30MM eEXM-S01U フォレスティエリ 01 レビュー

1001_30MM フォレスティエリ 01


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     1,210円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×6、ポリキャップ×1
 ■ 組み立て内容 素組み、各所スミ入れ


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_30MM フォレスティエリ 01

1003_30MM フォレスティエリ 01

1004_30MM フォレスティエリ 01

1005_30MM フォレスティエリ 01

1006_30MM フォレスティエリ 01


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_30MM フォレスティエリ 01
30MM eEXM-17 アルト [ ホワイト ]」、「30MM eEXM-21 ラビオット [ ダークグレー ]」、「30MM eEXM-30 エスポジット β」との比較。
 取説によると、この機体は地球連合軍の無人機でアルト、ラビオット、エスポジットの後継機です。
 マクシオン軍の機体の設計を採用しているそうで、各関節部のパーツや構成はこれまでの機体と異なり、
 スピナティオやスピナティアと同じとなっています。
 また、御覧の通り、他の3機体と比べると躯体がかなり小型化されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_30MM フォレスティエリ 01
【頭部(前面)】
 なんとも形容しがたいデザインです。
 なんというか、羊?のようにも見えます。
 前面のグリーンの部分はクリアパーツ製です。

1009_30MM フォレスティエリ 01
【頭部(側面)】
 頭部は奥行きのあるデザインとなっています。
 上からグリーンのクリアパーツ、ロイヤルブルーのパーツ、基部ホワイトのパーツを被せる構成のため、パーツ分割ラインは出ません。

1010_30MM フォレスティエリ 01
【頭部(後面)】

1011_30MM フォレスティエリ 01
【頭頂部】

1012_30MM フォレスティエリ 01
【胴体(前面)】
 胸部、腹部、腰部のブロック構成となっています。
 腹部が胸部や腰部に比べて極端にスリムなフォルムとなっています。
 胸部中央のグリーンの部分はクリアパーツ製です。
 股間下部には軸ジョイントがあります。

1013_30MM フォレスティエリ 01
首ジョイントは基部がC型となっており、スピナティオやスピナティアと同じパーツが使用されています。

1014_30MM フォレスティエリ 01
胸中央のグリーンのクリアパーツを取り外すと3㎜丸形ハードポイントが3か所露出します。

1015_30MM フォレスティエリ 01
腹部はこれまでの地球連合軍の機体では上部がL字型でしたが、
今回は軸ジョイントにポリキャップを取り付ける構成となっており、
こちらもスピナティオやスピナティアと同じです。
下部は軸ジョイントにポリキャップを取り付ける構成です。

1016_30MM フォレスティエリ 01
腹部は前後2パーツを組み合わせる構成で、後部のパーツは左右に回転可動が可能です。

1017_30MM フォレスティエリ 01
腰下部にはアクションベースに対応した3㎜丸形の穴があります。

1018_30MM フォレスティエリ 01
腰側の股関節パーツは左右セパレート仕様で、前方への回転可動が可能です。

1019_30MM フォレスティエリ 01
【胴体(側面)】
 胸部は前後2パーツを組み合わせる構成のため、中央にモールド状のパーツ分割ラインが出ます。
 腰側面には軸ジョイントがあります。

1020_30MM フォレスティエリ 01
【胴体(後面)】
 背中にはモナカ仕様のバックパックが取り付けられています。
 バックパックには3㎜丸形ハードポイントが3か所、長方形型ハードポイント、下部に軸ジョイントがあります。

1021_30MM フォレスティエリ 01
バックパック両側面には軸があり、外装パーツ(A)が取り付けられています。
外装パーツ上部には3㎜丸形ハードポイント、下部には正方形型のハードポイントがあります。

1022_30MM フォレスティエリ 01
外装パーツは前後に回転可動が可能です。

1023_30MM フォレスティエリ 01
別途、軸×C型ジョイントパーツが付属し、バックパックなどのハードポイントに取り付けることが可能です。

1024_30MM フォレスティエリ 01
バックパックを取り外すと3㎜丸形ハードポイントが3か所露出します。
また、股間上部に3㎜丸形ハードポイントがあります。

1025_30MM フォレスティエリ 011026_30MM フォレスティエリ 01
1027_30MM フォレスティエリ 011028_30MM フォレスティエリ 01
【腕部】
 腕部は肩、肩ジョイント、上腕、肘ジョイント、肘ジョイントカバー、前腕、前腕外装、手のブロック構成となっています。
 各関節部には胴体同様、スピナティオやスピナティアと同じジョイントパーツが使用されています。
 上腕は1パーツ、前腕は左右2パーツを組み合わせる構成で、中央にモールド状のパーツ分割ラインが出ます。

1029_30MM フォレスティエリ 01
肩は前後2パーツを組み合わせる構成で、ヒンジジョイント(グレー)は後はめ仕様となっています。

1030_30MM フォレスティエリ 01
【肩パーツを取り外した状態】
 肩ジョイントは前後2パーツを組み合わせる構成で、上下に回転可動が可能です。
 胴体側はボールジョイント型、上腕側は軸ジョイント型となっています。

1031_30MM フォレスティエリ 01
別途、胴体側の軸の短いジョイントパーツ(C)も付属します。
これはスピナティオやスピナティアの素体用ジョイントパーツと同じです。
つまり余剰パーツですね。

1032_30MM フォレスティエリ 01
【上腕パーツと肘ジョイントカバーパーツを取り外した状態】
 肘ジョイントパーツは筒×C型となっています。

1033_30MM フォレスティエリ 01
前腕外側の外装パーツを取り外すと3㎜丸形ハードポイントが露出します。
手は甲と指の2パーツ構成です。

1034_30MM フォレスティエリ 01
【平手パーツ(左右)】
 甲パーツは握り手と共通です。

1035_30MM フォレスティエリ 01
【手首に角度の付いた手パーツ(右のみ)】
 こちらも甲パーツは握り手と共通です。

1036_30MM フォレスティエリ 011037_30MM フォレスティエリ 01
1038_30MM フォレスティエリ 011039_30MM フォレスティエリ 01
【脚部】
 脚部は股関節(脚部側)、もも、もも外装、膝ジョイント、膝ジョイントカバー、すね、足首ジョイント、足のブロック構成です。
 こちらも胴体、腕部同様、各関節部にはスピナティオやスピナティアと同じパーツが使用されています。
 もも前面、もも外装、すね両側面に3㎜丸形ハードポイント、もも外装下部に軸ジョイント、
 もも側面、もも外装に正方形型のハードポイント、足後部に軸ジョイントがあります。
 ももは前後2パーツを組み合わせる構成でモールド状のパーツ分割ラインが出ます。
 すねは左右2パーツを組み合わせる構成です。

1040_30MM フォレスティエリ 01
股関節(脚部側)は前後2パーツを組み合わせる構成で、左右に回転可動が可能です。
もも側は軸ジョイント型となっており、ポリキャップを取り付けます。

1041_30MM フォレスティエリ 01

【もも外装パーツを取り外した状態】
 内側同様、正方形型のハードポイントが露出します。

1042_30MM フォレスティエリ 01
【膝ジョイントカバーパーツを取り外した状態】
 膝ジョイントパーツはC型×C型となっています。

1043_30MM フォレスティエリ 01
足首ジョイントパーツはC型×ボールジョイントとなっています。

1044_30MM フォレスティエリ 01
足裏には3㎜丸形ハードポイントがあります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    武装
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1045_30MM フォレスティエリ 01
【ライフル】
 銃身はモナカ仕様、砲口部は別パーツ構成となっています。
 銃身部に3㎜丸形ハードポイントと軸ジョイントがあります。

1046_30MM フォレスティエリ 01
ライフルはバックパックの長方形型ハードポイントにグリップを差し込み、装備させることが可能です。

1047_30MM フォレスティエリ 01
【ビームソード】
 グリップとクリアパーツ製のビーム刃パーツの構成です。
 グリップに本体との接続用のピンがあります。
 全キットを持っている訳ではないので断言はできませんが、恐らくこれが30MMシリーズ初のビームソード兵器だと思います。

1048_30MM フォレスティエリ 01
ビームソードグリップはグリップのピンをバックパック外装のハードポイントに取り付けて装備させることが可能です。

1049_30MM フォレスティエリ 01
また、もも外装のハードポイントにも装備可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    ロイロイ
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1050_30MM フォレスティエリ 01
【前面】
 これまでのロイロイとデザインが全く異なる新規造形ロイロイです。
 A~Cの3パーツで構成されています。
 AパーツとBパーツ、BパーツとCパーツは3㎜丸形ハードポイントと軸接続です。

1051_30MM フォレスティエリ 01
【上面】
 上面には3㎜丸形ハードポイントがあります。
 またBパーツのパイプのような部分には軸ジョイントがあります。

1052_30MM フォレスティエリ 01
【下面】
 下面にも3㎜丸形ハードポイントがあります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1053_30MM フォレスティエリ 01
腕は外側へ135°、上腕ロール可動、肘135°可動。
脚は外側へ45°、ももロール可動、膝約180°、足首は前後・左右に45°可動。

1054_30MM フォレスティエリ 01
胸部と腰部は360°回転可動。
脚は前後に90°可動。

1055_30MM フォレスティエリ 01
胸部と腰部はこの程度、左右に可動します。

1056_30MM フォレスティエリ 01
首、胸部、腰部はこの程度、前屈します。

1057_30MM フォレスティエリ 01
首、胸部、腰部はこの程度、後屈します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1058_30MM フォレスティエリ 01

1059_30MM フォレスティエリ 01

1060_30MM フォレスティエリ 01

1061_30MM フォレスティエリ 01

1062_30MM フォレスティエリ 01

1063_30MM フォレスティエリ 01

1064_30MM フォレスティエリ 01

1065_30MM フォレスティエリ 01

1066_30MM フォレスティエリ 01

1067_30MM フォレスティエリ 01

1068_30MM フォレスティエリ 01

1069_30MM フォレスティエリ 01

1070_30MM フォレスティエリ 01

1071_30MM フォレスティエリ 01

1072_30MM フォレスティエリ 01

1073_30MM フォレスティエリ 01

1074_30MM フォレスティエリ 01

1075_30MM フォレスティエリ 01

1076_30MM フォレスティエリ 01



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事