HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (ユニコーンモード) レビュー

HG バンシィノルン ユニコーン1


【キット内容】
ランナー×9、ポリキャップ×1、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、一部塗装。


【全体】

HG バンシィノルン ユニコーン2

HG バンシィノルン ユニコーン3

HG バンシィノルン ユニコーン4

HG バンシィノルン ユニコーン5

HG バンシィノルン ユニコーン6
ユニコーンモード故にサイコフレームが露出しておらずスリムなデザイン。
カラーリングもほぼブルーグレー単色なのでかなり渋い印象を受けます。
それから背中のバックパックに取り付けられたアームド・アーマーXCからちょい見えするゴールドが良いアクセントになっています。


【各部位】

HG バンシィノルン ユニコーン7
頭部前面。
頭部はアンテナを含めて計6パーツで構成されています。
顔はゴールドの上からクリアオレンジを吹きました。
顔上部のレッドのカメラはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン8
頭部右側面。
構成パーツ数が多くパーツ分割ラインがほぼ目立たない作りになっています。
アンテナは顔同様、ゴールドの上からクリアオレンジを吹きました。
アンテナ下部のブルーグレーはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン9
角度を変えて。

HG バンシィノルン ユニコーン10
後頭部。
こちら側にもパーツ分割ラインがありません。

HG バンシィノルン ユニコーン11
胸部及び腹部。
胸部は計9パーツで構成されています。
胸部のサイコフレームのラインはパーツ分割ラインで再現されています。
襟部分のゴールドは顔やアンテナ同様、ゴールドの上からクリアオレンジを吹きました。

HG バンシィノルン ユニコーン12
腰部。
計7パーツ構成。
フロントアーマーは1パーツ構成。
フロントアーマーにはサイコフレームのラインが造形されています。

HG バンシィノルン ユニコーン13
胴体を横から見た感じ。

HG バンシィノルン ユニコーン14
背面には増設ジェネレーター兼サイコミュ・ユニットであるアームド・アーマーXC(Xeno - Connect【ゼノ・コネクト】)がとりつけられています。

HG バンシィノルン ユニコーン15
アームド・アーマーXCを横から見た感じ。
中央部には中央ユニットが取り付けられています。

HG バンシィノルン ユニコーン16
アームド・アーマーXCを取り外した状態。
裏面にゴールドのシールを15枚貼ります。
これが結構、しんどい・・・(´Д⊂ヽ

HG バンシィノルン ユニコーン17
中央ユニットは専用ジョイントパーツを使用して展開状態を再現可能です。
この状態にすると後述のビーム・マグナムやアームド・アーマーDEを取り付ける事ができます。
中央ユニット内部のゴールドもシールデス。

HG バンシィノルン ユニコーン18
アームド・アーマーXCを取り外した状態。
バックパックがしっかり再現されています。
バーニアも含めると計7パーツ構成。
ブラックとグレーがしっかりパーツで色分けされています。

HG バンシィノルン ユニコーン19
リアアーマー。
上部の凹は今回使用しません。
側面下部のゴールドはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン20HG バンシィノルン ユニコーン21
HG バンシィノルン ユニコーン22HG バンシィノルン ユニコーン23
四肢。
構成パーツ数が非常に多くパーツ分割ラインが目立たない作りになっているのが特徴。

HG バンシィノルン ユニコーン24
腕前面。
肩は内部も含めると計5パーツ構成。
上腕は1パーツ構成。
前腕は計8パーツ構成でしっかりパーツ分けがされています。
肩、前腕ともにサイコフレームのラインが造形されています。

HG バンシィノルン ユニコーン25
前腕側面部は展開式で内部にビーム・サーベル柄を収納可能デス。

HG バンシィノルン ユニコーン26
腕側面。
肩内部以外、パーツ分割ラインはほぼ目立たない作りになっています。

HG バンシィノルン ユニコーン27
腹部及びサイドアーマー側面。
腹部は1パーツ構成。
サイドアーマーはサイコフレームラインまでしっかり造形されています。

HG バンシィノルン ユニコーン28
サイドアーマー下部のゴールドはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン29
腿側面。
下部にはサイコフレームラインが造形されています。
股関節との接続パーツは腿と一体成型でロール可動はできません。

HG バンシィノルン ユニコーン30
すね側面。
膝にはサイコフレームラインが造形されています。
下部グレーは別パーツ構成。
側面のゴールドはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン31
足側面。
足は計8パーツ構成でかなり細かくパーツ分けがされています。

HG バンシィノルン ユニコーン32
腿前面。
腿は2パーツ構成でサイコフレームのラインに沿ってパーツ分割ラインがあるので
パーツ分割ラインが目立たない作りになっています。

