NECA エイリアン:コヴェナント 7インチ アクションフィギュア ゼノモーフ レビュー

エイリアン コヴェナント59


【全体】

エイリアン コヴェナント1

エイリアン コヴェナント2

エイリアン コヴェナント3

エイリアン コヴェナント4

エイリアン コヴェナント5
シリーズ最新作「エイリアン:コヴェナント」に登場したエイリアン君デス。
第1作目のエイリアンに登場したビックチャップに似ていますがビックチャップが無機質だったのに対し
こちらはかなり生物的なデザインになっています。
それからカラーリングがビックチャップがブラックを基調としていますがこちらはブラウンが基調色デス。


【各部位】

エイリアン コヴェナント6
頭部前面。
ビックチャップと違い目はありません。
歯の造形は良い意味でいびつになっていてとてもリアルデス。

エイリアン コヴェナント7
頭部右側面。
ビックチャップ同様、頭頂部に半透明のフードを装着しています。

エイリアン コヴェナント8
後頭部。

エイリアン コヴェナント9
頭頂部。
フードはクリアパーツ製。
フードの透明度が低いので写真ではかなり分かり難いのですが内部に頭蓋の造形がきっちり施されています。

エイリアン コヴェナント10
口はこの程度開閉可能。
おなじみインナーマウスの引き出しギミックもあります。

エイリアン コヴェナント11
胸部。
物凄い造形デスね~。
細かすぎてずっと見てると目が痛くなりますw

エイリアン コヴェナント12
腰部。

エイリアン コヴェナント13
胴体を横から見た感じ。

エイリアン コヴェナント14
背中。

エイリアン コヴェナント15
\_(・ω・`) ハイ ココ、ビックチャップとの最大の相違点デス。
ビックチャップでは背中にパイプ状の突起物が5本ありますが
こちらは4本しかありません。

エイリアン コヴェナント16
臀部。

エイリアン コヴェナント17
背中を横から見た感じ。

エイリアン コヴェナント18
尻尾はペンタブル仕様でフレキシブルに可動します。
尻尾の長さは約28㎝。

エイリアン コヴェナント19
尻尾基部。

エイリアン コヴェナント20
尻尾中央部。

エイリアン コヴェナント21
尻尾先端。

エイリアン コヴェナント22エイリアン コヴェナント23
エイリアン コヴェナント24エイリアン コヴェナント25
四肢。
かなり細長いデス。

エイリアン コヴェナント26
上腕前面。
肘の関節はかなり目立たない作りになっています。

エイリアン コヴェナント27
前腕前面。

エイリアン コヴェナント28
腕側面。

エイリアン コヴェナント29
腿側面。

エイリアン コヴェナント30
足側面。
膝や足首の関節もかなり目立たない作りになっています。

エイリアン コヴェナント31
腿前面。

エイリアン コヴェナント32
足前面。
足はかなり長め。

エイリアン コヴェナント33
足裏。
足裏の造形や塗装も抜かりない仕上がり。
つま先裏に謎の凹があります。
ちなみにこの商品には台座は付属しません。


【可動範囲】

エイリアン コヴェナント34
肩は水平方向に45°、肘90°、手首は内側に45°、股関節は水平方向に45°可動。

エイリアン コヴェナント35
股関節は垂直方向に前方45°、後方15°、胸部360°回転可動。

エイリアン コヴェナント36
首は水平方向に45°可動。

エイリアン コヴェナント37
股関節ロール可動、膝約90°、足首45°、足先90°可動。

エイリアン コヴェナント38
前屈。

エイリアン コヴェナント39
後屈。


【比較】

エイリアン コヴェナント40
「S.H.MonsterArts プレデター ウルフ」と。
エイリアンの高さは約23㎝。


【アクションタイム】

エイリアン コヴェナント41

エイリアン コヴェナント42  
エイリアン コヴェナント43

エイリアン コヴェナント44

エイリアン コヴェナント45

エイリアン コヴェナント46

エイリアン コヴェナント47

エイリアン コヴェナント48

エイリアン コヴェナント49

エイリアン コヴェナント50

エイリアン コヴェナント51

エイリアン コヴェナント52

エイリアン コヴェナント53

エイリアン コヴェナント54

エイリアン コヴェナント55

エイリアン コヴェナント56  
エイリアン コヴェナント57

エイリアン コヴェナント58



本日のフィギュアレビューは「NECA エイリアン:コヴェナント 7インチ アクションフィギュア ゼノモーフ」デス。

全体的なフォルムはビックチャップに似ていますが各部位の造形がかなり生物的であったり

ブラウンが基調色になっていたり、背中の突起物が4本しかなかったりで結構、差別化が図られています。

とは言うものの映画見てきましたがエイリアンの動きが速すぎて細かく視認する事ができず

正直、フィギュアを手に取るまでここまでの相違点があるとは思いませんでした。

まぁ、話の流れから言ってこのゼノモーフとビックチャップが同じデザインの訳ないんですけど・・・。

しかしアレですね、映画見ましたけど前作「プロメテウス」でモヤモヤした感じが吹っ飛ぶような内容でかなり面白かったデス。

ただし「プロメテウス」を事前に見て復習しておかないと絶対チンプンカンプンになってしまうと思うので

「これから見るよ!」という方には復習を激しくオススメします。

ネタばれは避けますが「エイリアン:コヴェナント」のラストと第1作目の「エイリアン」の繋がりがまだ希薄なので

次作もあると思います。つーか、ないと困るのよね。Ҩ(´-ω-`)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

0 Comments

Post a comment