HG ギラーガ レビュー

HG ギラーガ1


【キット内容】
ランナー×6、ポリキャップ×1、シール×1、リード線×1。


【組み立て内容】
素組み、シール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HG ギラーガ2

HG ギラーガ3

HG ギラーガ4

HG ギラーガ5

HG ギラーガ6
比較的スリムなフォルム。
全体的にレッドを基調色としており随所にピンクやイエロー、ギラーガビットのクリアパーツがあるので見た目は派手な印象。
臀部に取り付けられた尻尾状のギラーガテイルが特徴的。


【比較】

HG ギラーガ7

HG ギラーガ8
「HG ゼイドラ」と。
全体的なフォルムやカラーリングがかなり似ていますが
細部のデザインが異なっています。
やはりギラーガの方がピンクやギラーガビットのクリアパーツがある分、見た目は派手。


【各部位】

HG ギラーガ9
頭部前面。
ゼイドラと違ってガフランに近いデザインになっています。
グリーンのカメラアイセンサーはシール。
アゴにパーツ分割ラインが出ます。
計9パーツ構成。

HG ギラーガ10
頭部右側面。
側面から見てもやはりガフランにデザインが似ています。

HG ギラーガ11
後頭部。

HG ギラーガ12
胴体及び腹部。
中央のビームバスター発射口周りのデザインはかなり派手。
ビームバスター発射口のグリーンと周りのイエロー6箇所はシール。
計9パーツ構成。

HG ギラーガ13
腰部。
股間部がイエローとピンクの配色でこれまた派手。
サイドアーマー、リアアーマー、ジョイントパーツ含め計11パーツ構成。

HG ギラーガ14
腹部及び腰部側面。

HG ギラーガ15
胴体を横から見た感じ。

HG ギラーガ16
背中。
両サイドにはウイングユニットが取り付けられています。

HG ギラーガ17
ウイングユニット側面。
後方にはギラーガビットのクリアパーツが取り付けられています。
ウイングユニットは基部がボールジョイントで上下左右に可動式。
計8パーツ構成。

HG ギラーガ18
臀部。
中央の凹にはギラーガテイルが取り付けられています。

HG ギラーガ19
ギラーガテイル。
各節に付属のリード線を通す仕様。
リード線を使用しているのでフレキシブルに可動が可能。
このリード線がパーツの凹にかなり通し難くてピンバイスで凹を少し広げました。
計9パーツ構成。

HG ギラーガ20
背中を横から見た感じ。

HG ギラーガ21HG ギラーガ22
HG ギラーガ23
腕は胴体同様、細身のフォルム。
肘にはギラーガビットのクリアパーツが取り付けられています。
上腕及び前腕前面中央にはパーツ分割ラインがでます。
手含め計17パーツ構成。

HG ギラーガ24HG ギラーガ25
HG ギラーガ26
脚も腕同様、細身のフォルム。
膝にはギラーガビットのクリアパーツが取り付けられています。
腿側面、すね下部にパーツ分割ラインが出ます。
足含め計14パーツ構成。

HG ギラーガ27
足裏。

HG ギラーガ28
股間下部にはアクションベース2対応の凹があります。
別途、凹を塞ぐ蓋パーツも付属。


【武装他】

HG ギラーガ29
ギラーガスピア×2。
先端のグリーンはシール。

HG ギラーガ30
ギラーガスピア(連結状態)。
手の両側にスピアを差し込み再現します。

HG ギラーガ31
ビームバルカン付き平手パーツ(左右)。

HG ギラーガ32
ギラーガテイル(手持ち状態)。
胴体から取り外し、ビームバルカン付き平手パーツのバルカンパーツに取り付けて再現します。

HG ギラーガ33
ギラーガビット放出状態(肘)。
ピンクの肘パーツにクリアパーツ仕様のビットパーツを取り付けて再現します。

HG ギラーガ34
ギラーガビット放出状態(膝)。
ピンクの膝パーツにクリアパーツ仕様のビットパーツを取り付けて再現します。

HG ギラーガ35
ギラーガビット放出状態(ウイング)。
ウイングパーツを開閉してクリアパーツ仕様のビットパーツを取り付けて再現します。


【可動範囲】

HG ギラーガ36
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、股関節は水平方向に45°可動。

HG ギラーガ37
股関節は垂直方向に90°、腰は360°回転可動。
胸部、腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HG ギラーガ38
胸部は水平方向に回転可動式。

HG ギラーガ39
フロントアーマーとリアアーマーはジョイントで前後左右に可動式。

HG ギラーガ40
腿非ロール可動、膝135°。足首は垂直方向に45°、足先は下方へ可動式。

HG ギラーガ41
足首は水平方向に45°可動。


【アクションタイム】

HG ギラーガ42

HG ギラーガ43

HG ギラーガ44

HG ギラーガ45

HG ギラーガ46

HG ギラーガ47

HG ギラーガ48

HG ギラーガ49

HG ギラーガ50

HG ギラーガ51

HG ギラーガ52

HG ギラーガ53

HG ギラーガ54

HG ギラーガ55

HG ギラーガ57

HG ギラーガ58

HG ギラーガ59

HG ギラーガ60

HG ギラーガ61

HG ギラーガ62



本日のプラモデルレビューは「HG ギラーガ」デス。

第2部でゼハートが乗っていたゼイドラとはカラーリングや全体のフォルムは似ていますが

まず頭部が第1部の量産MSであるガフランに近くなっているのと

それから全身の随所にピンクやイエロー、ギラーガビットのクリアパーツが取り付けられているので

印象はガラリと変わります。

尻尾もゼイドラが実体剣であるゼイドラソードだったのに対し

こちらはムチ状のギラーガテイルに変更されているのも大きなポイント。

後はパーツ差し替えでギラーガビット放出状態を再現できるのもポイントが高いデス。

また連結するとかなりの長さになるギラーガスピアも存在感バッチリ。

このMSはラスボスではありませんでしたがなかなか活躍したので今でも印象に残っていますね。

現在、放映中のビルドダイバーズからはこのキットのカスタマイズキットである

「HGBD 煌・ギラーガ」が今月リリースされるのでそちらも楽しみにしたいと思います。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

amazon と  エルエルハット で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪

このエントリーをはてなブックマークに追加





りばーさる ダウンロード販売

ドリームチャンネル魔王の始め方

関連記事

0 Comments

Post a comment