30MM bEXM-29 ガルドノヴァ [ ブラウン ] レビュー

1001_30MM ガルドノヴァ


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     1,518円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×8、ポリキャップ×1
 ■ 組み立て内容 素組み、各所スミ入れ


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    機体説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 バイロン軍で開発された重装型エグザマクスの拠点攻撃型モデル。
 肩部バーニア噴射による横移動と大型脚部による跳躍を得意とし、重装型らしからぬ俊敏性を獲得している。
 ドラムマガジンを装着した装弾数に優れるサブマシンガンによる中遠距離射撃と破壊力抜群の大型クローを駆使し、戦場を切り開く。
 レヴェルノヴァの一部装甲や武装を装備することで機体性能を大幅に向上させることが可能である。
 - 取説より -


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_30MM ガルドノヴァ

1003_30MM ガルドノヴァ

1004_30MM ガルドノヴァ

1005_30MM ガルドノヴァ

1006_30MM ガルドノヴァ


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_30MM ガルドノヴァ
30MM bEXM-28 レヴェルノヴァ [ グリーン ] 」との比較。
 各関節部、胸部、腹部、腰部、サイドアーマー、肩、上腕、ももにはレヴェルノヴァと同じパーツが使用されており、
 胸部外装、肩バーニア、大型クロー、すね、足が新規造形となっています。

 関節仕様や可動範囲は「レヴェルノヴァ 」とほぼ同じなので
 詳細は以下のレビュー記事をご参照下さいませ。m(_ _)m

 30MM bEXM-28 レヴェルノヴァ [ グリーン ] レビュー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_30MM ガルドノヴァ
【胴体(前面)】
 胸部外装にモノアイが取り付けられており、頭部がないデザインとなっています。

1009_30MM ガルドノヴァ
【胸部外装(前面)】
 レッドのモノアイはクリアパーツ製です。
 外装下部には3㎜丸型ハードポイントがあります。

1010_30MM ガルドノヴァ
【胸部外装(上面)】
 胸部外装(上面)部は胸部外装(前面)部と、別パーツ構成となっており、中央に3㎜丸型ハードポイントがあります。

1011_30MM ガルドノヴァ
【胸部外装を取り外した状態】
 この状態だと、頭部はありませんが、サイドアーマー部を除けば、レヴェルノヴァと同じデザインとなります。
 胸部中央に3㎜丸型ハードポイントがあります。

1012_30MM ガルドノヴァ
レヴェルノヴァと同じ首ジョイントが内蔵されているので、引き出すことで他のキットの頭部パーツを取り付けることが可能です。

1013_30MM ガルドノヴァ
フロントアーマーは股間部と軸接続で上方へこの程度、可動が可能です。

1014_30MM ガルドノヴァ
腰下部にはアクションベースに対応した丸型の穴があります。

1015_30MM ガルドノヴァ
【胴体(側面)】
 胸部中央にモールド状のパーツ分割ラインがでます。
 腹部は1パーツ構成です。
 レヴェルノヴァではもも側面に取り付けられていたパーツがサイドアーマーとして取り付けられています。
 サイドアーマー上部には3㎜丸型ハードポイントがあります。

1016_30MM ガルドノヴァ
サイドアーマー部は2パーツ構成となっています。
こちらは外側のパーツを取り外した状態です。

1017_30MM ガルドノヴァ
サイドアーマーは腰部ジョイントと軸接続となっており、上方へこの程度、可動が可能です。

1018_30MM ガルドノヴァ
また、前後への回転可動も可能です。

1019_30MM ガルドノヴァ
【胴体(後面)】
 サイドアーマーを除けば、バックパック含め、レヴェルノヴァと同じデザインです。
 バックパックには3㎜丸型ハードポイントが3ヶ所、軸ジョイントが2ヶ所、腰部には3㎜丸型ハードポイントが1ヶ所あります。

1020_30MM ガルドノヴァ
【バックパックを取り外した状態】
 3㎜丸型ハードポイントが3ヶ所あります。

1021_30MM ガルドノヴァ1022_30MM ガルドノヴァ
1023_30MM ガルドノヴァ1024_30MM ガルドノヴァ
【腕部】
 大型クローが特徴的なデザインとなっています。
 肩(バーニアを除く)と上腕はレヴェルノヴァと同じデザインです。

1025_30MM ガルドノヴァ
【肩(前面)】
 肩は前後2パーツ構成で、レヴェルノヴァと同じデザインですが、側面にバーニアパーツが新規で取り付けられています。

1026_30MM ガルドノヴァ
バーニアパーツは【軸×C型】ジョイントで肩パーツに接続されています。

1027_30MM ガルドノヴァ
【肩(上面)】
 軸ジョイントが1ヶ所あります。
 また、パーツ分割ラインが目立たない作りとなっています。

1028_30MM ガルドノヴァ
肩パーツはヒンジで上方へ、バーニアもヒンジで下方への可動が可能です。

1029_30MM ガルドノヴァ
【大型クロー(外側)】
 大型クローは上部、下部、クロー部で構成されています。
 外側には3㎜丸型ハードポイントが3ヶ所あります。
 また、クロー部には正方形型のハードポイントが1ヶ所あります。

1030_30MM ガルドノヴァ
【大型クロー(内側)】
 クロー下部に3㎜丸型ハードポイントが1ヶ所あります。
 クロー上部と下部は【C型×C型】ジョイント、クロー下部とクロー部は【C型×C型】ジョイントで接続されています。

1031_30MM ガルドノヴァ
肘(A)は内側へ90°、クロー上部と下部の接続部(B)は内側へ90°可動。
クロー基部(C)とクロー(D)は内側へ90°可動。

1032_30MM ガルドノヴァ
肘は外側へ45°、クロー基部(B)とクロー(C)は外側へ90°可動。

1038_30MM ガルドノヴァ
【サブマシンガン】
 サブマシンガンはこのようにクロー部のハードポイントにグリップを取り付けて保持します。
 サブマシンガンはモナカ仕様で、砲口部とドラムマガジンは別パーツとなっています。

1039_30MM ガルドノヴァ
【サブマシンガン(前面)】
 ドラムマガジンは前後2パーツ構成です。

1040_30MM ガルドノヴァ
【サブマシンガン(ドラムマガジンを取り外した状態)】
 サブマシンガン上面には長方形型のハードポイントが1ヶ所あります。

1033_30MM ガルドノヴァ1034_30MM ガルドノヴァ
1035_30MM ガルドノヴァ
【脚部】
 ももはレヴェルノヴァと同じデザインですが、側面の外装パーツがないデザインとなっています。
 すねと足は新規造形です。
 もも側面にパーツ分割ラインが出ます。
 もも前面に3㎜丸型ハードポイントが1ヶ所、もも両側面に正方形型のハードポイント、すね両側面に3㎜丸型ハードポイントがあります。

1036_30MM ガルドノヴァ
【足】
 足は1パーツ構成で、かなり平べったいデザインとなっています。

1037_30MM ガルドノヴァ
【足裏】
 足裏は肉抜き多数で、3㎜丸型ハードポイントが1ヶ所あります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    レヴェルノヴァとの組み合わせ例
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1041_30MM ガルドノヴァ
取説にもあるように、レヴェルノヴァとガルドノヴァのパーツを自由に組み合わせて、このようにカスタマイズすることが可能です。

1042_30MM ガルドノヴァ


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1043_30MM ガルドノヴァ

1044_30MM ガルドノヴァ

1045_30MM ガルドノヴァ

1046_30MM ガルドノヴァ

1047_30MM ガルドノヴァ

1048_30MM ガルドノヴァ

1049_30MM ガルドノヴァ

1050_30MM ガルドノヴァ

1051_30MM ガルドノヴァ

1052_30MM ガルドノヴァ

1053_30MM ガルドノヴァ

1054_30MM ガルドノヴァ

1055_30MM ガルドノヴァ

1056_30MM ガルドノヴァ

1057_30MM ガルドノヴァ

1058_30MM ガルドノヴァ



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事