figma ガッツ 黒い剣士ver. リペイントエディション レビュー

figma ガッツ71


【全体】

figma ガッツ1

figma ガッツ2

figma ガッツ3

figma ガッツ4

figma ガッツ5
2012年にリリースされた「figma ガッツ 黒い剣士ver.」の顔と肌のカラーリングを変更したアイテム。


【各部位】

figma ガッツ6
頭部(通常顔)前面。
顔は今回、新たに「3D彩色」が施されかなりリアルな仕上がりになっています。
また肌色の部分は一部シャドー処理も施されています。

figma ガッツ7
頭部(通常顔)右側面。

figma ガッツ8
頭部(通常顔)左側面。

figma ガッツ9
後頭部。
首には「生贄の烙印」がしっかり造形されています。

figma ガッツ10
頭部(食いしばり顔)前面。
こちらも「3D彩色」。
リアル過ぎてかなり怖いデス。

figma ガッツ11
頭部(食いしばり顔)右側面。

figma ガッツ12
頭部(食いしばり顔)左側面。

figma ガッツ13
胴体。
この辺りは旧版からの変更はないようデス。
脱着こそしませんが右肩から下げたベルトの投げナイフもしっかり造形されています。

figma ガッツ14
腰部。
短剣やそのホルダーなども造形されています。
全体的に革の質感が良いデス。
股関節周りは軟質素材製。

figma ガッツ15
胴体を横から見た感じ。

figma ガッツ16
背中。
右肩には大剣「ドラゴン殺し」のホルダーを保持する鎖が取り付けられています。
鎖はチェーン仕様。

figma ガッツ17
臀部。
腰にはポシェットが2つ取り付けられています。
ポシェットには縫い目まで造形されています。
ポシェットのちょい上には大剣「ドラゴン殺し」のホルダーがあります。ホルダーは軟質素材製。
いずれも革の質感がとても良いデス。

figma ガッツ18
右腰にもポシェット。

figma ガッツ19
背中を横から見た感じ。

figma ガッツ20figma ガッツ21
figma ガッツ22figma ガッツ23
四肢。
基本的に旧版と変わりはありませんが
肌の部分にはシャドー処理が施されています。

figma ガッツ24
右肩前面。
筋肉や血管の造形が見事デス。
肩の鎧は軟質素材製で特に可動はしません。

figma ガッツ25
右腕前面。
シャドー処理をしているだけあって肌の質感は上々。

figma ガッツ26
右腕側面。

figma ガッツ27
左腕前面。
こちらは義手デス。
義手のカラーリングも重厚で良い塩梅。

figma ガッツ28
左腕後面。
上腕と義手の付け根のディテールも細かく再現されています。

figma ガッツ29
左腕側面。

figma ガッツ30
腿側面。

figma ガッツ31
すね及び足側面。
腿に比べてすねが若干短め。

figma ガッツ32
腿前面。

figma ガッツ33
すね及び足前面。

figma ガッツ34
足裏。


【付属品】

figma ガッツ35
大剣「ドラゴン殺し」。
約17㎝とかなりの大きさですが軽いので片手でも保持が可能。
専用の持ち手パーツが左右付属します。

figma ガッツ36
剣下部には本体の背中に引っ掛ける金具が取り付けられています。

figma ガッツ37
角度の異なる持ち手パーツも左右付属。

figma ガッツ38
大剣「ドラゴン殺し」を背中に取り付けた状態。
柄まで含めると本体より大きいデス。

figma ガッツ39
背中と金具の接続部アップ。

figma ガッツ40
ホルダーアップ。

figma ガッツ41
左腕の大砲は専用の手パーツに差し替える事で再現。

figma ガッツ42
大砲を前面から。

figma ガッツ43
平手パーツ(左右)。

figma ガッツ44
今回、スタンド先端パーツはクリアとブラックの2種が付属。


【マント装備状態】

figma ガッツ52
マントの装備方法
1.頭部を取り外します。
2.大剣「ドラゴン殺し」を背中に取り付けます。この際、柄の先端パーツを取り外しておきます。
3.マントを本体に取り付けます。この際、マントにある穴に大剣「ドラゴン殺し」の柄を通します。
4.頭部を取り付けます。
5.大剣「ドラゴン殺し」の柄の先端パーツを取り付けます。

figma ガッツ53
マントはこの辺に明るい僕の奥さんの話によると「不織布」という素材だそうデス。
なんだか紙っぽくて透け透けでちょっとチープな印象。

figma ガッツ54
大剣「ドラゴン殺し」の柄はこんな感じでマントに通します。


【可動範囲】

figma ガッツ45
肩は水平方向に約90°、肘90°、股関節は水平方向に約90°。

figma ガッツ46
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動。

figma ガッツ47
膝135°、足首15°可動。

figma ガッツ48
足首は水平方向に45°可動。

figma ガッツ49
前屈。

figma ガッツ50
後屈。


【比較】

figma ガッツ51
「S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズ タジャドル コンボ」と。
ガッツの高さは約16㎝。


【アクションタイム】

figma ガッツ55

figma ガッツ56

figma ガッツ57

figma ガッツ58

figma ガッツ59

figma ガッツ60

figma ガッツ61

figma ガッツ62

figma ガッツ63

figma ガッツ64

figma ガッツ65

figma ガッツ66

figma ガッツ67

figma ガッツ68

figma ガッツ69

figma ガッツ70



本日のフィギュアレビューは「figma ガッツ 黒い剣士ver. リペイントエディション」デス。

基本的に旧版とカラーリング以外の違いはありませんが

顔が「3D彩色」を採用しているのでかなりリアルになっています。

また肌は全体的にシャドー処理が施されていて質感は上々。

なので旧版を持っている方にもオススメのアイテムデス。

可動域はそんなに狭くないのですが何せ胸の幅がかなりあるので

剣の両手持ちは出来るもののあまり派手なアクションは苦手かな。

なので素立ちか、軽くポージングを決めてのディスプレイの方が無難かもしれません。

こちらのリぺイントも出たので「狂戦士の甲冑ver.」のリぺイントもリリースして欲しいかな。

僕的にはグロイ血まみれの狂戦士の感じでお願いしたいデス。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

figma amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