HGAC リーオー レビュー

HGAC リーオー1

【キット内容】

ランナー×4、ポリキャップ×1。

【組み立て内容】

素組み、フロントアーマー中央部切断加工、各所スミ入れ。


【全体】

HGAC リーオー2

HGAC リーオー3

HGAC リーオー4

HGAC リーオー5

HGAC リーオー6
新規リニューアルキット。
プロポーションや各部位のデザインも劇中と遜色ないですし
成型色のグリーンの発色も良いデス。


【各部位】

HGAC リーオー7
頭部前面。
劇中と遜色ないデザイン。
前面のイエローのカメラ部はクリアパーツ仕様。
首は胴体とは独立した仕様ですが可動はしません。
計6パーツ構成。

HGAC リーオー8
頭部側面。
側面のレッドは別パーツ仕様。

HGAC リーオー9
後頭部。

HGAC リーオー10
胸部・腹部。
こちらも随所にエッジが効いていて劇中と遜色ないデザイン。
胸部下部のハンガーもパーツにて色分けがされています。
計10パーツ構成。

HGAC リーオー11
腰部。
フロントアーマーは劇中通りコンパクト。
腰部下部にはバーニアが1基取り付けられています。
ジョイントパーツ、サイドアーマー含め計10パーツ構成。

HGAC リーオー12
腹部・腰部側面。

HGAC リーオー13
胴体を横から見た感じ。
胸部側面にパーツ分割ラインが出ます。

HGAC リーオー14
背中。
背中中央の丸いパーツを外すと3㎜凹が露出します。
飛行ユニットとかリリースされたら取り付けられそうです。

HGAC リーオー15
腰部下部にはバーニアが2基取り付けられています。

HGAC リーオー16
背中を横から見た感じ。

HGAC リーオー17HGAC リーオー18
HGAC リーオー19
腕も頭部、胴体同様、劇中と遜色ないデザイン。
肘関節は細めのジョイントパーツの上からカバーパーツを取り付ける仕様。
前腕側面にパーツ分割ラインが出ます。
手含め計11パーツ構成。

HGAC リーオー20HGAC リーオー21
HGAC リーオー22
脚・足。
こちらも腕同様の仕上がり。
腿側面下部のパーツは脱着可能。飛行ブースターとかリリースされたら取り付けられそうです。
腿、すね側面中央にはパーツ分割ラインがでますがモールドになっているのでスミ入れをすれば目立たない作り。
ジョイントパーツ、足含め計16パーツ構成。

HGAC リーオー23
足裏。
中央にパーツ分割ラインが出ます。

HGAC リーオー24
股間下部にはアクションベース5対応の凹があります。


【武装】

HGAC リーオー25
105㎜ライフル(表)。

HGAC リーオー26
105㎜ライフル(裏)。
グリップ前にはマガジンが取り付けられています。

HGAC リーオー27
マガジン上部のフォアグリップは左右に可動式。

HGAC リーオー28
砲口アップ。

HGAC リーオー29
シールド。
グレー部はパーツにて色分け。

HGAC リーオー30
シールドは専用ジョイントパーツにて肩で保持する仕様。
その際には肩のパーツを外す必要があります。
専用ジョイントパーツ基部はボールジョイントで可動式。
また専用ジョイントパーツも上下に可動が可能。
シールド裏にはビームサーベル柄パールが2本取り付け可能です。

HGAC リーオー31
ビームサーベル×2。


【可動範囲】

HGAC リーオー32
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に約90°、腿ロール可動、膝135°、足首は垂直方向に45°可動。

HGAC リーオー33
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は45°回転可動式。
胸部、腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HGAC リーオー34
肩のカバーは上下に可動式。

HGAC リーオー35
胸部は水平方向に360°可動。

HGAC リーオー36
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ15°可動。

HGAC リーオー37
足首は水平方向に45°可動。


【アクションタイム】

HGAC リーオー38

HGAC リーオー39

HGAC リーオー40

HGAC リーオー41

HGAC リーオー42

HGAC リーオー43

HGAC リーオー44

HGAC リーオー45

HGAC リーオー46

HGAC リーオー47

HGAC リーオー48

HGAC リーオー49

HGAC リーオー50

HGAC リーオー51

HGAC リーオー52

HGAC リーオー53

HGAC リーオー54



本日のプラモデルレビューは「HGAC リーオー」デス。

新規リニューアルされたリーオーですが

ランナーは4枚しかなく、しかも1枚はビームサーベル用なので正味3枚。

更にランナーは色別に分けられていて、シールも一切ないのでかなり組み易い印象を受けました。

組むだけなら30分くらいで組めるんじゃないですかねぇ。

関節部は今までのキットにはなかったジョイントパーツの上からカバーを被せる仕様で目新しかったデス。

全体のプロポーションや各部位のデザインも劇中と遜色がなく

成型色のグリーンの発色も良いので素組みでも完成度は高いと思います。

カメラ部にはきちんとクリアパーツを使っておりやっつけ感はなかったデス。

武装は最低限なのでプレイバリューは低めかもしれませんが

背中や腿に拡張可能な部位もあったので飛行ユニット仕様にもできそうな作り。

まぁ、飛行ユニットがリリースされるかは分かりませんけど。

これを機にエアリーズやトーラスなんかもリニューアルして欲しいデスね。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪

このエントリーをはてなブックマークに追加





りばーさる ダウンロード販売

ドリームチャンネル魔王の始め方

関連記事

0 Comments

Post a comment