HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.) レビュー

HG 陸戦型ガンダムS型1


【キット内容】
ランナー×9、ポリキャップ×1、シール×1、マーキングシール×1


【組み立て内容】
素組み、フロントアーマー中央部切断加工、シール・マーキングシール貼り、各所スミ入れ、一部塗装。


【全体】

HG 陸戦型ガンダムS型2

HG 陸戦型ガンダムS型3

HG 陸戦型ガンダムS型4

HG 陸戦型ガンダムS型5

HG 陸戦型ガンダムS型6
頭部、胸部、肩、脚(膝下)、足、ランドセルが完全新規造形。
もっとサンダーボルト版のジムからの流用があると思ったのですがかなり新規率が高いデス。
関節部はジム同様シーリング仕様で全てブラウンでスミ入れしました。


【各部位】

HG 陸戦型ガンダムS型7
頭部はブレードアンテナこそありませんがほぼガンダム。
頭頂部のグリーン、額の連邦軍マーク、ツインアイ、アゴのブルーはシール。
設定によると頭部をガンダムタイプにする事でジオンに対するガンダムの影響力を利用しているとの事。
やっぱ、ガンダムすげー。

HG 陸戦型ガンダムS型8
サイド。
アンテナと額の形状がガンダムとは異なっていて独自のデザインになっています。

HG 陸戦型ガンダムS型9
角度を変えて。

HG 陸戦型ガンダムS型10
後頭部はツルりんとしていて非常に淡泊なデザイン。
上部グリーンはシール。

HG 陸戦型ガンダムS型11
胸部はジムと酷似していますが細部のデザインが異なっていて新規造形デス。

HG 陸戦型ガンダムS型12
股間、フロントアーマーはジムからの流用。
股間上部の【V】マーク、フロントアーマー上部のイエローはシール。

HG 陸戦型ガンダムS型13
胴体を横から見た感じ。

HG 陸戦型ガンダムS型14
ランドセル。

HG 陸戦型ガンダムS型15
ランドセルを横から見た感じ。
かなり奥行があり立体的デス。
上部両サイドには収納状態のサブアームが接続されており
サブアーム後部にはビーム・サーベル柄がマウントされています。
サイドのチェックラインはマーキングシール。

HG 陸戦型ガンダムS型16
ランドセルを上から見た感じ。

HG 陸戦型ガンダムS型17
ランドセル下部には6基のスラスターが装備されています。
スラスター内部はレッドで塗装しました。

HG 陸戦型ガンダムS型18
サブアームは水平方向に90°可動。

HG 陸戦型ガンダムS型19
リアアーマー。
こちらもジムからの流用。
上部イエローはシール。

HG 陸戦型ガンダムS型20HG 陸戦型ガンダムS型21
HG 陸戦型ガンダムS型22HG 陸戦型ガンダムS型23
四肢。
てっきりジムからの流用かと思ったのですがこちらも新規造形率が高め。
詳しくは後ほど。

HG 陸戦型ガンダムS型24
肩は完全新規造形。
ジムにあったスラスターがなくなっており上部にはハンガーが装備されています。
中央にもジムにはなかった溝が造形されています。

HG 陸戦型ガンダムS型25
腕前面。
こちらはジムからの流用。

HG 陸戦型ガンダムS型26
腕側面。
肩側面には2基のスラスターが造形されています。

HG 陸戦型ガンダムS型27
サイドアーマー。
こちらもジムからの流用。

HG 陸戦型ガンダムS型28
腿側面。
腿もジムからの流用。
パーツ合わせ目にモールドがあるのでスミ入れすれば目立たないようになっています。

HG 陸戦型ガンダムS型29
足側面。
膝、すね、足下部が新規造形。
足下部はソール仕様になっています。

HG 陸戦型ガンダムS型30
腿前面。
膝は完全新規造形。

HG 陸戦型ガンダムS型31
足前面。
すねには前後4基のスラスターが造形されています。

HG 陸戦型ガンダムS型32
足裏。
こちらの造形も抜かりがありません。
HG 陸戦型ガンダムS型33
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。
こちらもジムと同じ仕様。


【武装等】

HG 陸戦型ガンダムS型34
ビーム・ライフル。
こちらは完全新規造形。
専用の持ち手パーツが右のみ付属します。

HG 陸戦型ガンダムS型35
シールド×2。
こちらはジムからの流用。
中央イエローの【十字】マークはパーツにて色分け。

HG 陸戦型ガンダムS型36
シールドは専用のジョイントパーツを使用して前腕にマウントします。
シールド裏の造形もしっかり施されています。

HG 陸戦型ガンダムS型37
シールドジョイントパーツ。
ジョイントパーツのくせに結構、凝ったデザインデス。

HG 陸戦型ガンダムS型38
ビーム・サーベル×2。

HG 陸戦型ガンダムS型39
ビーム・ジャベリン。

HG 陸戦型ガンダムS型40
ジャベリン専用という訳ではないと思いますが角度の付いた持ち手パーツが右のみ付属します。

HG 陸戦型ガンダムS型41
ジャベリンのビーム刃はクリアパーツ製。
計4パーツ構成。

HG 陸戦型ガンダムS型42
サブアーム展開状態再現用パーツ(右)。
サームは基部以外可動しません。
アーム側面にはビーム・サーベル柄マウントパーツが接続されています。

HG 陸戦型ガンダムS型43
展開状態再現パーツは基部が水平方向に90°可動します。
またビーム・サーベル柄マウントパーツは垂直方向に可動可能。

HG 陸戦型ガンダムS型44
サブアーム展開状態再現パーツ(左)。
右パーツとは形状が異なります。
こちらもアーム側面にビーム・サーベル柄マウントパーツが接続されています。

HG 陸戦型ガンダムS型45
サブアームにはビーム・ライフルを装着する事が可能です。

HG 陸戦型ガンダムS型46
専用のジョイントパーツを使用してシールドも装着可能。

HG 陸戦型ガンダムS型47
専用のジョイントパーツ。

HG 陸戦型ガンダムS型48
マーキングシール。


【可動範囲】

HG 陸戦型ガンダムS型49
肩は水平方向に約90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首45°可動。

HG 陸戦型ガンダムS型50
股関節は垂直方向に前方90°、後方約45°、腰は360°回転可動。腰の前屈・後屈は気持ち程度。

HG 陸戦型ガンダムS型51
肩パーツは下方へ90°可動。

HG 陸戦型ガンダムS型52
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。


【比較】

HG 陸戦型ガンダムS型53
サンダーボルト版のジムと。
全体的に似てはいますがやはり頭部と細部がかなり異なるので全く異なる印象を受けます。
またカラーリングもかなり強めのブルーへ変更されています。

HG 陸戦型ガンダムS型54
アトラスガンダムと。
同じ時代のMSとは思えない程デザインに差がありますね。
1年戦争直後の設定なのでどちらかというとアトラスのデザインの方が違和感バリバリです。


【アクションタイム】

HG 陸戦型ガンダムS型55

HG 陸戦型ガンダムS型56

HG 陸戦型ガンダムS型57

HG 陸戦型ガンダムS型58

HG 陸戦型ガンダムS型59

HG 陸戦型ガンダムS型60

HG 陸戦型ガンダムS型61

HG 陸戦型ガンダムS型62

HG 陸戦型ガンダムS型63

HG 陸戦型ガンダムS型64

HG 陸戦型ガンダムS型65

HG 陸戦型ガンダムS型66

HG 陸戦型ガンダムS型67

HG 陸戦型ガンダムS型68

HG 陸戦型ガンダムS型69

HG 陸戦型ガンダムS型70

HG 陸戦型ガンダムS型71

HG 陸戦型ガンダムS型72

HG 陸戦型ガンダムS型73

HG 陸戦型ガンダムS型74

HG 陸戦型ガンダムS型75



本日のプラモデルレビューは「HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)」デス。

腕と腰部、腿以外はほぼ完全新規造形でてっきりジムからの流用率が高いだろうと思っていたのですが

良い意味で裏切られた感じ。こんな裏切りならどんどんやって欲しいくらい。

パーツ数やや多めですがほぼ左右対称なので同時に両腕、両脚を組むような事ができて

結構、組むのは楽かもしれまんせ。マーキングシールもRGのリアリスティックデカールのような

貼り難さはないのでサクサクと貼れますしね。

このキットは見栄えも良いし組み易いしの良キットですが

サンダーボルト第2部の登場MSで真っ先にリリースして欲しかったのは実はアッガイだったりするので

はよお願いしたいです。 (・ω・`)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment