HG ファルシア レビュー

HG ファルシア1


【キット内容】
ランナー×4、シール×1、軟質クリア棒×3


【組み立て内容】
素組み、シール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HG ファルシア2

HG ファルシア3

HG ファルシア4

HG ファルシア5

HG ファルシア6
ヴェイガンっぽさもありながらかなり女性らしいフォルムのMSです。巨大バックパックが特徴。
カラーリングもピンクとブラックを基調としていて引き締まった印象を受けます。


【各部位】

HG ファルシア7
頭部は長いアンテナこそあるものの特に細かな造形もなく至ってシンプルなデザイン。
目のグリーンはシール。

HG ファルシア9
サイド。

HG ファルシア8
角度を変えて。

HG ファルシア10
後面。
ぐるりと一周して見てもやはりかなりシンプルなデザイン。

HG ファルシア11
胸部はピンク、パープル、ライトパープルを基調としていてやや派手め。
中央部はクリアパーツの中にシールを貼る仕様。

HG ファルシア12
腹部、腰部。
ブーメラン状のフロントアーマーが特徴。
フロントアーマーはボールジョイントで可動式デス。

HG ファルシア13
胴体を横から見た感じ。

HG ファルシア14
背中・・・というか巨大バックパック。

HG ファルシア15
角度を変えて。
下部のブラックの丸はシール。
バックパックは多少ですが上下に可動します。

HG ファルシア16
バックパック内側にはモールド等の造形が施されています。

HG ファルシア17
臀部。
かなり細いフォルム。

HG ファルシア18
臀部には脱着可能な武装「ファルシアソード」がマウントされています。
ファルシアソードについては後述しますね。

HG ファルシア19HG ファルシア20
HG ファルシア21HG ファルシア22
四肢。
全体的に細めなフォルムデス。
ピンクとブラックが基調なのは胴体同様。

HG ファルシア23
肩前面。
肩もかなり小ぶりですね。

HG ファルシア24
腕前面。
こちらも細いのですが前腕の外装が出っ張っているので少しボリュームがあります。

HG ファルシア25
腕側面。
前腕外装のデザインが特徴的。

HG ファルシア26
腿、膝。
全体的に丸みを帯びたシルエット。

HG ファルシア27
足。
すねはかなり細いフォルム。
かかとはヒール仕様でやはり女性的なデザイン。

HG ファルシア28
足裏。
かかと裏には後述のファルシアベースに接続する凹があります。

HG ファルシア29
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。


【武装他】

HG ファルシア30
平手(左右)。
中央にはビームバルカンが装備されています。
これはガフランやバクトと同じ仕様。

HG ファルシア31
ファルシアソード。
ビームバルカン砲身に取り付けて再現します。

HG ファルシア32
ファルシアベース(前面)。

HG ファルシア33
ファルシアベース(上面)。
本体と接続する凸×2、ファルシアビット(後述)用クリア棒接続凹×3があります。

HG ファルシア34
下部パーツを取り外すとスタンド用凹があり宙に浮かす事が可能デス。

HG ファルシア35
ファルシアベースディスプレイ用台座。
クリアパーツ製でとても綺麗。
台座にはファルシアビット用クリア棒接続凹×6があります。

HG ファルシア36
台座裏にはファルシアベース下部パーツと手パーツを収納可能。

HG ファルシア37
本体をファルシアベースに乗せた状態。

HG ファルシア38

HG ファルシア39
ファルシアビット用クリア棒×3。
軟質素材製デス。

HG ファルシア40
ファルシアビット×5。

HG ファルシア41
クリア棒はファルシアビット下部に差し込んで使用します。

HG ファルシア42
ファルシアビットをファルシアベースに取り付けた状態。
そのまま使用するとかなりの長さデス。

HG ファルシア43
こちらはクリア棒を切断して曲げて動きを付けた状態。
クリア棒を曲げる際はドライヤーなどで温めると良いですよん。


【可動範囲】

HG ファルシア44
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘90°、股関節は水平方向に45°可動。

HG ファルシア45
股関節は垂直方向に90°、腰は360°回転可動、腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HG ファルシア46
腿は非ロール可動、膝135°、足首45°可動。

HG ファルシア47
肩パーツは下方へ45°可動。

HG ファルシア48
フロントアーマーはボールジョイントで前後左右へ可動。

HG ファルシア49
足首は水平方向に45°可動。


【比較】

HG ファルシア50
HG AGE-1 スパローと。
スパローと並べるとかなり小柄なのが分かると思います。

HG ファルシア51
ファルシアベースに乗せると一気に高さが増します。
ちなみにこの状態だと高さは約20㎝。


【アクションタイム】

HG ファルシア52

HG ファルシア53

HG ファルシア54

HG ファルシア55

HG ファルシア56

HG ファルシア57

HG ファルシア58

HG ファルシア59

HG ファルシア60

HG ファルシア61

HG ファルシア62

HG ファルシア63

HG ファルシア64

HG ファルシア65

HG ファルシア66

HG ファルシア67

HG ファルシア68



本日のプラモデルレビューは「HG ファルシア」デス。

本編ではかなり鬼畜で悲しい機体でしたね。

デザインも秀逸ですけど何が凄いってこのキットはポリキャップレスなんです。

ポリキャップレスでこの可動域ですから驚きました。

それからランナーが4枚だけ。しかも内1枚はファルシアベース用ですから

いかにパーツ数が少ないか分かると思います。

あと本体自体はかなり小さいので迫力に欠けますが

ファルシアベースに乗せてファルシアビットを装備させるとアラ、不思議!

物凄~く迫力が出ます。

軟質クリア棒はドライヤーなんかで温めて形状を変えるんですけど

望んでいる形状になかなかならなくて結構苦戦しました。(´Д⊂ヽ

それを差し引いてもかなりの良キットだと思います。

凄く組み易いキットなのでお子さんにもオススメですね。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と でじたみん で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment