SD 三国創傑伝 馬超ガンダムバルバトス レビュー

1001_SD 馬超バルバトス


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     770円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×8
 ■ 組み立て内容 素組み、シール貼り、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_SD 馬超バルバトス
ゴールドの部分は「タミヤカラースプレー TS-21 ゴールド」、
シルバーの部分は「タミヤカラースプレー TS-76 マイカシルバー」、
ブルーの部分は「タミヤカラースプレー TS-15 ブルー」、
レッドの部分(額)は「タミヤカラースプレー TS-18 メタリックレッド」で塗装後、
「クレオス Mr.スーパークリアー 溶剤系スプレー 光沢」でトップコート処理をしました。

1003_SD 馬超バルバトス

1004_SD 馬超バルバトス

1005_SD 馬超バルバトス

1006_SD 馬超バルバトス


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_SD 馬超バルバトス
【頭部(前面)】
 アンテナの形状が若干異なりますが、額やほほ、あごのデザインなどはオリジナルにかなり近いデザインになっています。
 あごのレッドの部分はクリアパーツ製です。
 ほほのシルバーの部分はパーツにて色分けされています。

2001_SD 馬超バルバトス
ツインアイはシールで補います。

1008_SD 馬超バルバトス
【頭部(側面)】
 側面のディテールもオリジナルにかなり近いです。
 頭部は前後のパーツを組み合わせる構成のため、中央にパーツ分割ラインが出ます。

1009_SD 馬超バルバトス
【頭部(後面)】
 後頭部のディテールは造形で再現されています。

1010_SD 馬超バルバトス
【頭頂部】
 頭頂部中央の部分にはクリアパーツ(イエロー)が使用されています。

1011_SD 馬超バルバトス
【胸部(前面)】
 ダクトの部分などはオリジナルに近いデザインとなっており、腹部にはガンダムフレームが再現されています。

1012_SD 馬超バルバトス
【胸部(側面)】

1013_SD 馬超バルバトス
【胸部(後面)】
 背中には3㎜丸形ハードポイントが3か所ありますが、今回特に使用しません。

1014_SD 馬超バルバトス
【腕(前面)】
 前腕側面には大型武装の「竜脚装」が取り付けられています。
 「竜脚装」の上下、外側にはクリアパーツ(イエロー)が取り付けられています。

1015_SD 馬超バルバトス
【腕(側面)】

1016_SD 馬超バルバトス
【腕(後面)】

1017_SD 馬超バルバトス
「竜脚装」はジョイントがヒンジで内側への可動が可能です。

1018_SD 馬超バルバトス
「竜脚装」のジョイント(シルバー)を可動させ、収納状態にすることができます。
 また、「竜脚装」の内部にはクリアパーツ製のホースメモリ(A)を取り付けることができます。

1019_SD 馬超バルバトス
馬超ガンダムバルバトスでは足先のデザインの都合で無理ですが、他のキットの足に「竜脚装」を取り付けることができます。
こちらは「SDW アーサーガンダムMk-III」の足に「竜脚装」を取り付けた状態です。
その際、かかとに当たるパーツは下方へ可動させます。

1020_SD 馬超バルバトス
【腕(前面:竜脚装を取り外した状態)】
 肩3パーツ、硬質製ポリキャップ(腕基部)、腕は左右2パーツ、手で構成されています。
 肘は可動しません。

1021_SD 馬超バルバトス
【腕(側面:竜脚装を取り外した状態)】
 肩側面にパーツ分割ラインが出ます。
 肘に「竜脚装」のジョイントを取り付けるための3㎜丸形ハードポイントがあります。

1022_SD 馬超バルバトス
【腕(後面:竜脚装を取り外した状態)】

1023_SD 馬超バルバトス
肩や腕は外側へこの程度、可動します。

1024_SD 馬超バルバトス
【大禍鎚(おおまがつち)】
 バルバトスのメイスに似たデザインの武装です。
 1パーツ構成で全面クリアパーツ製です。
 グリップ基部に「竜脚装」の外側のパーツを取り付けて再現します。

1025_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(前面)】
 フロントアーマーは4パーツ構成、上部のレッドの部分はクリアパーツ製です。
 フロントアーマーのホワイトの部分はオリジナルに近いデザインとなっています。

1026_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(側面)】
 布状のデザインのサイドアーマーは2パーツ構成で、もも上部のボールジョイントに接続されています。

1027_SD 馬超バルバトス
サイドアーマーは上方へこの程度、可動します。

1028_SD 馬超バルバトス
サイドアーマーは前後に回転可動します。

1029_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(後面)】
 リアアーマーは2パーツ構成です。
 リアアーマーのディテールは造形で再現されています。

1030_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(前面:フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)】
 脚はもも、サイドアーマージョイント、すね、硬質製ポリキャップ(すね下部)、足2パーツの構成です。

1031_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(側面:フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)】
 足下部はクリアパーツ製(イエロー)です。
 足側面のレッドのラインはシールで補います。

1032_SD 馬超バルバトス
【腰部・脚部(後面:フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)】

1033_SD 馬超バルバトス
腰下部にはアクションベースに対応した丸形の穴があります。

1034_SD 馬超バルバトス
足裏には3㎜丸形ハードポイントが1か所ありますが、今回は特に使用しません。

1035_SD 馬超バルバトス
脚は外側へ45°、足首は左右に45°可動(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1036_SD 馬超バルバトス
腰部は360°回転可動(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)
脚は前後に90°可動(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1037_SD 馬超バルバトス
膝90°、足首は前後に45°可動(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1038_SD 馬超バルバトス
腰部は左右にこの程度、可動します(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1039_SD 馬超バルバトス
首、胸部、腰部はこの程度、前屈します(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1040_SD 馬超バルバトス
首、胸部、腰部はこの程度、後屈します(フロント、サイド、リアアーマーを取り外した状態)

1041_SD 馬超バルバトス
馬超ガンダムバルバトスは別売りの「SD トリニティバイク」に搭乗することができます。
その際、リアアーマーと「龍脚装」は「SD トリニティバイク」に取り付けます。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1042_SD 馬超バルバトス

1043_SD 馬超バルバトス

1044_SD 馬超バルバトス

1045_SD 馬超バルバトス

1046_SD 馬超バルバトス

1047_SD 馬超バルバトス

1048_SD 馬超バルバトス

1049_SD 馬超バルバトス

1050_SD 馬超バルバトス

1051_SD 馬超バルバトス

1052_SD 馬超バルバトス

1053_SD 馬超バルバトス

1054_SD 馬超バルバトス

1055_SD 馬超バルバトス

1056_SD 馬超バルバトス

1057_SD 馬超バルバトス

1058_SD 馬超バルバトス



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ









このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップ