HG ケルディムガンダム レビュー

HG ケルディム1


【2017/07/16追記】
キットを組む過程でGNスナイパーライフルⅡライフルモードのマズル(銃口)パーツを取り付け忘れてしまいました。
したがって今回のレビューの画像ではGNスナイパーライフルⅡライフルモードのマズルが取り付けられていません。

HG ケルディム83
こちらの画像のデザインが正しい物となります。

HG ケルディム84
今回、この先端のマズルパーツの取り付けを失念しました。

誠に申し訳ありません。
お詫びして訂正いたします。
また、指摘して下さった方、誠にありがとうございました。感謝感謝デス。m(_ _)m


【キット内容】
ランナー×3、ポリキャップ×1、シール×1、PETシール×1。


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ、一部塗装。


【全体】

HG ケルディム2

HG ケルディム3

HG ケルディム4

HG ケルディム5

HG ケルディム6
全体的にコンパクトにまとまっている印象。
グリーンとホワイトを基調としたカラーリングも良い感じです。
リアアーマーのGNドライブが尻尾みたいで特徴的。
左肩、膝、GNドライブ部には計9基のGNシールドビットが装備されています。


【各部位】

HG ケルディム7
頭部、顔はあまり特徴がないのが特徴。
額クリアパーツ内側はPET製のシール。
ツインアイもシール。
HG ケルディム8
サイド。
左面にはイエローのアンテナが装備されています。

HG ケルディム9
角度を変えて。
額のクリアパーツは付け替えでトランザムモードを再現可能。詳しくは後述します。

HG ケルディム10
後頭部中央の凹はなんとなくワンポイントでメタリックブルー塗装をしてみました。

HG ケルディム11
胸部中央のコクピッドハッチ部はクリアパーツ製。

HG ケルディム12
フロントアーマー。

HG ケルディム13
胴体を横から見た感じ。
正面からだとほとんど分からないのですが
胸部装甲内部にイエローのダクトがあります。

HG ケルディム14
バックパック。

HG ケルディム15
バックパックを横から。
両サイドにはGNビームピストルⅡがマウントされています。

HG ケルディム16
バックパック下部にはバーニアが4基、パーツ色分けで再現されています。
内部はブラックで塗装しました。

HG ケルディム17
バックパックは左右独立で上下左右に可動します。

HG ケルディム18
GNドライブユニット。

HG ケルディム19
GNドライブユニットを横から。
計5基のシールドビットが装備されています。

HG ケルディム20
GNドライブはユニット上部に。
GNドライブ上部はクリアパーツ製。

HG ケルディム21
GNドライブユニットは上方へ90°可動します。

HG ケルディム22
リアアーマー。

HG ケルディム23HG ケルディム24
HG ケルディム25HG ケルディム26
四肢。
長さ、太さとも胴体とのバランスは良いと思います。
ホワイトとグリーンのカラーコントラストも良い感じ。

HG ケルディム27
左肩。
こちら側にはシールドビットが2基装備されています。

HG ケルディム28
シールドビットマウントパーツは上方へ45°可動が可能。

HG ケルディム29
右肩。
下部のカバーは上方へ45°可動。

HG ケルディム30
先端のGNスナイパーライフルⅡマウントラックは水平方向に45°可動。

HG ケルディム31
腕前面。
関節部以外、ホワイトを基調としておりフォルムも淡泊デス。

HG ケルディム32
腕側面。
肘関節部GNコンデンサーはクリアパーツ製で内部にシールを貼る仕様。

HG ケルディム33
手首は上方へ45°可動。

HG ケルディム34
サイドアーマー。
かなりコンパクトにまとまっています。

HG ケルディム35
膝側面。
こちらの関節部GNコンデンサーもクリアパーツ製で内部にシールを貼る仕様。

HG ケルディム36
膝パーツはスライドギミック仕様で前方へ引き出す事が可能。

HG ケルディム37
足側面。

HG ケルディム38
かかとのパーツは下方へ45°可動が可能。

HG ケルディム39
膝前面。
膝にはシールドビットがマウントされています。

HG ケルディム40
足前面。
すねと足首のパーツは独立仕様。
すねの分割ライン中央にはワンポイントでメタリックグリーン塗装を施しました。

HG ケルディム41
足後面。
バーニア内部とすねの中央分割ライン中央はメタリックグリーンで塗装。

HG ケルディム42
足裏。

HG ケルディム43
股間下部パーツを取り外すと非ポリキャップのスタンド用凹が露出します。


【武装他】

HG ケルディム44
GNスナイパーライフルⅡ三連バルカンモード。
上部にクリアパーツあり。
下部はライフルモードの銃身。

HG ケルディム45
GNスナイパーライフルⅡは右肩にマウント可能デス。

HG ケルディム46
GNスナイパーライフルⅡライフルモード。
三連バルカンモードの先端に銃身パーツを取り付けて再現。

HG ケルディム47
フォアグリップは可動式。

HG ケルディム48
GNビームピストルⅡ×2。
設定では下部はビームコーティングが施された銃剣で格闘戦も可能。

HG ケルディム49
銃口内はメタリックブルーで塗装しました。

HG ケルディム50
照準用フォロスクリーン展開状態。
設定ではトランザムモードで使用可能。
前面のフォロスクリーンはクリアパーツ製。

HG ケルディム51
角度を変えて。
アンテナ前面のパーツを上方へ展開します。(非ヒンジ可動)
アンテナ中央のシルバーはシール。

HG ケルディム52
色々とっぱらって分かりやすく。
バックパックからアームを展開させてフォロスクリーンパーツを取り付けて再現します。

HG ケルディム53
開き手パーツ(右のみ)。

HG ケルディム54
シールドビット専用スタンド。

HG ケルディム55
シールドビット補助パーツ。

HG ケルディム56
スタンドを使用してシールドビットを配置した例。

HG ケルディム57
補助パーツも付属するので様々なパターンで展開状態を再現可能です。


【可動範囲】

HG ケルディム58
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘約135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、すね15°、足首45°可動。

HG ケルディム59
股関節は垂直方向に前方90°、後方約45°、腰は360°回転可動。

HG ケルディム60
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。


【アクションタイム】

HG ケルディム61

HG ケルディム62

HG ケルディム63

HG ケルディム64

HG ケルディム65

HG ケルディム66

HG ケルディム67

HG ケルディム68

HG ケルディム69

HG ケルディム70

HG ケルディム71

HG ケルディム72

HG ケルディム73

HG ケルディム74

HG ケルディム75

HG ケルディム76

HG ケルディム77

HG ケルディム78

HG ケルディム79

HG ケルディム80

HG ケルディム81

HG ケルディム82



本日のプラモデルレビューは「HG ケルディムガンダム」デス。

10年近く前のキットですがかなりクオリティーが高いと思います。

パーツ色分けもしっかりされているし

細部の造形も抜かりないデス。

GNコンデンサなどクリアパーツも多用されています。

武装などトランザムモードも含め全て再現されている所もポイントが高いですね。

それにシールドビット用のスタンドが優れモノで様々なパターンの演出ができるのも嬉しいデス。

ケルディムはGNHW/R版もリリースされているので

そちらも是非とも組んでみたいものデス。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と ソフマップ楽天市場店 で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment