バンプレスト ワンピース 造形物語-PORTGAS・D・ACE- レビュー

造形物語 エース41


【セット内容】

造形物語 エース1
本体×2、台座×1


【全体】

造形物語 エース2

造形物語 エース3

造形物語 エース4

造形物語 エース5

造形物語 エース6

造形物語 エース7

造形物語 エース8

造形物語 エース9
「STRONG WORLD」版のエースです。
顔の表情、全体の造形の細かさ、躍動感のあるポージング、そして全体のバランス。
もう、閉口してしまってうまく言葉にならない程のクオリティー。


【各部位】

造形物語 エース10
顔はオリジナルと遜色ないデス。
左目線でかなり険しい感じの表情。

造形物語 エース11
左側面。
髪の毛の造形も非常に細やかデス。

造形物語 エース12
右側面。
こちらも同様の印象。

造形物語 エース13
後ろ髪も抜かりない仕上がり。

造形物語 エース14
首から腹部にかけての筋肉や皮膚の質感は素晴らしいの一言。

造形物語 エース16
首飾りの造形も細かいデス。
首飾りと紐は軟質素材製。

造形物語 エース17
ベルトのバックルは白ひげ海賊団のマーク。
シルバーの塗装が非常に綺麗。

造形物語 エース18
ジャケットに沿う形でシャツにも動きが付けられています。
シャツは軟質素材製。

造形物語 エース19
左側も同様。
シャツのカラーリングが明るくてとても綺麗デス。

造形物語 エース15
ベルト下には拳銃の弾丸が。凄くかっちょエエです。
ベルトは軟質素材製。

造形物語 エース20
背中には帽子が。
表面の造形が物凄く細かいデス。
帽子は軟質素材製。

造形物語 エース21
帽子を上から見た感じ。
帽子の紐は軟質素材製。

造形物語 エース22
ジャケットの裾を上から。
こちらも帽子同様、表面の質感が素晴らしいデス。
裾は軟質素材製。

造形物語 エース23
裾を右側から。
かなり立体的に動きが付けられています。

造形物語 エース24
裾を左側から。

造形物語 エース25
腰周り。
こちらもベルトと弾丸。
ベルトと弾丸がクロスしている所がポイント。

造形物語 エース26
左腕。
肘を90°曲げたフォルム。
袖には十字架の造形。

造形物語 エース27
左手アップ。
造形はとても細かく皮膚もグラデ塗装が施されています。

造形物語 エース28
右腕。
こちらはジャケットに沿った形で腕を伸ばしたフォルム。

造形物語 エース29
右手アップ。
こちらも左手同様のクオリティー。
右手もそうでしたが袖からシャツが少し出ている所なんかかなり細かいデス。

造形物語 エース30
脚前面。
力強く地面を踏みしめているのが伝わってくるフォルム。

造形物語 エース31
脚左側面。
ズボンの表面の質感も文句なしの仕上がり。

造形物語 エース32
左腿には拳銃用のチェーンが造形されています。

造形物語 エース33
拳銃。
もはやプライズレベルとは思えない程の造形と塗装。

造形物語 エース34
脚後面。

造形物語 エース35
脚右面。
右脚には台座を取り付けます。
尚、台座なしだと自立は無理デス。

造形物語 エース36
台座。
岩なのか土なのかちょっと分かり難いあいまいな造形。

造形物語 エース38
靴。
革の質感が良く出ていると思います。

造形物語 エース39
靴裏の造形は淡泊。


【比較】

造形物語 エース40
フィギュアーツのバースと。
エースの高さは約14㎝。
ポージング故にやや低め。


【鑑賞タイム】

造形物語 エース41

造形物語 エース42

造形物語 エース43

造形物語 エース44

造形物語 エース45

造形物語 エース46

造形物語 エース47

造形物語 エース48

造形物語 エース49

造形物語 エース50

造形物語 エース51

造形物語 エース52

造形物語 エース53

造形物語 エース54

造形物語 エース55

造形物語 エース56

造形物語 エース57

造形物語 エース58

造形物語 エース59

造形物語 エース60



本日のフィギュアレビューは「バンプレスト ワンピース 造形物語-PORTGAS・D・ACE-」デス。

このシリーズはフィギュアを制作するサイドの造形師をフィーチャーするという一風変わったもの。

第1回目の今回は造形師、福家悠太氏。

バンプレの公式サイトでそのドキュメンタリー動画を視聴したのですが

このフィギュア、骸骨から作り上げているんですね。

素人からしてみればそんな必要があるのかと思うのですが

福家氏曰く「その方が早く作れる」そうです。

うーん、凄いですね、造形師さんって。

僕には絶対無理な仕事だと痛感しました。

その動画はこちらでアップされておりますので興味のある方は是非是非ご視聴下さいマセ。


さてさてフィギュアの方ですが

一言で言ってもう、これはプライズのレベルを遥かに超えています。

これを手にしてしまうと高価な「S.H.Figuarts」や「フィギュアーツZERO」、「Portrait.Of.Pirates」なんて

言葉悪いですけどバカらしくて買う気が失せるし

最近のフィギュアってなんであんなにクソ高いの?って普通に疑問に思います。

それは単なるプライズアイテムと一般店頭発売及び限定発売アイテムの比較論に過ぎない訳ですが

今回のドキュメンタリーで如何に造形が大変な作業かは理解したので

多少、高くてもしかたないのかなぁ・・・とも思うのも正直な所ですね。

ちょびっとだけ勉強になりましたよん。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と トイサンタ楽天市場店(送料無料) で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment