HG ガンダムキマリスヴィダール レビュー

HG キマリスヴィダール1


【組み立て内容】
素組み、アンテナダボ切り加工、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ。


【全体】

HG キマリスヴィダール2HG キマリスヴィダール3
HG キマリスヴィダール4HG キマリスヴィダール5
HG キマリスヴィダール6HG キマリスヴィダール7
全体的な印象としてはキマリストルーパーとヴィダールを合体させたようなデザイン。
カラーリングはキマリストルーパー寄りデス。
尚、取説によるとヴィダールの3つ目のエイハブ・リアクターは機体の固有周波数を偽装する目的で装備されていたそうで
この機体からパージされているらしいデス。


【各部位】

HG キマリスヴィダール8
顔はキマリスとキマリストルーパーを足したようなデザイン。
ヴィダールも良いけどこの顔もかなり好み。
ツインアイはシール。

HG キマリスヴィダール9
遠めだと分かり難いと思ってアップで撮影したのですが
顔の凹凸が激しくて余計見難くなる罠。
一応、焦点はツインアイに合わせています。

HG キマリスヴィダール10
横から見た感じはキマリストルーパーに近いですね。
トルーパーよりモールドがかなり少なくなっていてスミ入れは楽でした。
サイドのイエローはパーツ色分け。

HG キマリスヴィダール11

HG キマリスヴィダール12
胸部はガエリオのこれまでの機体のどれとも違うデザイン。
中央のホワイトはパーツにて色分け。

HG キマリスヴィダール13
腹部
この辺りは相変わらずガンダムフレームが露出。

HG キマリスヴィダール14
フロントアーマー
上部のイエローはシール。

HG キマリスヴィダール15
胴体を横から見るとこんなん。
胸部がかなり出っ張っているのが分かると思います。

HG キマリスヴィダール16
背部シールドサブアームユニット×2
詳細は後述します。

HG キマリスヴィダール17
サブアームユニットを取り外した状態。

HG キマリスヴィダール18
リアアーマー
リアアーマーが大きいのはキマリス系の特徴かな。
下部イエローはパーツにて色分け。

HG キマリスヴィダール19
リアアーマーを前面から見るとこんな感じ。
イエローのパーツでディテールを再現しています。

HG キマリスヴィダール20HG キマリスヴィダール21
HG キマリスヴィダール22HG キマリスヴィダール23
四肢はやはりこれまでの機体とは異なったデザイン。
足なんかはややヴィダールに近い印象を受けましたがどうなんでしょう。
脚のイエローは全てパーツにて色分け。

HG キマリスヴィダール24
肩周り。

HG キマリスヴィダール25
腕周り。
肘のブルーはシール。
これが貼り難いのって貼り難くないのって超貼り難いデス。

HG キマリスヴィダール26
サイドアーマー
イエローはパーツにて色分け。

HG キマリスヴィダール27
腿周り。
膝上部のイエローのパーツに後述にドリルニーパーツを取り付けます。

HG キマリスヴィダール28
足周り。
この形状なんかはヴィダールに似てるような気がします。
少なくともキマリス系ではないな。

HG キマリスヴィダール29
足裏。

HG キマリスヴィダール30
股間下部にはスタンド用凹部があります。内部ポリキャップ仕様。

HG キマリスヴィダール31
シールド×2
背部サブアームユニットに連結されています。
中央にはボードウィン家の家紋シール。

HG キマリスヴィダール32
シールド背面
きっちりモールド処理が施されています。

HG キマリスヴィダール33
シールド内部にはダインスレイブ用特殊KEP弾を内蔵可能デス。

HG キマリスヴィダール34
パーツ付け替えでダインスレイブ発射態勢を再現可能。

HG キマリスヴィダール35
サブアームは全5パーツ構成。基部含め6箇所可動。


【武装他】

HG キマリスヴィダール36
ドリルランス
聞いただけで超胸熱になるような名前がグッジョブ。
軽めですがかなり大きいので手首が完璧にヘタれます。
なので振り下ろすポージングなどを取る場合は両手で柄を保持した方が良いと思います。

HG キマリスヴィダール37
柄の部分。
手パーツとのホールド感はそこそこ。

HG キマリスヴィダール38
ランス裏面は別パーツ構成。
モールドもしっかりと施されています。

HG キマリスヴィダール39
ランス側面のイエローパーツにはダインスレイブの特殊KEP弾を挿入する事が可能です。詳しくは後ほど。

HG キマリスヴィダール40
先端部分はドリル仕様ですが回転ギミックはオミットされています。

HG キマリスヴィダール41
ダインスレイブ発射態勢。
シールドから特殊KEP弾を取り出しドリルランス側面のイエローパーツ内部に挿入します。
尚、この際シールドはパーツ付け替えでダインスレイブ発射態勢仕様へ変更します。(先端パーツがスライドした状態)

HG キマリスヴィダール42
特殊KEP弾はダボ付きなのでここまでが挿入限界。

HG キマリスヴィダール43
後ろから見るとこんなん。
シールドとドリルランスは特殊KEP弾にて接続されていますが
やはり手で保持してあげないと安定しません。

HG キマリスヴィダール44

下手に名前が付いていない所がいかにも無骨でオルフェンズっぽいデス。

HG キマリスヴィダール45
刀は両サイドアーマー上部にマウント可能。

HG キマリスヴィダール46
ドリルニー×1
どこかで聞いた名前だなぁ・・・(´-ω-`)
石動をブッ刺して名をあげた?武装。
膝上部のイエローパーツに差し込む仕様。
形状が木工用ドリルっぽくて良い感じ。

HG キマリスヴィダール47
角度付き手パーツが右のみ付属します。


【比較】

HG キマリスヴィダール48
HGキマリストルーパーと。
意外だったのが体高が随分と違っていた事。
なんか、こうやって並べると顔も全体のデザインはキマリス系よりヴィダールに近いのかもと思えてしまう。
ブルー?パープル?のカラーリングも大分違いますしね。

HG キマリスヴィダール49
後ろから。
リアアーマーの大きさは完璧にトルーパーWIN。

HG キマリスヴィダール50
横からも。
やっぱ、トルーパーの頭部のモールド尋常じゃないね。


【可動範囲】

HG キマリスヴィダール51HG キマリスヴィダール52
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、
足首45°、足先は下方へ90°可動。
股関節は垂直方向に前方90°、後方は不可、
腰は360°回転可動。

HG キマリスヴィダール53HG キマリスヴィダール54
前屈後屈

HG キマリスヴィダール55HG キマリスヴィダール56
肩アーマーは上方へ90°可動。フロントアーマーは上方へ90°、サイドアーマーは上方へ45°可動。


【アクションタイム】

HG キマリスヴィダール57

HG キマリスヴィダール58

HG キマリスヴィダール59

HG キマリスヴィダール60

HG キマリスヴィダール61

HG キマリスヴィダール62

HG キマリスヴィダール63

HG キマリスヴィダール64

HG キマリスヴィダール65

HG キマリスヴィダール66

HG キマリスヴィダール67

HG キマリスヴィダール68

HG キマリスヴィダール69

HG キマリスヴィダール70

HG キマリスヴィダール71

HG キマリスヴィダール72

HG キマリスヴィダール73

HG キマリスヴィダール74

HG キマリスヴィダール75

HG キマリスヴィダール76

HG キマリスヴィダール77

HG キマリスヴィダール78

HG キマリスヴィダール79

HG キマリスヴィダール80

HG キマリスヴィダール81

HG キマリスヴィダール82

HG キマリスヴィダール83



本日の玩具レビューは「HG ガンダムキマリスヴィダール」です。

アニメを最初から視聴していたからなのか

どうも主人公よりマッキーとガエリオの因縁の対決の方に胸が熱くなる今日この頃。

取説によると300年前の厄祭戦ではアグニカの乗るバエルと

ボードウィン家の超おじいちゃんがキマリスで一緒に戦ったそうなので

それも踏まえるとこのバトルは胸熱デス。

2期のMSではヴィダールがダントツぶっちぎり1位でLOVEだったのですが

この子は2位に見事ランクイン。 バエルは・・・・もう負けてもいいよ、ほんと (´・ω・`)

デザインもですが

ドリルランス、ドリルニー、刀、シールド、ダインスレイブ発射機構とてんこ盛りで

もうお腹一杯。マジ超胸熱。

デザインでもキットとしてもバエルに勝ちめはないかな。

スミ入れ箇所多めで結構キツイですがみんな、がんばって組みましょう!


あー、そうそう

どうでも良いネタですが

今回から撮影するにあたって

照明を新しくしまして、それからカメラの露出を上げたので

少しは見やすい画像になっているかと思いますデス。

これからもちょいちょい調整していきま~す。


ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ


amazon と あみあみ で (゚Д゚)ノ 売ってるよん♪

関連記事

0 Comments

Post a comment