ほびらぼん

ROBOT魂 エヴァンゲリオン第13号機 レビュー

1074_ROBOT魂 エヴァ 13号機


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー BANDAI SPIRITS
 ■ 価格   9,900円(税込)
 ■ サイズ  全高:約180mm
 ■ 素材   ABS、PVC製


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    パッケージ
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1001_ROBOT魂 エヴァ 13号機
付属品が多めのせいか、パッケージは比較的厚みのあるサイズでした。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 ディスプレイスタンド
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【台座&支柱A】
 台座はレッドのカラーリングで、支柱を差し込む穴が4ヶ所あります。
 支柱Aはしっかりとした作りで基部と先端部が可動します。
 別途クリップも付属します。

1003_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【台座&支柱B】
 支柱Bは細めのデザインで、3ヶ所が可動します。
 支柱Aでも支柱Bでも本体をディスプレイすることができますが、
 本体接続部はRSホッパー再現時には支柱を接続することができないので
 付属のクリップで本体をディスプレイします。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1004_ROBOT魂 エヴァ 13号機
リボルテックではかなり以前にリリースされていましたが、ROBOT魂で満を持してのリリースとなります。
ガッシリとしたフォルム、落ち着いたカラーリングで劇中と遜色のない仕上りになっています。

1005_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1006_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1007_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1008_ROBOT魂 エヴァ 13号機


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1009_ROBOT魂 エヴァ 13号機
ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機 - 新劇場版 -」との比較。
 劇中ではあまり意識しませんでしたが、体高にかなりに差がありますね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1010_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【頭部(前面)】
 パープルの箇所はパーツ成型色となっており、その他の箇所には塗装が施されています。
 頭部は比較的小さいサイズですが、塗装精度は高めでした。
 デフォのアンテナは軟質素材製、硬質素材製の予備のアンテナが別途付属します。

1011_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【頭部(側面)】
 初号機のデザインがベースとなっていると思いますが、細部のディテールがかなり違います。
 口はシルバー、目と側面のラインはゴールドで塗装が施されています。

1012_ROBOT魂 エヴァ 13号機
口は開閉可動が可能です。

1013_ROBOT魂 エヴァ 13号機
首はAの箇所が前後・左右に独立可動します。

1014_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【頭部(後面)】
 内部の球体のようなディテールも造形と塗装でしっかり再現されています。

1015_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【頭頂部】

1016_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【胴体(前面)】
 胸部から腰部にかけてかなり長めのフォルムとなっています。
 パープルの箇所はパーツ成型色、胸部はガンメタとメタリックレッドで塗装が施されています。

2001_ROBOT魂 エヴァ 13号機
胴体はA~Cの箇所の内部に可動用ジョイントが組み込まれています。

1017_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【胴体(側面)】

1018_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【胴体(後面)】
 中央の突起もガンメタで塗装が施されています。

1019_ROBOT魂 エヴァ 13号機
ダブルエントリープラグハッチはメタリックレッドで塗装が施されています。

1020_ROBOT魂 エヴァ 13号機
背中上部の突起を取り外すと3㎜丸型ハードポイントが露出します。
突起を取り外す際には背中上部パーツを一旦、取り外す必要があります。

1021_ROBOT魂 エヴァ 13号機
ハードポイントにはディスプレイスタンドの支柱に対応したジョイントパーツを取り付けることが可能です。

1022_ROBOT魂 エヴァ 13号機
また、ハードポイントにはRSホッパージョイントパーツを取り付けることも可能です。

1023_ROBOT魂 エヴァ 13号機1024_ROBOT魂 エヴァ 13号機
1025_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【腕部】
 腕はかなり長めのフォルムとなっています。
 ウェポンラックや上腕などは塗装にて色分けが再現されています。
 肩と肘は回転可動が可能です。
 肘や手首の関節は腕のカラーリングに合わせたブラックの成型色パーツが使用されています。

1026_ROBOT魂 エヴァ 13号機
ウェポンラックは肩のジョイント接続で、左右に可動させることが可能です。

1027_ROBOT魂 エヴァ 13号機
また、前後への可動も可能です。

1028_ROBOT魂 エヴァ 13号機
これまでのエヴァシリーズ同様、肘関節は引き出すことができ、これにより肘の可動範囲を広げることが可能です。

1029_ROBOT魂 エヴァ 13号機
手も塗装にて、色分けが再現されています。

1030_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【平手パーツA(左右)】

1031_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【平手パーツB(左右)】

1032_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【表情に付いた手パーツ(左右)】

1033_ROBOT魂 エヴァ 13号機1034_ROBOT魂 エヴァ 13号機
1035_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【脚部】
 脚も腕同様、長めで初号機などと比べるとマッシブなフォルムとなっています。
 また、足首や足のデザインがこれまでのエヴァシリーズとは異なっています。
 全体的にほぼパープルの成型色パーツで構成されています。
 股関節部や膝関節部はブラックの成型色パーツが使用されています。

1036_ROBOT魂 エヴァ 13号機
股関節はこの程度、下方へ引き出すことが可能で、これにより股関節の可動範囲を広げることが可能です。

1093_ROBOT魂 エヴァ 13号機
もも外装パーツは股関節パーツ(ブラック)から外側へスライド可動させることが可能です。

1037_ROBOT魂 エヴァ 13号機
膝外装パーツは上方へ可動させることが可能です。

1038_ROBOT魂 エヴァ 13号機
足首カバーパーツは上方へ可動させることが可能です。

1039_ROBOT魂 エヴァ 13号機
足裏もディテールが造形と塗装で再現されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    追加胸部
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1040_ROBOT魂 エヴァ 13号機
4本腕再現用の追加胸部パーツは本体の胸部パーツを差し替えることで再現します。

1041_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【胸部】
 通常の胸部とはデザインが異なり、ガンメタとメタリックレッドの塗装で色分けが再現されています。

1042_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【腕部】
 こちらも通常の腕とはデザインがかなり異なっており、一部、塗装にて色分けが再現されています。

1043_ROBOT魂 エヴァ 13号機
こちらの肘も引き出し式で、本体の腕と同じように可動します。

1044_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【平手パーツA(左右)】

1045_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【平手パーツB(左右)】

1046_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【表情の付いた手パーツ(左右)】

1047_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【ロンギヌスの槍持ち手パーツ(左右)】


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    RSホッパー
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1048_ROBOT魂 エヴァ 13号機
RSホッパーは専用のクリアパーツ製の支柱を使用することで宙に浮いた状態を再現することが可能です。
RSホッパーと支柱は計4セット付属します。

1049_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1050_ROBOT魂 エヴァ 13号機
RSホッパージョイントパーツは背中上部のハードポイントに取り付けます。
RSホッパーの支柱は基部がボールジョイントでフレキシブルに可動します。

1051_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【RSホッパー(側面)】
 エメラルドブルーの箇所は塗装仕上げとなっています。
 支柱先端はRSホッパースタンドパーツとボールジョイント接続で、こちらもフレキシブルに可動します。

1052_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【RSホッパー(前面)】
 内部のディテールもしっかり再現されています。

1053_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【RSホッパー格納ブロック(前面)】
 ウェポンラックに取り付けて再現します。
 ウェポンラック裏面にへこみがあり、そこに引っ掛ける形で取り付けるのでポロリはありません。

1054_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【RSホッパー格納ブロック(側面)】
 ディテールは造形で再現されています。

1055_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【RSホッパー格納ブロック(後面)】


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
   ロンギヌスの槍とカシウスの槍
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1056_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【ロンギヌスの槍(×2)】
 槍は先端とグリップの2パーツ構成で、サイズも大きいのでそれなりに重量はありますが片手で保持が可能です。
 ロンギヌスの槍は全面成型色パーツとなっています。

1057_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【ロンギヌスの槍(先端部)】
 劇中通りのデザインで、特徴的な螺旋形状もしっかり再現されています。
 尚、先端部側に金属製のピンがあり、そのピンでグリップパーツと接続します。

1058_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【カシウスの槍(×1)】
 こちらも2パーツ構成です。
 ロンギヌスの槍よりはサイズは小さめとなっています。

1059_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【カシウスの槍(先端部)】
 こちらも特徴的な螺旋形状を再現しています。
 ロンギヌスの槍同様、先端部側に金属製のピンがあり、ピンとグリップを接続します。

1060_ROBOT魂 エヴァ 13号機
【カシウスの槍(後端部)】
 エメラルドブルーの箇所には塗装が施されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1061_ROBOT魂 エヴァ 13号機
肩は外側へ135°、肩と肘は回転可動、肘135°可動。
脚は外側へ45°、ももロール可動、膝135°、足首は前後・左右に45°、足先45°可動。

1062_ROBOT魂 エヴァ 13号機
腹部3ヶ所45°回転可動。
脚は前後に90°可動。

1063_ROBOT魂 エヴァ 13号機
腹部3ヶ所は左右にこの程度可動が可能です。

1064_ROBOT魂 エヴァ 13号機
首2ヶ所、腹部3ヶ所はこの程度、前屈が可能です。

1065_ROBOT魂 エヴァ 13号機
首2ヶ所と腹部3ヶ所はこの程度、後屈が可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1066_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1067_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1068_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1069_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1070_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1071_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1072_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1073_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1074_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1075_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1076_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1077_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1078_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1079_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1080_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1081_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1082_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1083_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1084_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1085_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1086_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1087_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1088_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1089_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1090_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1091_ROBOT魂 エヴァ 13号機

1092_ROBOT魂 エヴァ 13号機



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



ROBOT魂