CCSTOYS 天元突破グレンラガン ラゼンガン 合金可動フィギュア レビュー

1001_CCSTOYS ラゼンガン


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー CCSTOYS
 ■ 価格   31,130円(税込)
 ■ サイズ  全高:約235㎜
 ■ 素材   ABS、PVC、POM、合金製


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    パッケージ
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_CCSTOYS ラゼンガン
パッケージは横幅が広い段ボール仕様で、表面にパケ絵と「ラゼンガン」の文字がが印刷されているだけのシンプルなデザインとなっています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    台座
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1003_CCSTOYS ラゼンガン
台座は長方形型、ブラックのクリアパーツ製です。
下部に「天元突破グレンラガン LAZENGANN ラゼンガン」の文字がプリントされています。

1004_CCSTOYS ラゼンガン
こちらは台座に支柱と台座接続パーツを取り付けた状態です。
支柱先端には本体接続用のジョイントパーツを取り付けます。
本体接続用のジョイントパーツは左右への回転可動が可能です。
支柱は金属製で長・短の2種が付属しています。
本体を素立ちでディスプレイする場合は短い支柱を使用し、アクションポーズでディスプレイする場合は基本的に長い支柱を使用します。

1005_CCSTOYS ラゼンガン
【本体接続用ジョイントパーツ(A)】
 先端に長方形型のダボがあり、本体の股間の穴に取り付けます。(こちらは口述します)

1006_CCSTOYS ラゼンガン
【本体接続用ジョイントパーツ(B)】
 こちらは先端のダボが前方へ角度が付けられています。

1007_CCSTOYS ラゼンガン
【本体接続用ジョイントパーツ(C)】
 こちらは先端のダボが後方へ角度が付けられています。

1008_CCSTOYS ラゼンガン
こちらは台座に支柱と可動式台座接続パーツを取り付けた状態です。

1009_CCSTOYS ラゼンガン
可動式台座接続パーツは左右分割仕様で、受け側が歯車状になっており、支柱の角度を変えることができます。
尚、角度変更は前方のみで後方への角度変更はできません。

1010_CCSTOYS ラゼンガン
こちらは支柱の角度を変更した状態です。
歯車状の受けで固定するため、本体を取り付けてもブレずにがっしりディスプレイすることが可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1011_CCSTOYS ラゼンガン
基本的に公式設定デザイン準拠ですが、全体的にスリムなフォルムで洗練されたデザインとなっており、
各部位がよりディテールアップされ、各関節部にはダイキャスト製のジョイントパーツが組み込まれており、重量があります。

1012_CCSTOYS ラゼンガン

1013_CCSTOYS ラゼンガン

1014_CCSTOYS ラゼンガン

1015_CCSTOYS ラゼンガン


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1016_CCSTOYS ラゼンガン
CCSTOYS 天元突破グレンラガン グレンラガン 合金可動フィギュア」との比較。
 同じメーカーのグレンラガンと並べるとこの程度のサイズ感になります。 
 公式ではラゼンガンの高さが約23.5㎝、グレンラガンの高さが23㎝となっていますが、
 本体だけを比べると明らかにラゼンガンの方が高さがあります。
 グレンラガンの23㎝はグレンウイングを入れた高さかもしれませんね。
 全体的なフォルムはグレンラガンよりスリムなデザインとなっており、カラーリングも対照的です。
 うーん、このシリーズで2体並べると圧巻ですね。

1017_CCSTOYS ラゼンガン
プライオボット ラゼンガン」との比較。
 千値練のプラモデルであるプライオボットのラゼンガンと並べるとこの程度のサイズ感になります。
 プライオボットのラゼンガンの高さは約17㎝です。
 プライオボットのラゼンガンの方が比較的公式設定デザインに近く、CCSTOYS製のラゼンガンが如何にアレンジされているか確認できます。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1018_CCSTOYS ラゼンガン
【頭部(前面)】
 目のカラーリング含め全体的に公式設定デザイン準拠ですが、角がかなりシャープにアレンジされてます。
 また、ブラックの部分もグレー寄りのブラックのカラーリングとなっています。
 口の真一文字のラインなども公式設定デザイン準拠で、全体的に悪ボス感が良く出ています。

1019_CCSTOYS ラゼンガン
【頭部(側面)】
 角は公式設定デザインより各所にエッジが効いたデザインとなっており、とややアレンジが加えられています。
 また、角は別パーツ構成で、取り外しが可能です。
 側面からのアングルで見ると、頭部は全体的に立体的なデザインとなっているのが確認できます。
 また、頭頂部や耳の辺りのブルーのカラーリングの発色もとても良いです。

1020_CCSTOYS ラゼンガン
【頭部(後面)】
 後面からのアングルでも、頭部は比較的スリムなフォルムとなっています。

1021_CCSTOYS ラゼンガン
【頭頂部】

1022_CCSTOYS ラゼンガン
【胴体(前面)】
 基本的なデザインは公式設定デザイン準拠ですが、ややディテールが細かくなっているのと
 腰部にサイドアーマーが追加されています。
 また、基調色がブラックとガンメタの2色で再現されており、
 ブルー、イエロー、レッドなども塗装で全て色分けが再現されています。

1023_CCSTOYS ラゼンガン
首のディテールは造形と塗装で細かく再現されています。

1024_CCSTOYS ラゼンガン
【腹部のカバーを取り外した状態】
 腹部のカバーを取り外すと内部の口(歯)が露出します。
 歯はとてもシャープなデザインで、歯や歯茎もしっかり塗装が施されています。
 尚、腹部のカバーを取り付けた状態だと胸部の前屈や左右への可動はできません。

1025_CCSTOYS ラゼンガン
胸部を後屈させると口内部が露出します。
口内部のディテールも造形と塗装で丁寧に再現されています。

1026_CCSTOYS ラゼンガン
胸部を前屈させると上の歯と下の歯が噛み合った状態になります。

1027_CCSTOYS ラゼンガン
股間の外装パーツ(A)は腰部とボールジョイント接続で、前方へ引き出すことが可能です。

1028_CCSTOYS ラゼンガン
また、左右への回転可動も可能です。
これにより脚の前方への可動域が広がります。

1029_CCSTOYS ラゼンガン
【股間(下部)】

1030_CCSTOYS ラゼンガン
股間下部パーツは取り外しが可能で、取り外すとディスプレイ支柱の本体接続用ジョイントパーツに対応した長方形型の穴が露出します。
また、腰部がダイキャスト製なのが確認できます。

1031_CCSTOYS ラゼンガン
本体にディスプレイ支柱の本体接続用ジョイントパーツを取り付ける際には専用の股間パーツ(A)に差し替えます。

1032_CCSTOYS ラゼンガン
こちらが台座に本体をディスプレイした状態です。
支柱は短いものを使用します。

1033_CCSTOYS ラゼンガン
【胴体(側面)】
 胸部は奥行きがあり立体的なデザインとなっています。
 また、脇腹から腹部にかけては蛇腹状のデザインで、ブルーのカラーリングとなっています。
 腰部側面にはサイドアーマーが取り付けられています。

1034_CCSTOYS ラゼンガン
サイドアーマーは腰部ボールジョイント接続で上方へこの程度、可動が可能です。
また、前後への可動も可能となっています。

1035_CCSTOYS ラゼンガン
【胴体(後面)】
 背中なども公式設定デザイン準拠ですがディテールがより細かく造形と塗装で再現されています。
 基調色はブラック、ガンメタ、ブルーの3色で、背骨のラインなどにはシルバーが使用されています。

1036_CCSTOYS ラゼンガン
【尻尾】
 尻尾は公式設定デザインより各所にエッジが効いたデザインとなっており、先端はとてもシャープです。
 尻尾は本体とは別パーツ構成で取り外しが可能です。

1037_CCSTOYS ラゼンガン
尻尾を取り外す際には尻尾基部の本体側カバーパーツを上方へ可動させます。

1038_CCSTOYS ラゼンガン
尻尾はA、B、Cの3か所が可動します。
こちらはBとCの可動部を前方へ全開に可動させた状態になります。

1039_CCSTOYS ラゼンガン
こちらはBとCの可動部を後方へ全開に可動させ、Aの可動部(尻尾基部)を下方へ可動させた状態になります。

1040_CCSTOYS ラゼンガン
こちらはBとCの可動部を後方へ全開に可動させ、Aの可動部(尻尾基部)を上方へ可動させた状態になります。

1041_CCSTOYS ラゼンガン
このように、A、B、Cの可動部は左右への回転可動も可能です。

1042_CCSTOYS ラゼンガン1043_CCSTOYS ラゼンガン
1044_CCSTOYS ラゼンガン
【腕部】
 腕部は公式設定デザインよりかなりディテールアップされています。
 また、公式設定デザインでは肩や上腕がマッシブなフォルムですが、こちらは比較的すっきりとしたスリムなフォルムとなっています。
 基調色はブラック、ガンメタ、グレー寄りのブラックの3色です。
 肘にはダイキャスト製のジョイントパーツが組み込まれており、肘の可動はかなりしっかりしています。

1045_CCSTOYS ラゼンガン
肩関節部にもダイキャスト製のジョイントパーツが組み込まれており、
そのジョイントパーツのボールジョイントに肩外装パーツが取り付けられています。

1046_CCSTOYS ラゼンガン
肩外装パーツは上方へこの程度、可動が可能です。
また、前後への可動も可能となっています。

1047_CCSTOYS ラゼンガン
前腕部は肘下部で左右への回転可動が可能です。

1048_CCSTOYS ラゼンガン
肩は前方へこの程度、引き出すことが可能です。

1050_CCSTOYS ラゼンガン
手首部は独立で上下への可動が可能です。

1049_CCSTOYS ラゼンガン
このような可動させないと見えない肘裏のディテールも別パーツで再現されています。

1051_CCSTOYS ラゼンガン
手首関節部はダイキャスト製で手首側がボールジョイント、手側が軸ジョイントとなっています。

1052_CCSTOYS ラゼンガン
デフォの握り手パーツの手の平のディテールも造形と塗装で丁寧に再現されています。

1053_CCSTOYS ラゼンガン
【平手パーツ(左右)】

1054_CCSTOYS ラゼンガン
【指を揃えた手パーツ(左右)】

1055_CCSTOYS ラゼンガン
【指に表情が付いた手パーツ①(左右)】

1056_CCSTOYS ラゼンガン
【指に表情が付いた手パーツ②(左右)】

1057_CCSTOYS ラゼンガン1058_CCSTOYS ラゼンガン
1059_CCSTOYS ラゼンガン
【脚部】
 公式設定デザインとは膝周りのデザインが大きく異なっています。
 公式設定デザインではももがマッシブなフォルムですが、こちらは比較的スリムなフォルムとなっています。
 基調色はブラックとグレー寄りのブラックの2色で、ももにレッドのラインが追加されています。
 股関節部、膝関節部、足首関節部にはダイキャスト製のジョイントパーツが組み込まれており、
 その分重量はありますが、脚を可動させてもヘタれることなく、しっかり角度が決ります。

1060_CCSTOYS ラゼンガン
膝を曲げるともも前面の外装パーツ(A)が下方へスライド可動します。

1061_CCSTOYS ラゼンガン
膝関節部前面のディテールや、膝を曲げると露出するドリル射出口も再現されています。

1062_CCSTOYS ラゼンガン
足裏にはダイキャストが組み込まれており、ディテールが造形で再現されています。
股関節部、膝関節部、足首関節部、足裏にダイキャストが組み込まれているので、重量がかなりあり接地性はグンバツです。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1063_CCSTOYS ラゼンガン
腕は外側へ90°、上腕ロール可動、肘約180°可動。
脚は外側へ90°、ももロール可動、膝約180°、足首は前後・左右に45°、足先45°可動。

1064_CCSTOYS ラゼンガン
腰部45°回転可動。
脚は前方90°、後方45°可動。

1065_CCSTOYS ラゼンガン
胸部はこの程度、左右に可動します。

1066_CCSTOYS ラゼンガン
首、胸部、腰部はこの程度、前屈します。

1067_CCSTOYS ラゼンガン
首、胸部、腰部はこの程度、後屈します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    ドリルの再現
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1068_CCSTOYS ラゼンガン
【手のドリル(左右)】
 手パーツをまるまる差し替えて再現します。
 手とドリルは一体成型仕様です。
 ドリルは長さもあり、メタリック塗装仕上げとなっています。

1069_CCSTOYS ラゼンガン
【腕のドリル(左右)】
 前腕を一旦取り外し、肘関節下部パーツをまるまる差し替えて再現します。
 取り付けると肘側面のドリル射出口からドリルが出ているようなデザインとなります。
 こちらのドリルも長さがあり、メタリック塗装仕上げです。

1070_CCSTOYS ラゼンガン
【膝のドリル(短×1)】
 膝を曲げ、ドリル射出口にドリルパーツを取り付けて再現します。

1071_CCSTOYS ラゼンガン
こちらのドリルには専用のエフェクトパーツが付属します。
ドリルに被せて取り付けます。
エフェクトパーツはクリアパーツ製で、2色のパープルで塗装が施されています。

1072_CCSTOYS ラゼンガン
【膝のドリル(長×2)】
 こちらは長いタイプの膝のドリルとなります
 取り付け方法は短いドリルと同じです。
 ドリルは2パーツで構成されています。

1073_CCSTOYS ラゼンガン
ドリルはメタリック塗装仕上げ、後端部に角度が付いており、Aの部分で上下に可動が可能です。
Aの部分より先のドリルの長さは取説によると11㎝です。

1074_CCSTOYS ラゼンガン
【足のドリル(×6)】
 足のドリル発射エフェクトパーツにドリルパーツを取り付けて再現します。
 エフェクトパーツはパープルのクリアパーツ製でディテールが造形と塗装で再現されています。
 取り付けるドリルは長さの違う①と②の片足計3本になります。

1075_CCSTOYS ラゼンガン
こちらのドリルも2パーツ構成となっており、Aの部分で上下に可動が可能です。
Aの部分より先のドリルの長さは取説によると①が13.5㎝、②が13㎝です。

1076_CCSTOYS ラゼンガン
こちらが足のドリル&ドリル発射エフェクトパーツを足に取り付けた状態となります。
エフェクトパーツは足の形とピッタリフィットするようデザインされており、一切ブレたりはしません。

1077_CCSTOYS ラゼンガン
【背中のドリル(×6)】
 こちらは背中のドリル射出口パーツを取り外すためのオープニングツールになります。

1078_CCSTOYS ラゼンガン
こちらがオープニングツールを使用して背中のドリル射出口パーツを取り外した状態(A)になります。

1079_CCSTOYS ラゼンガン
ドリル射出口パーツを取り外して露出した穴に背中のドリル発射エフェクトパーツを取り付けます。
ドリル発射エフェクトパーツは足のものと同様でパープルのクリアパーツ製です。
ドリル発射エフェクトパーツには3本のドリルを取り付けるための穴があります。

1080_CCSTOYS ラゼンガン
こちらが背中のドリル発射エフェクトパーツにドリルパーツを取り付けた状態です。
①が2本、②が1本、いずれも2パーツ構成で、Aの部分で左右に可動が可能です。
Aの部分より先のドリルの長さは取説によると①が19㎝、②が17㎝です。

1081_CCSTOYS ラゼンガン
【尻尾のドリル(左右)】
 股間パーツを一旦取り外し、股間後部に尻尾のドリルジョイントパーツ(A)を取り付け、再度股間パーツを取り付けます。

1082_CCSTOYS ラゼンガン
こちらが尻尾のドリルジョイントパーツにドリルを取り付けた状態になります。
こちらのドリルも2パーツ構成でAの部分で左右に可動します。
Aの部分より先のドリルの長さは取説によると17㎝です。

1083_CCSTOYS ラゼンガン
【フルドリライズの再現】
 これまでの説明通り、手、腕、背中、尻尾、膝、足のドリルを全て取り付けて再現します。
 言葉を失うくらいの圧倒的な迫力ですね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    玉座
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1084_CCSTOYS ラゼンガン
劇中でも登場した玉座が付属します。
ご覧の通り、玉座はかなりの大きさですが、とても軽いです。
また、良い感じにウェザリング塗装されており質感が良いです。

1085_CCSTOYS ラゼンガン
このようにラゼンガンを自然に座らせることが可能です。
尚、座らせる際には尻尾は取り外します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1086_CCSTOYS ラゼンガン

1087_CCSTOYS ラゼンガン

1109_CCSTOYS ラゼンガン

1088_CCSTOYS ラゼンガン

1089_CCSTOYS ラゼンガン

1090_CCSTOYS ラゼンガン

1091_CCSTOYS ラゼンガン

1092_CCSTOYS ラゼンガン

1093_CCSTOYS ラゼンガン

1094_CCSTOYS ラゼンガン

1095_CCSTOYS ラゼンガン

1096_CCSTOYS ラゼンガン

1097_CCSTOYS ラゼンガン

1098_CCSTOYS ラゼンガン

1099_CCSTOYS ラゼンガン

1100_CCSTOYS ラゼンガン

1101_CCSTOYS ラゼンガン

1102_CCSTOYS ラゼンガン

1103_CCSTOYS ラゼンガン

1104_CCSTOYS ラゼンガン

1105_CCSTOYS ラゼンガン

1106_CCSTOYS ラゼンガン

1107_CCSTOYS ラゼンガン

1108_CCSTOYS ラゼンガン



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ


【駿河屋】




このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事