HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア レビュー

HGBF アメイジングレッドウォーリア0


【キット内容】
ランナー×10、ポリキャップ×1、ホイルシール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、ホイルシール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HGBF アメイジングレッドウォーリア1

HGBF アメイジングレッドウォーリア2

HGBF アメイジングレッドウォーリア3

HGBF アメイジングレッドウォーリア4

HGBF アメイジングレッドウォーリア5
漫画「プラモ狂四郎」に登場したレッドウォーリアの名前を冠してはいますが完全新規キット。
デザインやカラーリングは概ねオリジナルに準拠していますがフォルムがかなりブラッシュアップされています。


【各部位】

HGBF アメイジングレッドウォーリア6
頭部のデザインはオリジナルとほほ同じですがかなりスリムなフォルムに。
ツインアイはホイルシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア7
右サイド。

HGBF アメイジングレッドウォーリア8
角度を変えて。

HGBF アメイジングレッドウォーリア9
後面。
上部のイエローはホイルシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア10
胸部のデザインも頭部同様、オリジナルに準拠されています。
ダクトのイエローはパーツにて色分け。
左上のマーキングはホイルシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア11
腰部。
フロントアーマーはオリジナルとは若干デザインが異なっています。
股間上部のグレーはホイルシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア12
胴体を横から見た感じ。

HGBF アメイジングレッドウォーリア13
バックパックはオリジナルに似てると言えば似てるデザイン。

HGBF アメイジングレッドウォーリア14
バックパック下部のバーニアは上下に可動式。
バックパック両サイドの丸凹は後述の武装マウント用アームの接続に使用します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア15
リアアーマーもフロントアーマー同様、オリジナルと若干デザインが異なります。

HGBF アメイジングレッドウォーリア16HGBF アメイジングレッドウォーリア17
HGBF アメイジングレッドウォーリア18HGBF アメイジングレッドウォーリア19
四肢。
基本的にデザインはオリジナルに準拠していますがやはりフォルムがかなりスリムになっています。
また右前腕にはビームサーベル放出口、左前腕にはシールドが装備されています。

HGBF アメイジングレッドウォーリア20
肩上部にはオリジナル同様バーニアユニットが装備されています。

HGBF アメイジングレッドウォーリア21
バーニアユニットは左右に可動が可能。

HGBF アメイジングレッドウォーリア22
また上方へも可動が可能デス。

HGBF アメイジングレッドウォーリア24
腕前面。
かなりスリムなフォルム。
デフォの手パーツは握り手型デス。

HGBF アメイジングレッドウォーリア23
腕側面。
バーニアユニット内部にもモールドがしっかり造形されています。

HGBF アメイジングレッドウォーリア25
サイドアーマーはシンプルなデザイン。

HGBF アメイジングレッドウォーリア26
すねや足もオリジナルに準拠したデザイン。

HGBF アメイジングレッドウォーリア27
腿、膝前面。
すね上部のマーキングはシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア28
足前面。
こちらもオリジナルに準拠したデザインですがややスリム。

HGBF アメイジングレッドウォーリア29
足裏。

HGBF アメイジングレッドウォーリア30
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。


【武装】

HGBF アメイジングレッドウォーリア31
ハンドガン×1。
グリップは可動式。
側面にはバックパックアーム用の凹があります。
専用の持ち手が左右付属。尚、持ち手は武装全般で共通デス。

HGBF アメイジングレッドウォーリア32
ガンブレイド(ショート)×1。
ハンドガンにショートブレイドパーツを取り付けて再現します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア33
ガンブレイド(ロング)。
ハンドガンにロングブレイドパーツを取り付けて再現します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア34
ハンドガン、ガンブレイドは専用のバックパックアームを使用してバックパックにマウントする事が可能デス。

HGBF アメイジングレッドウォーリア35
バックパックアームは基部含め3箇所可動式。

HGBF アメイジングレッドウォーリア36
ハイパーバズーカ×1。
グリップは可動式デス。

HGBF アメイジングレッドウォーリア37
バズーカの上部イエローはホイルシール。

HGBF アメイジングレッドウォーリア38
バズーカの砲身は伸縮可能でバックパックアームを使用してバックパックにマウント可能。

HGBF アメイジングレッドウォーリア39
ビームライフル乙×1。
グリップは可動式。
側面にはバックパックアーム用の凹があります。

HGBF アメイジングレッドウォーリア40
ビームライフル甲×1。
グリップは可動式。
グリップ基部は脱却可能で後述のビームガトリングと併用式。

HGBF アメイジングレッドウォーリア41
上部にはセンサーカメラを装着可能。

HGBF アメイジングレッドウォーリア42
またパーツ差し替えでE-PACを装着可能。

HGBF アメイジングレッドウォーリア43
ビームガトリング×1。
グリップは可動式。
グリップ基部はビームライフル甲と共通。

HGBF アメイジングレッドウォーリア44
ビームライフル甲+ビームライフル乙。
中央のグリップ基部を使用して接続します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア45
ビームガトリング+ビームライフル乙。
こちらも中央のグリップ基部を使用して接続します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア46
ビームサーベル×1。
クリアパーツ製。
右前腕のサーベル放出口にパーツを差し込んで再現します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア47
シールド。
左前腕にマウント。
全てパーツにて色分けされています。

HGBF アメイジングレッドウォーリア48
三連ミサイルポッド(胸部)。
胸部外装を一旦取り外しイエローのパーツの前後に回転させて取り付ける事で再現します。

HGBF アメイジングレッドウォーリア49
三連ミサイルポッド(フロントアーマー)。
フロントアーマー下部パーツの取り付け位置を変更する事で再現します。


【可動範囲】

HGBF アメイジングレッドウォーリア50
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘約180°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首45°可動。

HGBF アメイジングレッドウォーリア51
股関節は垂直方向に前方90°、後方45°、腰は360°回転可動、腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HGBF アメイジングレッドウォーリア52
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。

HGBF アメイジングレッドウォーリア68
足首は水平方向に45°可動。


【アクションタイム】

HGBF アメイジングレッドウォーリア53

HGBF アメイジングレッドウォーリア54

HGBF アメイジングレッドウォーリア55

HGBF アメイジングレッドウォーリア56

HGBF アメイジングレッドウォーリア57

HGBF アメイジングレッドウォーリア58

HGBF アメイジングレッドウォーリア59

HGBF アメイジングレッドウォーリア60

HGBF アメイジングレッドウォーリア61

HGBF アメイジングレッドウォーリア62

HGBF アメイジングレッドウォーリア63

HGBF アメイジングレッドウォーリア64

HGBF アメイジングレッドウォーリア65

HGBF アメイジングレッドウォーリア66

HGBF アメイジングレッドウォーリア67



本日のプラモデルレビューは「HGBF ガンダムアメイジングレッドウォーリア」デス。

プラモ狂四郎はリアルで読んでた世代ですがそれでも小学生の頃なのでもう35年以上前のお話。

その漫画に登場するプラモデルが形を変えたとは言えHGで組めるのは嬉しい限り。

オリジナルを壊す事なくデザインもかなり準拠していてそれでいてスリムにブラッシュアップされている辺りは

評価に値するかと思います。

またオリジナルにはなかった大量の武装がキットのプレイバリューを引き上げてくれています。

このキットはMGでもリリースされているのでお金と時間があれば是非組んでみたいですね。(*´▽`*)

後、9月には「ガンダムライトニングブラックウォーリア」なんつーのもリリースされるのでそちらも楽しみデス。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と A-TOYS 楽天市場店 で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment