HG - 機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy - ホワイトライダー レビュー 【 プレミアムバンダイ 限定 】

1001_HG ホワイトライダー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     2,420円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×7、ポリキャップ×1、シール×2
 ■ 組み立て内容 素組み、フロントアーマー中央部切断加工、シール貼り、各所スミ入れ、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_HG ホワイトライダー
当キットはシールの選択により、ノーマル状態、ZEUS発動状態を再現可能です。
今回はZEUS発動状態の再現を選択しました。
尚、ベースキットは「HG ペイルライダー」です。

1003_HG ホワイトライダー

1004_HG ホワイトライダー

1005_HG ホワイトライダー

1006_HG ホワイトライダー


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_HG ホワイトライダー
HGUC 機動戦士ガンダム ザクII」との比較。
 ザクⅡと比べると肩の位置も違いますし、頭部が特徴的なデザインなので、全体的に高さがあります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_HG ホワイトライダー
【頭部(前面)】
 頭部は新規造形となっています。
 王冠を被ったような特殊なデザインとなっています。
 王冠部(イエロー)は2パーツ構成です。

2001_HG ホワイトライダー
王冠部のレッドのマークとツインアイはシールで補います。
ZEUS発動状態ではレッドですが、ノーマル状態ではブルーです。

1009_HG ホワイトライダー
【頭部(側面)】
 王冠の突起は計8本あり、立体的なデザインとなっています。
 
2002_HG ホワイトライダー
王冠部のレッドのマークとほほのダクトはシールで補います。

1010_HG ホワイトライダー
【頭部(後面)】
 頭部は左右のパーツを組み合わせる構成のため、下部中央に一部パーツ分割ラインが出ます。

2003_HG ホワイトライダー
王冠部のレッドのマークはシールで補います。

1011_HG ホワイトライダー
【頭頂部】
 頭頂部の蓋(グレー)は1パーツ構成です。

1012_HG ホワイトライダー
【胴体(前面)】
 胸部、胸部外装(イエロー)、フロントアーマーが新規造形となっています。
 腹部は1パーツ構成で胸部、腰部とポリキャップ接続になっています。
 今回、胸部左側には付属のマーキングシールを貼っています。
 
2004_HG ホワイトライダー
胸部ダクト、腰部のゴールドの部分などはシールで補います。
ゴールドの部分はノーマル状態ではブラックです。

1013_HG ホワイトライダー
フロントアーマーは1パーツ構成ですが、今回は中央で切断し、セパレート仕様にしました。
フロントアーマーは上方へこの程度、可動が可能です。

1014_HG ホワイトライダー
腰下部にはアクションベースに対応した丸型の穴があります。

1015_HG ホワイトライダー
【胴体(側面)】
 胸部側面にモールド状のパーツ分割ラインが出ます。
 サイドアーマーにはヒート・レイピア用ジョイントパーツを取り付けるための長方形型のハードポイントがあります。

1016_HG ホワイトライダー
サイドアーマーは腰部とポリキャップ接続で前後に可動します。
また、上方への可動も可能です。

1017_HG ホワイトライダー
【胴体(後面)】
 バックパックは「HG ペイルライダー」と同じデザインですが、リアアーマーが新規造形となっています。
 背中下部には試作型シェキナーやウイングのアーム用ジョイントパーツが取り付けられています。

2005_HG ホワイトライダー
リアアーマー下部のゴールドはシールで補います。
ノーマル状態ではこちらはブラックになります。

1019_HG ホワイトライダー
【試作型シェキナー(前面)】
 新規造形です。
 計16パーツ構成。
 砲身部はモナカ仕様です。

2006_HG ホワイトライダー
前面上部の丸い部分(ホワイト)と砲身部のゴールドのラインはシールで補います。
ゴールドのラインはノーマル状態ではイエローになります。

1020_HG ホワイトライダー
【試作型シェキナー(側面)】
 細部のディテールは造形で再現されています。

2007_HG ホワイトライダー
側面上部のグレーの部分はシールで補います。

1021_HG ホワイトライダー
【試作型シェキナー(後面)】
 後面上部のピンとアームを接続します。

2008_HG ホワイトライダー
後面のゴールドのラインもシールで補います。

1022_HG ホワイトライダー
アームは計5パーツ構成で、本体ジョイント側(A)と試作型シェキナー側(D)の部分にはポリキャップが組み込まれています。
Bの部分は軸可動、Cの部分はヒンジ可動で、A~Dの部分でアームはフレキシブルに可動します。

1023_HG ホワイトライダー
【試作型シェキナー(側面:内側)】
 内側にはフォアグリップが取り付けられています。
 また、後部には本体の手パーツで保持するためのグリップが取り付けられています。

1024_HG ホワイトライダー
本体の手パーツでグリップを保持する際は上部のカバーを一旦、可動させる必要があります。
また、砲身後部のブラックのパーツと本体前腕のハードポイントを接続して固定させることができます。

1025_HG ホワイトライダー
【本体の手パーツでグリップを保持した状態】

1026_HG ホワイトライダー
砲口部は別パーツ構成となっています。
下部にはガトリングガンらしきパーツが取り付けられています。

1027_HG ホワイトライダー
フォアグリップは前後に可動が可能です。

1028_HG ホワイトライダー
【試作型シェキナー メガ・ビーム・ランチャー砲撃形態】
 砲口部を前方へスライド可動させ、上下のカバーパーツ展開、別途付属するアームパーツ(ホワイト)で支えて再現します。

2009_HG ホワイトライダー
砲口部をスライド可動させると露出するゴールドの部分はシールで補います。
この部分はノーマル状態ではイエローになります。

1029_HG ホワイトライダー
砲撃形態では、上下カバーパーツに内蔵されたパーツ(ダークグレー)の取り付け位置を変更し、
その下にアームパーツを差し込んで、カバーパーツを支えます。

1030_HG ホワイトライダー
【ウイング】
 計3枚構成になっており、1枚は外側のウイングに折り畳まれた状態で収納されています。

1031_HG ホワイトライダー
ウイングのアームはAとBの箇所が軸接続となっており、ウイングを後方・下方へ可動させることが可能です。

1032_HG ホワイトライダー
各ウイングは外側への可動が可能です。

1033_HG ホワイトライダー
収納されたウイング(A)は3ヶ所のヒンジパーツで展開が可能です。

2010_HG ホワイトライダー
ウイング表面のグレーの部分とフレームのイエローのラインはシールで補います。

1034_HG ホワイトライダー1035_HG ホワイトライダー
1036_HG ホワイトライダー
【腕部】
 基本的には「HG ペイルライダー」と同じデザインですが、右前腕外側のパーツのみ新規造形となっています。
 上腕は1パーツ構成、肩側面、前腕前面下部、前腕後面にパーツ分割ラインが出ます。
 前腕側面上部のハードポイントは試作型シェキナーを固定するために使用します。
 前腕後面のハードポイントは今回は特に使用しません。

1037_HG ホワイトライダー
【肩(前面)】
 肩は前後のパーツを組み合わせる構成です。
 今回、前面に付属のマーキングシールを貼っています。

1038_HG ホワイトライダー
肩側面のイエローの部分はシールで補います。

1039_HG ホワイトライダー
【肩(上面)】
 中央にモールド状のパーツ分割ラインが出ます。

1040_HG ホワイトライダー
【グレネード・ランチャー(前面)】
 前腕(左)側面には新規造形のグレネード・ランチャーが取り付けられています。
 グレネード・ランチャーは3パーツ構成です。

1041_HG ホワイトライダー
【グレネード・ランチャー(側面)】

1042_HG ホワイトライダー
【グレネード・ランチャー(砲口部)】
 砲口部は別パーツで構成されています。
 今回、砲口部は「ガンダムマーカーEX ロイヤルメタレッド」で塗装しました。

1043_HG ホワイトライダー
【ヒート・レイピア】
 1パーツ構成で、全面ホワイトの成型色パーツとなっています。
 今回、レイピア部は「タミヤカラースプレー TS-18 メタリックレッド」で塗装した後、
 「クレオス Mr.スーパークリアー 溶剤系スプレー 光沢」でトップコート処理をしました。

1044_HG ホワイトライダー
ヒート・レイピアは専用ジョイントパーツを使用して、サイドアーマーに取り付けることが可能です。

1045_HG ホワイトライダー1046_HG ホワイトライダー
1047_HG ホワイトライダー1048_HG ホワイトライダー
【脚部】
 脚部は「HG ペイルライダー」のデザインと変わりはありません。
 もも中央、すね後面にパーツ分割ラインが出ます。
 すね前面パーツは前面から被せる構成となっています。

1049_HG ホワイトライダー
すね側面外装下部のホワイトの部分はシールで補います。
尚、外装中央に長方形型のハードポイントがありますが、今回は特に使用しません。

1050_HG ホワイトライダー
すね中央ダクトのグレーの部分とゴールドの部分はシールで補います。

1051_HG ホワイトライダー
すね後面にはバーニアが2基、別パーツで再現されています。

1052_HG ホワイトライダー
足首カバーパーツは上下に可動が可能です。

1053_HG ホワイトライダー
足裏のディテールは細かな造形で再現されています。
足先に肉抜きがあります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1054_HG ホワイトライダー
腕は外側へ90°、上腕ロール可動、肘135°可動。
脚は外側へ45°、ももロール可動、膝135°、足首は前後・左右に45°可動。

1055_HG ホワイトライダー
腰部は360°回転可動。
脚は前方90°、後方45°可動。
首の前屈と後屈は可能ですが、胸部と腰部の前屈・後屈、左右への可動はほんの気持ち程度です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1056_HG ホワイトライダー

1057_HG ホワイトライダー

1058_HG ホワイトライダー

1059_HG ホワイトライダー

1060_HG ホワイトライダー

1061_HG ホワイトライダー

1062_HG ホワイトライダー

1063_HG ホワイトライダー

1064_HG ホワイトライダー

1065_HG ホワイトライダー

1066_HG ホワイトライダー

1067_HG ホワイトライダー

1068_HG ホワイトライダー

1069_HG ホワイトライダー

1070_HG ホワイトライダー

1071_HG ホワイトライダー

1072_HG ホワイトライダー

1073_HG ホワイトライダー

1074_HG ホワイトライダー

1075_HG ホワイトライダー

1076_HG ホワイトライダー

1077_HG ホワイトライダー



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事