HG ガンダムアスタロトリナシメント レビュー

HG アスタロトリナシメント1


【キット内容】
ランナー×7、ポリキャップ×1、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ、一部塗装。


【全体】

HG アスタロトリナシメント2

HG アスタロトリナシメント3

HG アスタロトリナシメント4

HG アスタロトリナシメント5

HG アスタロトリナシメント6

HG アスタロトリナシメント7

HG アスタロトリナシメント8

HG アスタロトリナシメント9
まずは武装を装備しない状態から。
新規もありますが「HG ガンダムアスタロトオリジン」からのパーツ流用が多めデス。


【各部位】

HG アスタロトリナシメント10
アンテナ以外はガンダムアスタロト(以降、無印)と同じデス。
ツインアイはシール。

HG アスタロトリナシメント11
アンテナを上から。
左右非対称で左サイドのアンテナが大きめのデザイン。
下部、レッドはシール。

HG アスタロトリナシメント12
右サイド。
アンテナ以外は無印と同じ。

HG アスタロトリナシメント13
角度を変えて。

HG アスタロトリナシメント14
左サイド。
こちらもアンテナ以外は無印と同じ。

HG アスタロトリナシメント15
角度を変えて。

HG アスタロトリナシメント16
後頭部も無印と同じ。
中央部に合わせ目あり。

HG アスタロトリナシメント17
胸部パーツはアスタロトオリジン(以降、オリジン)からの流用。

HG アスタロトリナシメント18
腰部もオリジンから流用。

HG アスタロトリナシメント19
胴体を横から。
デザインはオリジンと全く同じ。

HG アスタロトリナシメント20
バックパックは新規造形。
下部バーニア内部はレッドで塗装しました。

HG アスタロトリナシメント21
リアアーマーもオリジンからの流用。

HG アスタロトリナシメント22
背中を横から見た感じ。

HG アスタロトリナシメント23HG アスタロトリナシメント24
HG アスタロトリナシメント25HG アスタロトリナシメント26
右肩、左脚裏は、足はオリジンからの流用。
左腕は無印から。
他は新規造形デス。
腕、脚共に左右非対称でカラーリングもデザインもガチャガチャ。

HG アスタロトリナシメント27
右肩前面。
オリジンからの流用。

HG アスタロトリナシメント28
後述のシールドアーム用ジョイントは上方へ90°可動。

HG アスタロトリナシメント29
右腕前面。
右腕は完全新規造形デス。

HG アスタロトリナシメント30
右腕側面。

HG アスタロトリナシメント31
両サイドアーマーはオリジンからの流用。

HG アスタロトリナシメント32
両腿側面。
腿パーツは新規造形。

HG アスタロトリナシメント33
左膝、すね側面。
こちらは完全新規造形。
左脚のカラーリングはブルー。

HG アスタロトリナシメント34
両足側面。
足はオリジンからの流用。

HG アスタロトリナシメント35
両腿前面。
下部イエローはシール。

HG アスタロトリナシメント36
左膝、すね前面。

HG アスタロトリナシメント37
左すね後面。
3枚のスラスターのブラックはシール。

HG アスタロトリナシメント38
両足前面。

HG アスタロトリナシメント39
左肩前面。
こちらは無印と全く同じ。

HG アスタロトリナシメント40
肩パーツは上方へ90°可動。

HG アスタロトリナシメント41
左腕前面。
こちらも無印と同様。

HG アスタロトリナシメント42
左腕側面。

HG アスタロトリナシメント43
左膝、すね側面。
膝は右脚と同じデザイン
すねは一見すると右脚と同じデザインに見えますが下部の造形が異なります。カラーリングもホワイト。
側面、後面はオリジンからの流用。

HG アスタロトリナシメント44
左膝、すね前面。

HG アスタロトリナシメント45
左脚後面はオリジンからの流用。
バーニアはボールジョイントで可動。
バーニア基部のブラックはシール。
バーニア内部はレッドで塗装しました。

HG アスタロトリナシメント46
足裏。
足裏のデザインもオリジンと同じ。

HG アスタロトリナシメント47
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。


【武装他】

HG アスタロトリナシメント48
アスタロト用ライフル。
無印に付属していた物と同じ。

HG アスタロトリナシメント49
ライフルは専用ジョイントを使用してサイドアーマーにマウント可能。

HG アスタロトリナシメント50
ショートナイフ×2。
こちらも無印に付属した物と同じですが個数が増えています。

HG アスタロトリナシメント51
ショートナイフは専用のジョイントパーツを使用してサイドアーマーにマウント可能。

HG アスタロトリナシメント52
バスタード・チョッパー。
こちらは完全新規の武装。

HG アスタロトリナシメント53
内部には火薬式ダインスレイブを内蔵可能。

HG アスタロトリナシメント54
火薬式ダインスレイブ×1。

HG アスタロトリナシメント55
バスタード・チョッパーは専用ジョイントを使用してバックパックにマウント可能。

HG アスタロトリナシメント56
デモリッション・ナイフ。
こちらは無印に付属した物と同じ。
相変わらずの超長物で普通に持つと手首がヘタレます。

HG アスタロトリナシメント57
フォアグリップは可動式。

HG アスタロトリナシメント58
デモリッション・ナイフは中央で折り畳む事ができ専用ジョイントパーツを使用してバックパックにマウント可能。

HG アスタロトリナシメント59
デモリッション・ナイフとバスタード・チョッパーはこのように合体が可能デス。
重いので片手だと保持はかなり困難。

HG アスタロトリナシメント60
デモリッション・ナイフとバスタード・チョッパーの接合部。

HG アスタロトリナシメント61
シールドアーム(外側)。
右肩にマウントします。
基部は回転可動式。

HG アスタロトリナシメント62
シールドアーム(内側)。

HG アスタロトリナシメント63
シールドアームは中央部が可動式でこのように延長する事が可能デス。

HG アスタロトリナシメント64
シールドアームの先端はマニピュレーター型。
基部はボールジョイントで可動式。

HG アスタロトリナシメント65
マニピュレーターにはライフル等を持たせる事が可能デス。

HG アスタロトリナシメント66
サブナックル。
ホワイトのマークはシール。

HG アスタロトリナシメント67
サブナックルは左手と左前腕で保持します。
また先端部はシールドアーム同様、マニピュレーターになっています。

HG アスタロトリナシメント68
角度付きの手パーツが右のみ付属します。

HG アスタロトリナシメント69
アスタロト用サブナックル。
無印のサブナックルも付属しますので
お好みで取り付けると良いでしょう。


【全体(フル装備状態】

HG アスタロトリナシメント70

HG アスタロトリナシメント71

HG アスタロトリナシメント72

HG アスタロトリナシメント73

HG アスタロトリナシメント74

HG アスタロトリナシメント75
外装の変化と言うよりも
大型武装バスタード・チョッパーの追加、
シールドアーム、サブナックルの追加で無印よりかなりゴテゴテした感じの印象を受けます。


【可動範囲】

HG アスタロトリナシメント76
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首45°可動。

HG アスタロトリナシメント77
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動。

HG アスタロトリナシメント78
フロントアーマー、サイドアーマーは上方へ90°可動。

HG アスタロトリナシメント79
足首は水平方向に90°可動。

HG アスタロトリナシメント80
足先は下方へ135°可動。

HG アスタロトリナシメント81
前屈。

HG アスタロトリナシメント82
後屈。


【アクションタイム】

HG アスタロトリナシメント83

HG アスタロトリナシメント84

HG アスタロトリナシメント85

HG アスタロトリナシメント86

HG アスタロトリナシメント87

HG アスタロトリナシメント88

HG アスタロトリナシメント89

HG アスタロトリナシメント90

HG アスタロトリナシメント91

HG アスタロトリナシメント92

HG アスタロトリナシメント93

HG アスタロトリナシメント94

HG アスタロトリナシメント95

HG アスタロトリナシメント96

HG アスタロトリナシメント97

HG アスタロトリナシメント98

HG アスタロトリナシメント99

HG アスタロトリナシメント100

HG アスタロトリナシメント101



本日のプラモデルレビューは「HG ガンダムアスタロトリナシメント」デス。

えっと、なんかゴチャゴチャしてるのでまとめますと・・・・

新規
頭部アンテナ、右腕、両脚前面、右脚後面、バックパック。
シールドアーム、サブナックル、バスタード・チョッパー。

無印からの流用
頭部(アンテナ以外)、ガンダムフレーム、左肩、左腕。
ライフル、ショートナイフ、デモリッション・ナイフ。

オリジンからの流用
胸部、腰部、フロントアーマー、サイドアーマー、リアアーマー、左脚後面、足。

って感じデス、ふぅ~。

てな訳で現状維持、流用も多いですが新規パーツの比率も結構高く

それがゴチャゴチャに混ぜられているのでパッと見は「ん?新しいMS???」という錯覚を起こすという罠。

武装ではバスタード・チョッパーが追加されより近接戦用MSよりになっています。

デモリッション・ナイフとバスタード・チョッパー合体ギミックもユニークですね~。

さすがに片手では持てませんが両手持ちが基本なので問題ないかと。

キットとしては本体自体を組むのに時間はかかりませんが付属品がやたらあるのでそっちに時間が割かれるかも。

それからモールドがかなりあるのでスミ入れすると結構な時間がかかります。

それから余談ですけど「リナシメント」ってどーゆー意味なんだろ?って思って調べたら

「ルネッサンス」のリタリア語読みですって。

つまりこのMSは「ガンダムアスタロトルネッサンス」って訳です。

芸術運動でも始めるつもりなんでしょうか? 月鋼はドコに向かうつもりなんですかね、謎デス・・・・(;´・ω・)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment