HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダム レビュー

HGUC EVOLUTION Zガンダム1


【キット内容】
ランナー×9、ポリキャップ×1、シール×1、未使用パーツなし、未使用ポリキャップ×9


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、
各所スミ入れ(ブラック部:ブラウン、他;ブラック)、一部塗装。


【全体】

HGUC EVOLUTION Zガンダム2

HGUC EVOLUTION Zガンダム3

HGUC EVOLUTION Zガンダム4

HGUC EVOLUTION Zガンダム5

HGUC EVOLUTION Zガンダム6
組み立てる前はもっとスリムなフォルムをイメージしていたのですが
意外とマッシブなフォルムです。良い意味で。
頭部は小さ過ぎず大き過ぎず丁度良い塩梅でプロポーションが抜群。
トリコロールの成型色の発色も良いデス。


【各部位】

HGUC EVOLUTION Zガンダム7
頭部はスリム過ぎずアニメのイメージを損なわないフォルムになっています。
側面バルカン砲の部分は顔のパーツと一体成型なのではめ込む前にブラックの塗装しておくと楽デス。
頬のパーツと襟のパーツが抵触するので頭部の横向きはちょい苦手。
上部ブルー及びツインアイはシール。ツインアイシールは2種類から選択式。

HGUC EVOLUTION Zガンダム8
側面。
ツインアイ上部や側面に数か所、小さいですがモールドがあります。

HGUC EVOLUTION Zガンダム9
角度を変えて。
アゴの部分はモールドがないのでそのままでも良いですが
今回はペン入れをしました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム10
後頭部。
中央にはモールドがありますが分割ラインの場所なので組む前にスミ入れしておくと楽デス。
上部ブルーはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム11
首裏(背中裏)にもしっかり造形が施されていました。
写真ではボヤけてしまっていますが首パーツはポリキャップではなくプラ製。

HGUC EVOLUTION Zガンダム12
胸部。
肩から腹部にかけてのフォルムが素晴らしいデス。
イエローのダクトはパーツにて色分け。
さすがにコクピッド開閉ギミックはありませんがコクピッド上部にグレーのジョイントが再現されています。
ブルー、レッドの発色も良い感じ。
このパーツはウェイブライダー(以降、WR)再現時に取り外して使用します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム13
腹部は2パーツ構成で独立可動。
上部パーツ内部には可動専用のジョイントが仕込まれていて胸部と接続されています。

HGUC EVOLUTION Zガンダム14
フロントアーマー。
一見すると淡泊ですがちーさなモールドが再現されていて芸細デス。
ちなみに今回は取説にてフロントアーマー中央切断推奨でした。

HGUC EVOLUTION Zガンダム15
胴体を横から見た感じ。
コクピッドブロックが腹部から浮いた状態になっています。
これは少し好き嫌いが分かれるデザインかも。

HGUC EVOLUTION Zガンダム16
背面。
中央にロングテール・スタビライザー、左右にフライングアーマーのおなじみの構成。
フライングアーマーのレッドは全てシールで再現。

HGUC EVOLUTION Zガンダム17
フライングアーマーは内部にジョイントが仕込まれており左右に45°回転可動が可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム18
また後方に45°可動が可能デス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム19
フライングアーマー上部はスライドギミック仕様で内部アーマーを引き出す事ができます。
また上部サブウイングも展開可能。
この形態は基本的にWR形態再現時に使用します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム20
中央のスタビライザーは上方へ135°可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム21
背中。
スタビライザーとフライングアーマーを取り外した状態。
中央の凹にスタビライザー、左右のジョイントにフライングアーマーを取り付けます。
このパーツもWR再現時に取り外して使用します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム22
リアアーマー。
こちらもパーツもWR再現時に取り外して使用。
フロントアーマー同様、淡泊なデザイン・・・・・

HGUC EVOLUTION Zガンダム23
なのですが内部にバーニアを5基搭載しています。
バーニア内部はレッドで塗装しました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム24
リアアーマーは上方へ135°可動が可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム25
リアアーマー裏。
モールド多めで表面より情報量があるという罠。
普段は見えない場所なのでこの仕様には関心しました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム26
背面を横から見るとこんなん。
胴体が結構立体的だったのに対してこちらは平面的。

HGUC EVOLUTION Zガンダム27HGUC EVOLUTION Zガンダム28
HGUC EVOLUTION Zガンダム29HGUC EVOLUTION Zガンダム30
四肢。
全体的にマッシブなフォルムでアニメにかなり近いデザイン。
ほぼパーツ色分けな所もポイントが高いデス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム31
肩周り。
コンパクトなフォルム。胴体同様ブルーの発色が良いデス。
イエロー×2はシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム32
肩パーツ上部は内部に収納可能。この形態はWR再現時用。
下部カバーパーツは上方へ90°可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム33
前腕周り。
前腕のディテールも別パーツ仕様でかなり凝った作りになっています。
中央のパーツを外側のパーツで挟み込む仕様なので分割ラインがほぼ目立ちません。

HGUC EVOLUTION Zガンダム34
前腕先端部は開閉式で2連装グレネードランチャー発射状態を再現可能。
グレネードランチャーはシルバーで塗装しました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム35
肩基部にもきっちり造形が施されていました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム36
腕周り。
肩や前腕がマッシブなので上腕がやや細く見えます。
肩のイエローダクトはパーツにて色分け。
前腕イエローはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム37
サイドアーマー。
特筆すべき点はないシンプルなサイドアーマー。
このパーツもWR再現時に取り外して使用します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム38
腿周り。
分割ラインが一直線ではなく一見するとモールドっぽい感じが良いデス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム39
膝周り。
膝からすねにかけて末広がりの独特でおなじみのフォルム。
サイドにはダクトのモールドも造形されています。

HGUC EVOLUTION Zガンダム40
足周り。
すね下部のイエローダクトはパーツにて色分け。
足のブラック部は塗装。

HGUC EVOLUTION Zガンダム41
腿前面。やや流線形なデザイン。
モールドはないのでペン入れをしました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム42
膝前面。
こちらも膝や足を外側のパーツで挟み込む仕様なので分割ラインがほとんど目立ちません。
外側のイエローはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム43
脚内側。
外側よりモールド多め。下部イエローダクトはパーツにて色分け。

HGUC EVOLUTION Zガンダム44
脚背面下部にはバーニアが装備されています。
バーニア内部はレッドで塗装しました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム45
脚背面パーツは上下に可動式。
このギミックはWR形態再現時に使用します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム46
足前面。
特にモールドもなくシンプルなデザイン。

HGUC EVOLUTION Zガンダム47
足裏。
こちらはモールドびっちり。
WR形態時に目立つ場所なので嬉しい造形デス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム48
股間下部には非ポリキャップのスタンド用凹があります。


【武装他】

HGUC EVOLUTION Zガンダム49
ビーム・ライフル。
フライングアーマーと同じマットブラック仕様。
グリップは可動式。
特に専用の持ち手パーツは付属しません。
側面のイエローはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム50
銃口に後述のビーム・サーベル刃を取り付ける事でロングビーム・サーベルを再現可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム51
上部グリーンはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム52
銃口下部グリーンもシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム53
ビーム・ライフルは銃身収納ギミック仕様でライフル後部内蔵のジョイントで前腕にマウント可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム54
ビーム・サーベル×2。
刃は最近流行りのやや長め仕様。
柄を本体に取り付ける仕様はオミットされていました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム55
シールド。
WR時には機首を構成するパーツ。
中央のレッドはシール。

HGUC EVOLUTION Zガンダム56
シールドは専用ジョイントで前腕にマウント。
シールド内部にはミサイルが装備されています。
ミサイルはシルバーで塗装しました。

HGUC EVOLUTION Zガンダム57
シールドを横から見た感じ。
アニメと遜色ないデザイン。

HGUC EVOLUTION Zガンダム58
シールドはパーツ付け替えで収納状態を再現可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム59
グレネードランチャーマガジン×2。
前腕に取り付ける仕様。

HGUC EVOLUTION Zガンダム60
ハイパー・メガ・ランチャー。
デカいデス、はい。
すんごくデカいですが重さで肩や手首がヘタれる事はありません。これは凄いデス。
こちらも専用の持ち手パーツは付属しません。

HGUC EVOLUTION Zガンダム61
ハイパー・メガ・ランチャーも銃身収納ギミック仕様。
これはWR形態再現時用。

HGUC EVOLUTION Zガンダム62
メガランチャーの銃口にビーム・サーベル刃を取り付けてロングビーム・サーベルを再現可能。

HGUC EVOLUTION Zガンダム63
メガランチャー後部アップ。
下部にはグリップとグリップカバーがあります。
両方とも可動式。
側面のブラックは塗装。

HGUC EVOLUTION Zガンダム64
メガランチャー中央部アップ。
単色ですがモールドもしっかり造形されているので淡泊感はありません。

HGUC EVOLUTION Zガンダム65
メガランチャー先端部アップ。
こちらも同様。

HGUC EVOLUTION Zガンダム66
メガランチャー両サイドにはグリップとグリップカバーがあります。
両方とも可動式。
これにより左右どちら手でも保持が可能デス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム67
メガランチャー下部グリップはこのように収納が可能。
こちらはWR再現時の状態。

HGUC EVOLUTION Zガンダム68
シール一式。
⑭⑮が選択式ツインアイシール。


【可動範囲】

HGUC EVOLUTION Zガンダム69
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘180°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首45°、足先下方へ90°可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム70
股関節は垂直方向に90°、腰は360°回転可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム71
前屈。

HGUC EVOLUTION Zガンダム72
後屈。

HGUC EVOLUTION Zガンダム73
胸部は水平方向に45°可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム74
フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。

HGUC EVOLUTION Zガンダム75
足首は水平方向に45°可動。


【ウェイブライダーへの変形】

HGUC EVOLUTION Zガンダム76
変形時に必要な専用パーツ一式。
基部パーツ×1、補助パーツ×1、股間パーツ×1、アクションベース2対応ジョイントパーツ×1、ランディングギア×3

HGUC EVOLUTION Zガンダム77
基部パーツ裏面に両腕と補助パーツ、股間パーツを取り付けます。
この際、両肩の上部は内部に収納します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム78
基部パーツ表面にコクピッドパーツ、胸部パーツ、背面パーツ、リアアーマーを取り付けます。

HGUC EVOLUTION Zガンダム79
脚のデフォルト状態がこちら。
関節のグレーのパーツを・・・

HGUC EVOLUTION Zガンダム80
脚から展開した関節パーツ上部に付け替えます。
この際、脚背面のパーツを上下に動かして関節パーツを展開します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム81
腿、足を可動させてこのような状態にします。

HGUC EVOLUTION Zガンダム82
基部パーツ側面前面にサイドアーマー、中央に脚を接続します。

HGUC EVOLUTION Zガンダム83
基部パーツ上部にスタビライザー、下部にシールドとフライングアーマーを取り付けて完成デス。
この際、フライングアーマーのサブウイングを展開させます。

HGUC EVOLUTION Zガンダム84
横から見た感じ。
非常にスマートで自然なフォルムに仕上がっています。

HGUC EVOLUTION Zガンダム85
アクションベース2対応ジョイントパーツは基部パーツの後部に取り付けます。

HGUC EVOLUTION Zガンダム88
ウェイブライダー上部にビーム・ライフル、下部にハイパー・メガ・ランチャーを取り付けた状態。
この状態だとメガランチャーにランディングギアを取り付けられるのでスタンド無しで直にディスプレイ可能デス。

HGUC EVOLUTION Zガンダム86
前方ランディングギア×1。
メガランチャー下部に取り付けます。

HGUC EVOLUTION Zガンダム87
後方ランディングギア×2。
メガランチャーの両サイドに取り付けます。

HGUC EVOLUTION Zガンダム89
前方から見た感じ。
メガランチャー装備だとかなり奥行があります。

HGUC EVOLUTION Zガンダム90
後面から見た感じ。
フォルムが崩れる事なく綺麗にまとまっているのが分かります。

HGUC EVOLUTION Zガンダム91
WR形態の余剰パーツ。
頭部、胴体の一部がいらない子になります。


【アクションタイム】

HGUC EVOLUTION Zガンダム92

HGUC EVOLUTION Zガンダム93

HGUC EVOLUTION Zガンダム94

HGUC EVOLUTION Zガンダム95

HGUC EVOLUTION Zガンダム96

HGUC EVOLUTION Zガンダム97

HGUC EVOLUTION Zガンダム98

HGUC EVOLUTION Zガンダム99

HGUC EVOLUTION Zガンダム100

HGUC EVOLUTION Zガンダム101

HGUC EVOLUTION Zガンダム102

HGUC EVOLUTION Zガンダム103

HGUC EVOLUTION Zガンダム104

HGUC EVOLUTION Zガンダム105

HGUC EVOLUTION Zガンダム106

HGUC EVOLUTION Zガンダム107

HGUC EVOLUTION Zガンダム108

HGUC EVOLUTION Zガンダム109

HGUC EVOLUTION Zガンダム110

HGUC EVOLUTION Zガンダム111

HGUC EVOLUTION Zガンダム112

HGUC EVOLUTION Zガンダム113

HGUC EVOLUTION Zガンダム114

HGUC EVOLUTION Zガンダム115

HGUC EVOLUTION Zガンダム116

HGUC EVOLUTION Zガンダム117

HGUC EVOLUTION Zガンダム118

HGUC EVOLUTION Zガンダム119

HGUC EVOLUTION Zガンダム120

HGUC EVOLUTION Zガンダム121

HGUC EVOLUTION Zガンダム122

HGUC EVOLUTION Zガンダム123

HGUC EVOLUTION Zガンダム124



本日のホビーレビューは「HGUC GUNPLA EVOLUTION PROJECT Zガンダム」です。

【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】第一弾のアイテムですが

正直、組む前はリバイブと何が違うのん?って思ってました。

ナメてました、ハイ。(゚Д゚)ノ

ですが組み始めて痛感させられてのはそのパーツ数の多さとパーツの細かさ。

とくかく、「これHGだよね?」と首を傾げる程、細かいデス。

もちろん、MGやRGには到底かないませんがそれでも細かいデス。

細かさで言えば

HG < リバイブ < EVOLUTION

ですね。

パーツが細かいという事は当然、ディテールが細かい訳で

ディテールが細かいという事はクオリティーが高いという訳で

そのハイクオリティーアイテムが1000円ちょっとで買えるんだから

めっちゃコスパええです。(*´▽`*)

次弾の情報はまだ仕入れていませんが

是非とも続投して欲しい。

このクオリティーでνガンとか組んでみたいな。

あ、もちろんリバイブも続けてね。(・ω・`)


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪
関連記事

0 Comments

Post a comment