HG バンシィノルン ユニコーン33
すね前面。
計8パーツ構成でかなり細かくパーツ分けがされています。
側面はモナカ仕様。
前面及び後面部は1パーツで構成されているのでパーツ分割ラインがほぼ目立たない作り。
側面パーツのゴールドはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン34
足前面。

HG バンシィノルン ユニコーン35
足裏は2パーツ構成で造形もしっかり施されています。

HG バンシィノルン ユニコーン36
股間下部にはアクションベース2対応の凹があります。


【武装他】

HG バンシィノルン ユニコーン37
ビーム・マグナム/リボルビング・ランチャー。
専用の持ち手パーツが右のみ付属します。

HG バンシィノルン ユニコーン38
上部センサーのグリーンはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン39
銃口下部のリボルビング・ランチャーもきっちり再現されています。

HG バンシィノルン ユニコーン40
フォアグリップは前後に可動式。

HG バンシィノルン ユニコーン41
ビーム・マグナムはアームド・アーマーXCの中央ユニットを展開させた状態で背面に取り付け可能デス。

HG バンシィノルン ユニコーン42
アームド・アーマーDE(Defense - Extension【ディフェンス・エクステンション】)。
推進ブースター、シールド、メガ・キャノンを備えたサイコフレーム兵装。
5ヶ所のグレーはシール。

HG バンシィノルン ユニコーン43
後部は展開可能でスラスター状態を再現可能デス。

HG バンシィノルン ユニコーン44
裏面もしっかり造形されています。
専用ジョイントパーツを使用して前腕で保持する仕様。

HG バンシィノルン ユニコーン45
アームド・アーマーDEは専用ジョイントパーツを使用してアームド・アーマーXCの中央ユニットを展開させた状態で背面に取り付け可能デス。
この状態が推進ブースター状態。

HG バンシィノルン ユニコーン46
ビーム・サーベル×2。
サーベル刃は長すぎず丁度良い塩梅。

HG バンシィノルン ユニコーン47
ガンダムトライエイジカード×1。

HG バンシィノルン ユニコーン48
平手パーツは左のみ付属します。

HG バンシィノルン ユニコーン49
アームド・アーマーVN。
「HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(デストロイモード)」用。
手首パーツから丸ごと取り付けます。
ネイル部はクリアパーツ製。
ネイル先端のゴールドはシール。
ネイル基部はボールジョイントで可動式。


【可動範囲】

HG バンシィノルン ユニコーン50
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘90°、股関節は水平方向に45°可動。

HG バンシィノルン ユニコーン51
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動。腰の前屈・後屈はほんの気持ち程度。

HG バンシィノルン ユニコーン52
腿は非ロール可動、膝90°、足首45°可動。

HG バンシィノルン ユニコーン53
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。

HG バンシィノルン ユニコーン54
足首は水平方向に45°可動。


【アクションタイム】

HG バンシィノルン ユニコーン55

HG バンシィノルン ユニコーン56

HG バンシィノルン ユニコーン57

HG バンシィノルン ユニコーン58

HG バンシィノルン ユニコーン59

HG バンシィノルン ユニコーン60

HG バンシィノルン ユニコーン61

HG バンシィノルン ユニコーン62

HG バンシィノルン ユニコーン63

HG バンシィノルン ユニコーン64

HG バンシィノルン ユニコーン65

HG バンシィノルン ユニコーン66

HG バンシィノルン ユニコーン67

HG バンシィノルン ユニコーン68

HG バンシィノルン ユニコーン69

HG バンシィノルン ユニコーン70

HG バンシィノルン ユニコーン71

HG バンシィノルン ユニコーン72



本日のプラモデルレビューは「HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン (ユニコーンモード)」デス。

前から組もう組もうと思って積んでいたのですが来年、RGがリリースされると聞いて一念発起。

頑張って組みましたよ~。・:*+.\(( °ω° ))/.:+

このキットサイコフレームラインを意識してなのかどうか分かりませんがとにかくパーツ数が多いデス。

例えば腕だけでも14パーツもあります。

あとアームド・アーマーXCとかもろもろゴールドのシールの枚数が多いデス。

なので組むのに少し時間がかかるかもしれませんね。

今回は顔、アンテナ、襟のゴールドはクレオスのゴールドの上からクリアオレンジを吹きました。

ゴールド単色よりかなり色味が変わって良いと思います。

あとはあれですね、そんなに昔のキットではないのに

可動域がかなり狭い所でしょうか。

肘90°とか腿のロール可動がないとか何時の時代のキットだよって感じデス。

それ以外はとても素晴らしいキットなのでオススメデスね。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment