG ウーンドウォート19
「ドラムフレーム」(側面)。

HG ウーンドウォート20
背中を横から見た感じ。

HG ウーンドウォート21HG ウーンドウォート22
HG ウーンドウォート23
腕はかなりチンマリしたフォルム。
腕前面にパーツ分割ラインが出ますがモールドになっているのでスミ入れすれば目立ちません。
手含め計14パーツ構成。

HG ウーンドウォート24HG ウーンドウォート25
HG ウーンドウォート26
脚は腿が大きく、すねが細いデザイン。
足は収納可能なランディングギアになっています。
計18パーツ構成。

HG ウーンドウォート27
腿側面のグリーンはシール。

HG ウーンドウォート28
ランディングギア裏。

HG ウーンドウォート29
ドラムフレーム裏にはスタンド対応の凹があります。


【武装他】

HG ウーンドウォート30
コンポジット・シールド・ブースター(側面)。

HG ウーンドウォート31
コンポジット・シールド・ブースター(前面)。
ご覧の通り、本体より大きいデス。
先端のロング・ビーム・ライフルのダークブルーはシール。
計21パーツ構成。

HG ウーンドウォート32
コンポジット・シールド・ブースター側面アップ。

HG ウーンドウォート33
側面にはセンサーが取り付けられています。
センサーは収納可能。
センサーのグリーンはシール。

HG ウーンドウォート34
【クロー形態への変形】
1.コンポジット・シールド・ブースターを①~③のパーツに分解します。

HG ウーンドウォート35
2..パーツ①を肩に取り付け先端にリード線を差し込みます。

HG ウーンドウォート36
3.パーツ③を画像のように分解します。
  ③-①、③-②以外のパーツは使用しません。

HG ウーンドウォート37
4.パーツ③-①の先端パーツ④の位置を変更し、後部にパーツ②を取り付けます。
  リード線はこのパーツ②に接続する仕様デス。

HG ウーンドウォート38
5.パーツ⑤にパーツ③-②を取り付けます。

HG ウーンドウォート39
6.パーツ③-①にパーツ⑤を2個取り付けて本体とリード線で接続すれば完成デス。

HG ウーンドウォート40
クロー形態を前から見た感じ。
リード線では保持は不可能なのでスタンドで保持します。
なのでクロー下部にはスタンドに対応した凹があります。

HG ウーンドウォート41
平手パーツ(左右)。

HG ウーンドウォート42
ランナーレススタンド×2。

HG ウーンドウォート43
マーキングシール。


【モビルアーマー形態への変形ギミック解説】

HG ウーンドウォート44
1.本体を画像のように分解します。
  頭部、胴体、ドラムフレームのウイングは使用しません。

HG ウーンドウォート45
2.腕を画像のように変形させます。

HG ウーンドウォート46
こちらはMA形態再現用パーツ。

HG ウーンドウォート47
3.MA形態再現用パーツに肩と腕パーツを取り付けます。(パーツ①)

HG ウーンドウォート48
4.腿下部にパーツAを取り付けます。

HG ウーンドウォート49
5.腿からジョイントパーツを引き出します。

HG ウーンドウォート50
6.ランディングギアを収納、膝を180°回転させます。(パーツ②)

HG ウーンドウォート51
7.ドラムフレームを180°水平方向に回転させます。(パーツ③)
HG ウーンドウォート52
8.パーツ③にパーツ①を取り付けます。

HG ウーンドウォート53
9.最後にパーツ②を取り付ければ完成デス。

HG ウーンドウォート58
本体後部にスタンド専用パーツを取り付けてディスプレイします。

HG ウーンドウォート54 前面。

HG ウーンドウォート55
後面。

HG ウーンドウォート56
上面。

HG ウーンドウォート57
下面。


【可動範囲】

HG ウーンドウォート59
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘90°、股関節は水平方向に45°可動。

HG ウーンドウォート60
股関節は垂直方向に45°、腰は360°回転可動。腰の前屈・後屈は不可。

HG ウーンドウォート61
腿ロール可動、膝180°可動。

HG ウーンドウォート62
手首は水平方向に45°可動式。


【アクションタイム】

HG ウーンドウォート63

HG ウーンドウォート64

HG ウーンドウォート65

HG ウーンドウォート66

HG ウーンドウォート67

HG ウーンドウォート68

HG ウーンドウォート69

HG ウーンドウォート70

HG ウーンドウォート71

HG ウーンドウォート72

HG ウーンドウォート73

HG ウーンドウォート74

HG ウーンドウォート75

HG ウーンドウォート76

HG ウーンドウォート77

HG ウーンドウォート78

HG ウーンドウォート79

HG ウーンドウォート80

HG ウーンドウォート81

HG ウーンドウォート82

HG ウーンドウォート83

HG ウーンドウォート84

HG ウーンドウォート85

HG ウーンドウォート86

HG ウーンドウォート87

HG ウーンドウォート88  
HG ウーンドウォート89



本日のプラモデルレビューは「HG ガンダム TR-6 [ ウーンドウォート ] 【プレミアムバンダイ限定】 (モビルアーマー形態変形ギミック解説付き)」デス。

「ADVANCE OF Ζ」のキットはヘイズルくらいしか組んだ事なかったので

限定とは言えこのリリースは超嬉しかったデスね~。

しかも完全新規造形。

設定画でしか見た事なかったTR-6ですが

概ね設定画を忠実に再現している模様で

全体のプロポーションも良く、細部の造形もほぼパーツにて色分けされていて好印象。

巨大なコンポジット・シールド・ブースターの存在感もバッチリですし

なんとクロー形態への変形も可能。

そして差し替えとは言えMA形態の再現も可能とは恐れ入りました。

最近、購入したプレバンのキットでは一番満足度が高いデス。

TR-6は他にもバリエーションがあるのでこれからの展開に期待大デスね。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

amazon で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪

このエントリーをはてなブックマークに追加





りばーさる ダウンロード販売

ドリームチャンネル魔王の始め方

関連記事

0 Comments

Post a comment