HG G-ルシファー レビュー

HG Gルシファー1


【キット内容】
ランナー×12、ポリキャップ×1、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、ホイルシール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HG Gルシファー2

HG Gルシファー3

HG Gルシファー4

HG Gルシファー5

HG Gルシファー6
奇抜なデザインの頭部とサイド、リアにマウントされた巨大なスカート・ファンネルが特徴。
正直な所、これを「ガンダムです」と言われてもかなり抵抗のあるデザインですね。
いやぁ、個人的には好きなデザインですけどw


【各部位】

HG Gルシファー7
頭部前面。
頭部は相変わらずGレコの奇抜デザイン。
ケンプファーやエヴァ初号機みたい。
モノアイのサイドのブラックはホイルシール。

HG Gルシファー8
頭部左側面。
かなり流線形なフォルムデス。

HG Gルシファー9
角度を変えて。

HG Gルシファー10
後頭部は円盤状。

HG Gルシファー11
胸部、腹部。
ホワイトとライトパープルを基調としたカラーリング。
全てパーツにて色分け。

HG Gルシファー12
腰部。
フロントアーマーはありません。

HG Gルシファー13
胴体を横から見た感じ。
胸部がかなり立体的デス。

HG Gルシファー14
背中。
バックパック等はなくかなりシンプルなデザイン。

HG Gルシファー15
サイド、リアアーマーにはスカート・ファンネルが3基マウントされています。

HG Gルシファー16
スカート・ファンネルを取り外した状態。
背中同様、こちらもかなりシンプルなデザイン。

HG Gルシファー17
背中を横から見た感じ。
スカート・ファンネル基部は可動式。

HG Gルシファー18HG Gルシファー19
HG Gルシファー20HG Gルシファー21
四肢。
かなり細身のフォルムです。
腕はホワイト、脚はパープルとライトパープルが基調のカラーリング。

HG Gルシファー22
肩前面。

HG Gルシファー23
腕前面。

HG Gルシファー24
腕側面。

HG Gルシファー25
腿、膝側面。
左腿にはビーム・サーベル柄が2本マウントされています。
このデザインもありそうでなかった奇抜な感じ。

HG Gルシファー26
足側面。

HG Gルシファー27
腿、膝前面。

HG Gルシファー28
足前面。

HG Gルシファー29
足後面。

HG Gルシファー30
足裏。
造形もへったくれもない感じ。
もうちょっとどーにかして欲しかったかな。


【スカート・ファンネル】

HG Gルシファー31
全部で3基。
デザインは全て同じデス。
大きさは10㎝超あるのでかなりの迫力。

HG Gルシファー32
サイドにはビーム砲が6基、内部中央にはメガ・キャノンが1基装備されています。
内部表面のパープルはホイルシール。

HG Gルシファー35
専用のスタンドが3個付属。

HG Gルシファー33
メガ・キャノンとビーム砲を取り付けた状態。
ビーム砲パーツは6本付属。

HG Gルシファー34
1つのファンネルにビーム砲パーツを全て取り付けた状態。迫力満点デス。


【武装他】

HG Gルシファー36
ビーム・サーベル×2。

HG Gルシファー37
スタンド用専用ジョイントパーツは股間下部に取り付けます。

HG Gルシファー38
専用台座。


【可動範囲】

HG Gルシファー39
肩は水平方向に45°、上腕ロール可動、肘90°、股関節は水平方向に45°可動。

HG Gルシファー40
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動。

HG Gルシファー41
腿45°ロール可動、膝90°、足首45°可動。

HG Gルシファー42
前屈。

HG Gルシファー43
後屈。

HG Gルシファー44
足首は水平方向に45°可動。

HG Gルシファー45
つま先、かかとパーツは下方へ90°可動します。


【アクションタイム】

HG Gルシファー46

HG Gルシファー47

HG Gルシファー48

HG Gルシファー49

HG Gルシファー50

HG Gルシファー51

HG Gルシファー52

HG Gルシファー53

HG Gルシファー54

HG Gルシファー55

HG Gルシファー56

HG Gルシファー57

HG Gルシファー58

HG Gルシファー59

HG Gルシファー60

HG Gルシファー61

HG Gルシファー62



本日のプラモデルレビューは「HG G-ルシファー」デス。

最初にも書きましたが「ガンダム」のデザインとして好き嫌いが分かれるかもしれません。

それくらい「ガンダム」の名を冠するには常軌を逸したデザインだと思います。

ちなみに僕は大好物w

キットとしては可動域は結構狭めの部類ですがほぼパーツ色分けがされており組み易いデス。

そして特大スカート・ファンネルは本体とともにディスプレイすると圧巻でもうそれだけでお腹一杯になれます。

個人的にツボだったのは左腿にマウントされた2本のビーム・サーベル柄と

スカート・ファンネルを装備した状態での飛行形態の美しさ。

まるで蝶が舞っているかのような錯覚をしてしまいます。

GレコのMSの中でもトップクラスに奇抜なMSなので一度組んでみても損はしないと思います。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

0 Comments

Post a comment