35メカトロウィーゴ メカトロウィーゴ&初音ミク レビュー

メカトロウィーゴ ミク40


【全体】

メカトロウィーゴ ミク1

メカトロウィーゴ ミク2

メカトロウィーゴ ミク3

メカトロウィーゴ ミク4

メカトロウィーゴ ミク5
ミクライクのカラーリングと前腕、手、ツインテールが新規造形になっています。
その他のデザインはこれまでのシリーズと同じデス。


【各部位】

メカトロウィーゴ ミク6
頭部のデザインはこれまでのシリーズと同じですが目の横にマークがプリントされています。

メカトロウィーゴ ミク7
角度を変えて。

メカトロウィーゴ ミク8
これまでのシリーズ同様、頭部は開閉可能。

メカトロウィーゴ ミク9
胴体のデザインもこれまのシリーズと同じですが上部中央にタイのプリントがされています。

メカトロウィーゴ ミク10
角度を変えて。

メカトロウィーゴ ミク11
これまでのシリーズでは胴体内部には操縦桿がありましたが今回はマイクスタンドに変更されています。

メカトロウィーゴ ミク12
背中は「35メカトロウィーゴ でらっくす」シリーズと同じランドセル型で両サイドにツインテールが装備されています。

メカトロウィーゴ ミク14
ツインテールは垂直方向に回転可能。
また基部がボールジョイントなので前後左右にも若干可動が可能デス。

メカトロウィーゴ ミク13
ツインテールはアームに接続されています。アームは基部含め2箇所可動。

メカトロウィーゴ ミク15
肩には「01」のプリント。
前腕、手が完全新規造形デス。

メカトロウィーゴ ミク16
肘は約90°可動。

メカトロウィーゴ ミク17
新規造形の手。
2パーツ構成で内側のブラックのパーツは可動式。

メカトロウィーゴ ミク18
脚前面。
カラーリング以外はこれまでのシリーズと同じデザイン。

メカトロウィーゴ ミク19
脚後面。

メカトロウィーゴ ミク20
股関節、足首は水平方向に45°可動。

メカトロウィーゴ ミク21
股関節は垂直方向に前方90°、膝、足首は45°可動。

メカトロウィーゴ ミク22
股関節は垂直方向に後方約180°可動。

メカトロウィーゴ ミク23
足裏のデザインもこれまでのシリーズと同じ。


【付属品他】

メカトロウィーゴ ミク24
初音ミクミニフィギュア。
首は回転可動式。ディスプレイ用台座が付属。

メカトロウィーゴ ミク25

メカトロウィーゴ ミク26
初音ミクミニフィギュアはメカトロウィーゴ胴体内部に収納可能デス。

メカトロウィーゴ ミク27
サイリウム×1。
ねぎっぽいグラデ塗装が施されています。


【比較】

メカトロウィーゴ ミク28
35メカトロウィーゴ みやざわ(宮沢模型流通限定)と。
カラーリングもそうですがツインテールの追加と前腕、手のデザインが大きく異なるのでかなり差別化が図られてると思います。


【アクションタイム】

メカトロウィーゴ ミク29

メカトロウィーゴ ミク30

メカトロウィーゴ ミク31

メカトロウィーゴ ミク32

メカトロウィーゴ ミク33

メカトロウィーゴ ミク34

メカトロウィーゴ ミク35

メカトロウィーゴ ミク36

メカトロウィーゴ ミク37

メカトロウィーゴ ミク38

メカトロウィーゴ ミク39

メカトロウィーゴ ミク40

メカトロウィーゴ ミク41



本日のフィギュアレビューは「35メカトロウィーゴ メカトロウィーゴ&初音ミク」デス。

前回のエヴァ初号機に続き、今回はミクさんとのコラボ。

カラーリングがミクっぽく変更されていてとても綺麗ですし

前腕もミクのコス仕様へ変更されていたり、トレードマークであるツインテールも装備されていたりで

これまでのシリーズにないデザインになっています。

また初音ミクミニフィギュアが付属して本体に搭乗可能な点もポイントが高いですね。

それとツインテールがかなり動くので表情付けに一役買っています。

これからも色んなコンテンツとのコラボを続けてメカトロウィーゴフリークを楽しませて欲しいです。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment