ほびらぼん

HG - ガンダムビルドメタバース - 神バーニングガンダム レビュー

1001_HG カミバーニング


商品説明

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     2,640円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×11、ポリキャップ×1、シール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ、
          表面処理(メラミンスポンジ)、部分塗装


全体

1002_HG カミバーニング

1003_HG カミバーニング

1004_HG カミバーニング


各部位説明

1005_HG カミバーニング
【頭部(前面)】
 頭部はアンテナ以外はカミキバーニングと同じデザインです。
 アンテナ裏にはダボがありますが、今回は切断してシャープに加工しています。
 額のグリーン部やツインアイはシールで補います。
 
1006_HG カミバーニング
【頭部(側面)】
 頭部は前後のパーツを組み合わせる構成ですが、パーツ分割ラインが目立たない作りとなっています。

1007_HG カミバーニング
【頭部(後面)】
 上部ブルー部はシールで補います。

1008_HG カミバーニング
【胴体(前面)】
 胴体はフロントアーマーの一部(レッド)以外はカミキバーニングと同じデザインです。
 胸下部には偏光樹脂製のクリアパーツが取り付けられています。
 胸部と腹部、腹部と腰部はポリキャップ接続となっています。

1009_HG カミバーニング
フロントアーマーは左右一体成型パーツですが、今回は中央で切断加工を施しています。
フロントアーマーはこの程度、上方への可動が可能です。

1010_HG カミバーニング
腰下部にはアクションベースに対応した丸型の穴があります。

1011_HG カミバーニング
【胴体(側面)】
 胸部にパーツ分割ラインが出ます。
 腹部は3パーツ構成となっています。
 サイドアーマーには偏光樹脂製のクリアパーツが取り付けられています。

1012_HG カミバーニング
サイドアーマーは腰部のポリキャップ接続でこの程度、上方への可動が可能です。

1013_HG カミバーニング
また、前後に回転可動も可能です。

1014_HG カミバーニング
【胴体(後面)】
 バックパックやリアアーマーは新規造形となっています。
 バックパックのバーニア部は「ガンダムマーカー シャインシルバー」で塗装しました。

1015_HG カミバーニング
バックパック両側面にはバインダーが取り付けられています。
バインダーは前後2ブロック構成で、分離が可能です。

1016_HG カミバーニング
バインダーは上方への可動が可能です。

1017_HG カミバーニング
また、後方への可動も可能です。

1018_HG カミバーニング1019_HG カミバーニング
1020_HG カミバーニング1021_HG カミバーニング
【腕部】
 基本的にはカミキバーニングと同じデザインですが、肩外装前部に丸いパーツが取り付けられています。
 丸いパーツの「炎」のマーキングはシールで補います。
 肩上部と側面、前腕側面、肘には偏光樹脂製のクリアパーツが取り付けられています。
 肩外装部のブラックのラインはシールで補います。
 手首と前腕はポリキャップ接続となっています。

1022_HG カミバーニング
左肩外装部の「神」のマーキングはシールで補います。

1023_HG カミバーニング
胴体肩部はこの程度、引き出すことが可能です。

1024_HG カミバーニング
手首にはジョイントパーツが組み込まれており、手を左右に可動させることが可能です。

1025_HG カミバーニング
【平手パーツA(左右)】

1026_HG カミバーニング
【平手パーツB(左右)】

1027_HG カミバーニング1028_HG カミバーニング
1029_HG カミバーニング1030_HG カミバーニング
【脚部】
 脚と足はカミキバーニングと同じデザインとなっています。
 膝前部と側面、足前部、足後部には偏光樹脂製のクリアパーツが取り付けられています。
 足前部のブラックのラインはシールで補います。
 すねは左右のパーツを組み合わせる構成となっており、中央にパーツ分割ラインが出ます。

1031_HG カミバーニング
すね後面下部のカバーパーツは上方へ可動します。

1032_HG カミバーニング
足裏のディテールは造形で再現されています。
足前部には肉抜きがあります。
足後部にはキックエフェクトパーツを取り付けるための長方形型の溝があります。


武装他

1033_HG カミバーニング
【太刀】
 1パーツ構成、ホワイトの成型色パーツです。
 今回は刃の部分を「タミヤ TS-76 マイカシルバー」、つばの部分を「ガンダムマーカー ゴールド」で塗装して、
 「クレオス Mr.スーパークリアー 光沢」でトップコート処理を施しました。

1034_HG カミバーニング
太刀は鞘に収納することができ、鞘は専用のジョイントパーツを使用して、リアアーマーに取り付けることが可能です。

1035_HG カミバーニング
【パンチエフェクトパーツ】
 2パーツ構成、偏光樹脂製のクリアパーツとなっています。
 手パーツの溝とエフェクトパーツのダボを接続して保持します。
 表面のディテールは造形で再現されています。

1036_HG カミバーニング
【キックエフェクトパーツ】
 こちらも2パーツ構成、偏光樹脂製のクリアパーツとなっています。
 足後部の溝とエフェクトパーツのダボを接続して保持します。
 表面のディテールは造形で再現されています。

1037_HG カミバーニング
【太刀エフェクトパーツ】
 1パーツ構成、こちらも偏光樹脂製のクリアパーツとなっています。


ウイングバーニング攻の形

1038_HG カミバーニング
バックパックのバインダーに偏光樹脂製のクリアパーツを取り付けて再現します。

1039_HG カミバーニング

1040_HG カミバーニング
パンチエフェクトやキックエフェクトのように表面のディテールが造形で再現されています。


ウイングバーニング威の形

1041_HG カミバーニング
バインダーを分離して偏光樹脂製のクリアパーツを取り付け、専用のジョイントパーツに取り付けて再現します。

1042_HG カミバーニング

1043_HG カミバーニング

1044_HG カミバーニング
ジョイントパーツはバックパックに取り付けて保持します。

1045_HG カミバーニング
左右のクリアパーツにはロック機構があるため、しっかり固定することが可能です。


可動範囲

1046_HG カミバーニング
腕は外側へ90°、上腕ロール可動、肘135°可動。
脚は外側へ約90°、ももロール可動、膝135°、足首は前後・左右に45°可動。

1047_HG カミバーニング
胸部と腰部は90°回転可動。
脚は前方90°、後方約45°可動。

1048_HG カミバーニング
胸部と腰部はこの程度、左右に可動が可能です。

1049_HG カミバーニング
首、胸部、腰部はこの程度、前屈が可能です。

1050_HG カミバーニング
首、胸部、腰部はこの程度、後屈が可能です。


アクションタイム

1051_HG カミバーニング

1052_HG カミバーニング

1053_HG カミバーニング

1054_HG カミバーニング

1055_HG カミバーニング

1056_HG カミバーニング

1057_HG カミバーニング

1058_HG カミバーニング

1059_HG カミバーニング

1060_HG カミバーニング

1061_HG カミバーニング

1062_HG カミバーニング

1063_HG カミバーニング

1064_HG カミバーニング

1065_HG カミバーニング

1066_HG カミバーニング



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ







関連記事
HG