HGBF ガンダムライトニングブラックウォーリア レビュー

HGBF ブラックウォーリア1


【キット内容】
ランナー×11、ポリキャップ×1、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ、一部塗装。


【全体】

HGBF ブラックウォーリア2

HGBF ブラックウォーリア3

HGBF ブラックウォーリア4

HGBF ブラックウォーリア5

HGBF ブラックウォーリア6
ほぼ「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」(以降、アメイジングレッド)と同じデス。
相違点はカラーリングとマーキングシールの有無、新規武装「ロングメガランチャー」。


【各部位】

HGBF ブラックウォーリア7
頭部前面。
アメイジングレッドと全く同じデザイン。
ツインアイのカラーリングも同じデス。
ツインアイはシール。

HGBF ブラックウォーリア8
頭部右側面。
中央に分割ラインがあります。

HGBF ブラックウォーリア9
角度を変えて。
カラーリングを変えてもイケメンさんは変わらず。

HGBF ブラックウォーリア10
後頭部。
上部イエローはシール。

HGBF ブラックウォーリア11
今回、ゴールドの成型色パーツは全てクレオスのMr.カラーのゴールドの上からクリアイエローを吹いて塗装しました。
これまでいつもゴールド単色の部分塗装ばっかりだったので今回は少し色味を変えてみました。
なかなか良い感じデス。(*´ω`*)

HGBF ブラックウォーリア12
胴体はブラックとダークグレーが基調色デス。
半つやでなかなか渋いカラーリング。

HGBF ブラックウォーリア13
腰部。
股間上部のグレーはシール。

HGBF ブラックウォーリア14
胴体を横から見た感じ。

HGBF ブラックウォーリア15
バックパックはデザインもカラーリングもアメイジングレッドと同じデス。

HGBF ブラックウォーリア16
バックパック上部両サイドには武装用アームを取り付ける凹があります。
武装用アームについては後述します。

HGBF ブラックウォーリア17
バックパック下部のバーニアは後方に可動式。
バーニア内部はゴールドで塗装しました。

HGBF ブラックウォーリア18
リアアーマー。

HGBF ブラックウォーリア19
背中を横から見た感じ。

HGBF ブラックウォーリア20HGBF ブラックウォーリア21
HGBF ブラックウォーリア22HGBF ブラックウォーリア23
四肢もアメイジングレッドとカラーリングが違うだけデス。

HGBF ブラックウォーリア24
肩前面。
肩にはバーニアユニットが装備されています。
あ、パイプのスミ入れ忘れてもうた・・・ _| ̄|○

HGBF ブラックウォーリア25
バーニアユニットは後方へ可動式。

HGBF ブラックウォーリア26
また上方へも可動が可能デス。

HGBF ブラックウォーリア27
腕前面。
前腕中央にはパーツの合わせ目がありますが鋭角なカーブを描いているのでそんなに目立ちません。

HGBF ブラックウォーリア28
腕側面。
バーニアユニット先端はアメイジングレッドではホワイトでしたが今回はゴールド。
前腕にはビームサーベル放出口が装備されています。

HGBF ブラックウォーリア29
左前腕にはシールドが装備されています。
ゴールドの部分はパーツにて色分け。

HGBF ブラックウォーリア30
シールド裏もしっかり造形が施されています。

HGBF ブラックウォーリア31
サイドアーマー。

HGBF ブラックウォーリア32
腿側面。

HGBF ブラックウォーリア33
すね側面。
前面にはブラックのパーツが取り付けられています。

HGBF ブラックウォーリア34
足側面。

HGBF ブラックウォーリア35
腿前面。
パーツの合わせ目は外側にあるのでほぼ目立ちません。

HGBF ブラックウォーリア36
すね前面。
ブラックのパーツが前面を覆っているのでパーツの合わせ目は見えません。

HGBF ブラックウォーリア37
すね後面。
こちらは中央にパーツの合わせ目があります。

HGBF ブラックウォーリア38
足前面。

HGBF ブラックウォーリア39
足裏。
外側に肉抜きがあります。

HGBF ブラックウォーリア40
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。


【武装他】

HGBF ブラックウォーリア41
① ビームサーベル
サーベル放出口が1つしかありませんがサーベル刃は2本付属します。

HGBF ブラックウォーリア42
② ハンドガン
全武装共通の持ち手パーツが左右付属します。

HGBF ブラックウォーリア43
③ ガンブレイド(ショート)
ハンドガン下部にブレイドパーツを取り付けて再現します。

HGBF ブラックウォーリア44
ハンドガンのグリップは後方へ可動する事ができるのでこのような持ち方も可能デス。

HGBF ブラックウォーリア45
④ ガンブレイド(ロング)
こちらもハンドガン下部にブレイドパーツを取り付けて再現します。

HGBF ブラックウォーリア46
⑤ ビームライフル乙
グリップは前方へ可動式。

HGBF ブラックウォーリア47
⑥ ビームライフル乙+ビームライフル甲

HGBF ブラックウォーリア86
中央のジョイントパーツにビームライフル乙とビームライフル甲を取り付けて再現します。
ジョイントパーツのグリップは水平方向に可動式。

HGBF ブラックウォーリア48
ジョイントパーツ上部にはセンサーカメラパーツを取り付けます。
センサー部はメタリックグリーンで塗装しました。

HGBF ブラックウォーリア49
⑦ ビームライフル乙+ビームガトリング

HGBF ブラックウォーリア87
中央のジョイントパーツにビームライフル乙とビームガトリングを取り付けて再現します。

HGBF ブラックウォーリア50
ジョイントパーツ上部にはE-PACパーツを取り付けます。

HGBF ブラックウォーリア51
⑧ ハイパーバズーカ
グリップは前後に可動式。

HGBF ブラックウォーリア52
上部イエローはシール。

HGBF ブラックウォーリア53
ハイパーバズーカは砲身を縮め、グリップを収納して武装用アームでバックパックに取り付ける事が可能デス。

HGBF ブラックウォーリア54
武装用アームは基部含めて2ヶ所回転可動式。
このアームにはこれまで紹介した武装、
「ハンドガン」「ビームライフル乙」「ビームライフル乙+ビームライフル甲」、「ビームライフル乙+ビームガトリング」
そして後述の「ロングメガランチャー」を取り付ける事が可能デス。

HGBF ブラックウォーリア55
⑨ ロングメガランチャー
とんでもなデカさデス。バケモノクラス?
ちなみに本体の体高は約14㎝なのにロングメガランチャーはなんと約23㎝もあります。

HGBF ブラックウォーリア88
まずビームガトリングの砲口パーツを取り外しロングメガランチャーパーツBを取り付けます。
そのパーツにロングメガランチャーパーツAを取り付け、ジョイントパーツ、ビームライフル乙の順にパーツを取り付けて再現します。
ロングメガランチャーパーツAのグリップは水平方向に可動式デス。

HGBF ブラックウォーリア56
またロングメガランチャーパーツA上部にセンサーカメラパーツ、側面にE-PACパーツを取り付けます。

HGBF ブラックウォーリア57
他の武装と同様にロングメガランチャーパーツも砲身を折り畳んで武装アームに取り付ける事が可能デス。

HGBF ブラックウォーリア58
⑩ メガランチャーライフル

HGBF ブラックウォーリア89
ロングメガランチャーパーツAを上下反転させ、先端にロングメガランチャーパーツB、後端にジョイントパーツを取り付けて再現します。

HGBF ブラックウォーリア59
ロングメガランチャーパーツBは水平方向に90°回転して取り付けます。

HGBF ブラックウォーリア60
⑪ 三連ミサイルポッド(胸部)
胸部外装を一旦取り外しゴールドのダクトパーツを水平方向に180°回転させて取り付ける事で再現します。

HGBF ブラックウォーリア61
⑫ 三連ミサイルポッド(フロントアーマー)
フロントアーマー下部パーツの取り付け位置を変更する事で再現します。


【可動範囲】

HGBF ブラックウォーリア62
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘約135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首45°可動。

HGBF ブラックウォーリア63
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動、腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HGBF ブラックウォーリア64
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。

HGBF ブラックウォーリア65
足首は水平方向に45°可動。


【比較】

HGBF ブラックウォーリア66
「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」と。
ご覧の通り、本体の違いはカラーリングとマーキングシールの有無だけ。
レッドもブラックも好きなカラーなので甲乙付け難い感じ。どちらもかっちょエエデス。


【アクションタイム】

HGBF ブラックウォーリア67

HGBF ブラックウォーリア68

HGBF ブラックウォーリア69

HGBF ブラックウォーリア70

HGBF ブラックウォーリア71

HGBF ブラックウォーリア72

HGBF ブラックウォーリア73

HGBF ブラックウォーリア74

HGBF ブラックウォーリア75

HGBF ブラックウォーリア76

HGBF ブラックウォーリア77

HGBF ブラックウォーリア78

HGBF ブラックウォーリア79

HGBF ブラックウォーリア80

HGBF ブラックウォーリア81

HGBF ブラックウォーリア82

HGBF ブラックウォーリア83

HGBF ブラックウォーリア84

HGBF ブラックウォーリア85



本日のプラモデルレビューは「HGBF ガンダムライトニングブラックウォーリア」デス。

バトローグでドライオンとコンビを組んでなかなかの活躍をしていたのでかなり欲しかったアイテム。

既に説明していますがキットとしては「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」とほぼ同じで

相違点はカラーリングとマーキングシールの有無、新規武装「ロングメガランチャー」デス。

元々、アメイジングレッドウォーリア自体が武装てんこ盛りのキットだったのに

それに加えて長さが23㎝もある超特大武装を追加したもんだから物凄い事になっています。

アメイジングレッドウォーリアが特盛ならブラックウォーリアはメガ盛りですねw

カラーリングもブラックとダークグレーを基調色としており、なかなか渋い感じデス。

あぁ、やっぱりドライオンが欲しいよぉ・・・でも3,000円もすんだもん。(´Д⊂ヽ

あ、それから話逸れますけどバトローグの第2話では時折、ユウマとミナトの顔の作画がなぜか突然劇画チックになっていて

見ていて笑い転げてしまいましたwww

第3話はふみなとギャン子のお話みたいですけど今から超楽しみデス。(*´ω`*)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

0 Comments

Post a comment