ほびらぼん

HG - 機動戦士ガンダム 水星の魔女 - デミトレーナー レビュー

1001_HG デミトレーナー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     1,320円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×3、シール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、ジャンクデカール貼り、各所スミ入れ、
          エッジ陰影付け(タミヤ ウェザリングマスター)、トップコート処理(つや消し)


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    シール
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_HG デミトレーナー
今回は胸部(5種から選択式)とビームガン用のシールが付属します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1003_HG デミトレーナー
今回はエッジの部分を「タミヤ ウェザリングマスター」で陰影を付けた後、「クレオス Mr.スーパークリアー つや消し」でトップコート処理をしました。
後、一部ジャンクデカールを貼っています。

1004_HG デミトレーナー

1005_HG デミトレーナー

1006_HG デミトレーナー

1007_HG デミトレーナー


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_HG デミトレーナー
HG デミトレーナー ( チュチュ専用機 )」との比較。
 基本的にはチュチュ専用機と同じパーツ構成、関節構成ですが、
 頭部の一部、右肩外装、膝外装、かかと、バックパックのデザインが異なります。
 また、足首の外装パーツが省略されているため、チュチュ機より体高が低くなっています。

 基本的なパーツ構成や関節構成、可動範囲は以下のレビューをご参照下さいませ。m(_ _)m

 HG - 機動戦士ガンダム 水星の魔女 - デミトレーナー ( チュチュ専用機 ) レビュー

1009_HG デミトレーナー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1010_HG デミトレーナー
【頭部(前面)】
 上部パーツやカメラ部分のデザインがチュチュ機とはデザインが異なっており
 チュチュ機ではあったビームバルカン砲口が省略されています。
 カメラ部分にはグリーンのクリアパーツが使用されています。

1011_HG デミトレーナー
【頭部(側面)】
 後頭部から頭頂部にかけてパイプのようなパーツが取り付けられています。
 この辺りはチュチュ機と変わらず。

1012_HG デミトレーナー
パイプパーツは上方への可動が可能です。

1013_HG デミトレーナー
【頭部(後面)】
 この辺りのデザインもチュチュ機と変わらずです。

1014_HG デミトレーナー
【頭頂部】
 前面にはスタッフアンテナパーツを取り付けるための長方形型の穴があります。

1015_HG デミトレーナー
今回は別途スタッフアンテナパーツが付属して、頭部に取り付けることが可能です。

1016_HG デミトレーナー
スタッフアンテナは円柱型のデザインでチュチュ機のブレードアンテナとはデザインが異なっています。

1017_HG デミトレーナー
【胴体(前面)】
 胴体はチュチュ機と全く同じデザインです。
 胸部と腹部、腹部と腰部はボールジョイント接続となっています。
 胸部のグリーンのラインはシールで補います。
 また、5種のカラーの胸部シールが付属してお好みで貼る仕様ですが、今回は特に貼りませんでした。
 フロントアーマーは左右一体成型パーツですが、今回は中央で切断加工をして左右セパレート仕様にしました。
 股間には長方形型のハードポイントがあり、チュチュ機や「HG デミトレーナー用拡張パーツセット」に付属する
 ビームライフルのアームジョイントを取り付けることが可能です。

1018_HG デミトレーナー
股間下部にはアクションベースに対応した丸形の穴があります。

1019_HG デミトレーナー
【胴体(側面)】
 胴体側の肩関節パーツは胴体とボールジョイント接続になっています。
 バックパック両側面にはサーベルスティックのジョイントパーツを取り付けるための丸形のハードポイントがあります。
 腰部側面には3㎜丸型ハードポイントのあるジョイントパーツが取り付けられています。

1020_HG デミトレーナー
フロントアーマーは上方へこの程度、可動が可能です。

1021_HG デミトレーナー
腰上部パーツはリアアーマーのロックを外すことで、前方への可動が可能です。

1022_HG デミトレーナー
【胴体(後面)】
 バックパックは新規造形で、チュチュ機とはデザインが大幅に異なっておりシンプルになっています。
 バーニアが2基、造形で再現されており、今回はバーニア内部をカッパーで塗装しました。

1023_HG デミトレーナー1024_HG デミトレーナー
1025_HG デミトレーナー
【腕部】
 基本的にはチュチュ機と同じデザイン、パーツ構成ですが、両肩の外装が左右対称となっています。
 前腕側面にはビームガンやシールドを取り付けるための丸型のハードポイントがあります。

1026_HG デミトレーナー
肩外装はこの程度、上方への可動が可能です。

1027_HG デミトレーナー
肩外装上部には軸型ジョイントがあります。

1028_HG デミトレーナー
今回は左肩に「48」号機のマーキングデカール(ジャンク)を貼りました。

1029_HG デミトレーナー
前腕は独立で回転可動が可能です。

1030_HG デミトレーナー1031_HG デミトレーナー
1032_HG デミトレーナー
【脚部】
 基本的にはチュチュ機と同じデザイン、パーツ構成ですが、膝外装やかかとが新規造形となっており、
 チュチュ機ではあった足首外装パーツが省略されています。
 今回は膝側面のピンパーツを「ガンダムマーカー シャインシルバー」で塗装しました。

1033_HG デミトレーナー
膝外装パーツは上下に可動します。

1034_HG デミトレーナー
つま先とかかとは別パーツ構成となっています。
つま先は足首ジョイントパーツとボールジョイント接続、
かかとは足首ジョイントパーツと軸接続で各々独立で回転可動します。

1035_HG デミトレーナー
足裏は随所に肉抜きがあります。
チュチュ機ではかかとにタイヤがありましたが、今回は省略されており、デザインも一新されています。
かかと裏のでディテールは造形で再現されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    武装
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1036_HG デミトレーナー
【ビームガン】
 左右2パーツを組み合わせるモナカ仕様です。
 グリップを手で握り、後部のピンを前腕のハードポイントに取り付けて保持します。

1037_HG デミトレーナー
ビームガンのグリーンの部分はシールで補います。

1038_HG デミトレーナー
【サーベルスティック】
 1パーツ構成で円柱型のデザインです。
 手パーツとのフィット感は上々で、ポロリはありません。

1039_HG デミトレーナー
サーベルスティックは専用のジョイントパーツを使用してバックパックに取り付けることが可能です。

1040_HG デミトレーナー
また、腰部側面のハードポイントにも取り付けることが可能です。

1041_HG デミトレーナー
【シールド】
 手持ちのグリップを含め3パーツ構成です。
 グリップを手パーツで握り、シールド裏のピンを前腕のハードポイントに取り付けて保持します。
 今回はシールド前面に「48」号機のマーキングシール(ジャンク)を貼っています。

1042_HG デミトレーナー
【シールド(裏面)】
 裏面のディテールは造形で再現されています。
 中央には前腕のハードポイントに取り付けるためのピンがあります。
 下部には可動式のグリップが取り付けられています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1043_HG デミトレーナー

1044_HG デミトレーナー

1045_HG デミトレーナー

1046_HG デミトレーナー

1047_HG デミトレーナー

1048_HG デミトレーナー

1049_HG デミトレーナー

1050_HG デミトレーナー

1051_HG デミトレーナー

1052_HG デミトレーナー

1053_HG デミトレーナー

1054_HG デミトレーナー

1055_HG デミトレーナー

1056_HG デミトレーナー

1057_HG デミトレーナー

1058_HG デミトレーナー

1059_HG デミトレーナー

1060_HG デミトレーナー

1061_HG デミトレーナー



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ









このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



HG