MG - 機動戦士ガンダム00 - ガンダムヴァーチェ レビュー

1001_MG ヴァーチェ


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     8,800円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×28、ホログラムパーツ×1、シール×1、リアリスティックデカール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、シール貼り、リアリスティックデカール貼り、各所スミ入れ、表面処理(メラミンスポンジ)、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    フィギュア
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_MG ヴァーチェ
パイロットスーツ姿のティエリアフィギュアが付属します。

1003_MG ヴァーチェ
また、劇中のドレス姿のティエリアフィギュアも付属します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体(ナドレ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1004_MG ヴァーチェ
当キットではヴァーチェとナドレの2形態の再現が可能となっています。
ヴァーチェの外装パーツを取り外すことでナドレを再現できます。
今回、ホワイトとブラックだと淡泊なので、
ナドレの各モールドには「クレオス ガンダムマーカーEX ロイヤルメタレッド」でスミ入れ処理を施して、やや派手めな仕上げにしました。

1005_MG ヴァーチェ

1006_MG ヴァーチェ

1007_MG ヴァーチェ

1008_MG ヴァーチェ


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明(ナドレ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1009_MG ヴァーチェ
【頭部(前面:全体)】
 GN粒子供給コード(レッド)はほほ、首、後頭部に取り付けられており、
 コードは硬質素材製となっています。

1010_MG ヴァーチェ
【頭部(側面:全体)】
 このアングルだと、コードの配置が分かりやすいと思います。

1011_MG ヴァーチェ
【頭部(後面:全体)】
 後頭部のコードは3パーツの多重構成となっています。

1012_MG ヴァーチェ
【頭部(前面)】
 頭部は左右のパーツを組み合わせる構成のため、ほとんどパーツ分割ラインは出ない作りとなっています。
 左右のほほの部分にGN粒子供給コードが取り付けられています。
 額のグリーンとツインアイはシールで補います。

1013_MG ヴァーチェ
【頭部(側面)】
 側面のGNコンデンサレンズ内にはシールを貼りますが、ナドレとヴァーチェの選択式となっており、
 今回はヴァーチェのシールを貼りました。
 GNコンデンサレンズは内部に透明、外側にグリーンのクリアパーツを取り付ける構成となっています。

1014_MG ヴァーチェ
【頭部(後面)】
 中央のへこみの箇所にGN粒子供給コードパーツを取り付けます。
 中央部に若干、パーツ分割ラインが出ますがGN粒子供給コードで隠れてしまうので目立ちません。
 上部のグリーンの箇所はシールで補います。

1015_MG ヴァーチェ
【頭頂部】
 グレーのディテールやレッドのラインなどもパーツにて色分けが施されています。

1016_MG ヴァーチェ
胴体部分のGN粒子供給コードは首の穴に取り付けて保持します。
ほほのGN粒子供給コード同様、左右でデザインが異なっています。

1017_MG ヴァーチェ
首ジョイントはヒンジで前方への可動が可能です。
胸上部のクラビカルアンテナ(A)は可動式で収納が可能です。

1018_MG ヴァーチェ
【胴体(前面)】
 胸部(中央・左右の3ブロック)、腹部、腰部の3ブロック構成となっています。
 前面部はモールド少なめとなっています。

1019_MG ヴァーチェ
【胸部】
 胸部GNコンデンサレンズ内にシールを貼りますが、こちらもナドレとヴァーチェの選択式となっており、
 今回はヴァーチェのシールを貼りました。
 頭部側面同様、GNコンデンサレンズは内部が透明、外側がグリーンのクリアパーツを取り付ける構成となっています。
 胸上部にはヴァーチェの外装パーツを取り付けるためのへこみがあります。

1020_MG ヴァーチェ
胸下部のコクピッドハッチは開閉が可能となっています。
画像ではほぼ分かりませんが、内部にはコクピッドに座ったティエリアフィギュアが取り付けられています。

1021_MG ヴァーチェ
胸部左右のブロックは独立で外側へ引き出すことが可能です。

1022_MG ヴァーチェ
胸部左右のブロックは前方へこの程度、可動させることが可能です。

1023_MG ヴァーチェ
また、後方へもこの程度、可動させることが可能です。

1024_MG ヴァーチェ
【腰部】
 腰部前面にはヴァーチェの外装パーツを取り付けるためのハードポイントが上下に2ヶ所あります。

1025_MG ヴァーチェ
【腰下面】
 下部にはアクションベース4に対応したディスプレイ用ジョイントパーツを取り付ける箇所があります。

1026_MG ヴァーチェ
股関節パーツは左右1パーツ構成で、下方へのスライド可動が可能です。

1027_MG ヴァーチェ
【胴体(側面)】
 腹部側面のGNケーブルの箇所にはホログラムパーツが使用されています。
 ホログラムパーツは角度によって光彩が変わります。

1028_MG ヴァーチェ
【胴体(後面)】
 背中には大型のGNドライブが再現されています。
 腰部は前面同様アーマーがないデザインとなっています。

1029_MG ヴァーチェ
【GNドライブ】
 これまでのMGシリーズ同様、GNドライブパーツをグレーのアームで保持する構成となっています。
 GNドライブはモールド多めのデザインとなっています。
 
1030_MG ヴァーチェ
アームを可動させることでGNドライブを取り外すことが可能です。

1031_MG ヴァーチェ
【GNドライブ】
 これまでのMGシリーズ同様、内部に別売りの「LEDユニット」を取り付けることが可能です。

1032_MG ヴァーチェ
今回は別途、太陽炉パーツが付属します。
太陽炉パーツも胸内部に収納可能です。

1033_MG ヴァーチェ
【GNドライブをLEDユニットで発光させた状態】
 これまでのMGシリーズ同様、とても綺麗ですね。

1034_MG ヴァーチェ
胸部のGNコンデンサレンズ内にシールを貼っているのでLEDで発光させると文字が浮かび上がります。

1035_MG ヴァーチェ
腰部後面にはヴァーチェの外装パーツを取り付けるためのハードポイントが1ヶ所あります。

1036_MG ヴァーチェ
【ディスプレイ用ジョイントパーツを取り付けた状態】
 ディスプレイ用ジョイントパーツは股間下面後部に取り付けます。

1037_MG ヴァーチェ1038_MG ヴァーチェ
1039_MG ヴァーチェ
【腕部】
 肩やGNケーブルの位置以外はエクシアに比較的近いデザインとなっています。
 上腕は1パーツ構成、前腕はフレームに外装を取り付ける構成のため、パーツ分割ラインはほぼ出ません。

1040_MG ヴァーチェ
【肩(前面)】
 肩は前後のパーツを組み合わせる構成で、ディテール(グレー)も別パーツで再現されています。

1041_MG ヴァーチェ
【肩(側面)】

1042_MG ヴァーチェ
【肩(上面)】
 この辺りもモールドがしっかり造形で再現されています。

1043_MG ヴァーチェ
肩パーツはヒンジで上方へこの程度、可動が可能です。

1044_MG ヴァーチェ
前腕前面にGNビームライフルやGNシールドを取り付けるための長方形型のハードポイントがあります。

1045_MG ヴァーチェ
前腕側面のGNコンデンサレンズ内にはシールを貼ります。
こちらは特にナドレとかヴァーチェの違いはありません。
GNコンデンサレンズは内部が透明、外側がグリーンのクリアパーツを取り付けて再現します。

1046_MG ヴァーチェ
上腕と前腕はホログラムパーツ製のGNケーブルで接続します。

1047_MG ヴァーチェ
手は甲、基部、親指、人差し指~小指、手首ジョイントの5ブロック構成です。
親指は基部がボールジョイントで独立可動します。
手首は前腕側が軸、手側がヒンジジョイントとなっています。

1048_MG ヴァーチェ
人差し指~小指パーツを差し替えて平手を再現することが可能です。

1049_MG ヴァーチェ1050_MG ヴァーチェ
1051_MG ヴァーチェ
【脚部】
 脚はフロントアーマー、サイドアーマーがなく、比較的スリムで長めのフォルムとなっています。
 各所モールドは多めです。
 もも、膝、すねはフレームに外装パーツを取り付ける構成のため、パーツ分割ラインがほぼ出ない作りとなっています。

1052_MG ヴァーチェ
もも前面のGNケーブルはホログラムパーツを使用して再現します。

1053_MG ヴァーチェ
膝側面パーツは下方への回転可動が可能で、これにより膝の可動範囲が広がります。

1054_MG ヴァーチェ
両膝内部にはGNビームサーベルグリップが取り付けられています。
グリップは取り外すことが可能です。

1055_MG ヴァーチェ
すね下部前面のGNケーブルもホログラムパーツを使用して再現します。

1056_MG ヴァーチェ
すね下部パーツ(グレー)は上方への可動が可能で、これにより、足の可動範囲が広がります。

1057_MG ヴァーチェ
【足裏】
 ディテールが造形で再現されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    武装(ナドレ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1058_MG ヴァーチェ
【GNビームライフル(外側)】
 砲身はモナカ仕様、砲口部、スコープ、フォアグリップ、後部ストックは別パーツ構成となっています。
 専用の持ち手パーツ(人差し指~小指)が左右付属します。

1059_MG ヴァーチェ
【GNビームライフル(内側)】
 こちら側にはフォアグリップが取り付けられています。

1060_MG ヴァーチェ
【GNビームライフル(上面)】

1061_MG ヴァーチェ
スコープにはクリアパーツ(グリーン)が組み込まれています。

1062_MG ヴァーチェ
フォアグリップは上方への可動が可能です。

1063_MG ヴァーチェ
後部ストックは前腕前面のハードポイントに接続します。
後部ストックと砲身はボールジョイント接続で、左右に可動が可能です。(A)

1064_MG ヴァーチェ
GNビームライフルの砲身部にはクリアパーツ製のビームサーベルエフェクトパーツを取り付けることが可能です。

1065_MG ヴァーチェ
【GNビームサーベル(×2)】
 サーベル刃はかなり長めのサイズで、クリアパーツ製です
 専用の持ち手パーツ(人差し指~小指)が左右付属します。

1066_MG ヴァーチェ
劇中通り、このようにヴァーチェのGNキャノンを手持ちすることが可能です。
持ち手はGNビームサーベルと共通です。

1067_MG ヴァーチェ
【GNシールド(表面)】
 基部(グレー)、ホワイト、レッドの3パーツ構成です。
 
1068_MG ヴァーチェ
【GNシールド(裏面)】
 裏面のディテールはかなり細かく造形で再現されています。
 裏面中央にはナドレの前腕との接続用ジョイントパーツが取り付けられています。

1069_MG ヴァーチェ
【GNシールドをナドレに取り付けた状態(前面)】

1070_MG ヴァーチェ
【GNシールドをナドレに取り付けた状態(側面)】

1071_MG ヴァーチェ
シールドのジョイントパーツは前腕前面のハードポイントに接続して保持します。
ジョイントパーツとシールドは軸接続なので回転可動が可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲(ナドレ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1072_MG ヴァーチェ
肩は外側へ90°、上腕ロール可動、肘135°可動。
股関節は外側へ約90°、ももロール可動、膝135°、足首は前後・左右に45°、足前部は上方へ可動。

1073_MG ヴァーチェ
腰部45°回転可動。
股関節は前後に90°可動。

1074_MG ヴァーチェ
腰部は左右にこの程度、可動が可能です。

1075_MG ヴァーチェ
首、腰部はこの程度、前屈が可能です。

1076_MG ヴァーチェ
首、腰部はこの程度、後屈が可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    ヴァーチェの再現
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1077_MG ヴァーチェ
① 頭部、首からGN粒子供給コードを取り外します。

1078_MG ヴァーチェ
② 頭頂部パーツ(A)、頭部前面パーツ(B)を頭部に取り付けます。

1079_MG ヴァーチェ
③ 後頭部パーツ(C)を頭部に取り付けます。

1080_MG ヴァーチェ
④ ナドレのアンテナパーツにヴァーチェのアンテナパーツ(D)を被せます。

1081_MG ヴァーチェ
⑤ 腹部パーツ(E)を腹部に取り付けます。

1082_MG ヴァーチェ
⑥ 腹部前面パーツ(F)を腹部に取り付けます。

1083_MG ヴァーチェ
⑦ 胸上部パーツ(G、H)を取り付けます。

1084_MG ヴァーチェ
⑧ 胸外側パーツ(I、J)を取り付けます。

1085_MG ヴァーチェ
⑨ 胸前面パーツ(K)を取り付けます。

1086_MG ヴァーチェ
⑩ フロントアーマーパーツ(L)を取り付けます。

1087_MG ヴァーチェ
⑪ リアアーマーパーツ(M)を取り付けます。

1088_MG ヴァーチェ
⑫ 足前後パーツ(N、O)を取り付けます。

1089_MG ヴァーチェ
⑬ 脚前後パーツ(P、Q)を取り付けます。

1090_MG ヴァーチェ
⑭ GNフィールド発生装置(R)を取り付けます。

1091_MG ヴァーチェ
⑮ 肩前後パーツ(S、T)を取り付けます。

1092_MG ヴァーチェ
⑯ 肩上部パーツ(U)を取り付けます。

1093_MG ヴァーチェ
⑰ 前腕前後パーツ(V、W)を取り付けます。

1094_MG ヴァーチェ
⑱ バックパックパーツ(X)を取り付ければ完成です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体(ヴァーチェ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1095_MG ヴァーチェ
各所に外装パーツ、背中に巨大なバックパックを取り付けているので
ナドレとは比較にならないほどマッシブなフォルムとなります。

1096_MG ヴァーチェ

1097_MG ヴァーチェ

1098_MG ヴァーチェ

1099_MG ヴァーチェ


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1100_MG ヴァーチェ
MG ガンダムキュリオス」との比較。
 体高ではキュリオスに及びませんが、胴体、四肢の大きさはキュリオスを遥かに上回ります。
 劇中同様、しっかり差別化が図られていますね。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明(ヴァーチェ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1101_MG ヴァーチェ
【バックパック】
 バックパック左右のアームにGNキャノンが取り付けられています。
 尚、バックパックはナドレのGNドライブにはめ込むだけで、特にロック機能はありません。

1102_MG ヴァーチェ
左右のアームは上方への可動が可能です。

1103_MG ヴァーチェ
また、アームは後方への可動が可能です。

1105_MG ヴァーチェ
【GNキャノン(前面)】
 比較的モールド多めです。
 上下のディテール(グレー)は別パーツで再現されています。

1104_MG ヴァーチェ
【GNキャノン(側面)】
 前面同様、かなり厚みがあります。

1106_MG ヴァーチェ
GNキャノンのカバーは展開が可能で、GNフィールド発生状態を再現可能です。
GNフィールド発生装置(イエロー)は別パーツで再現されています。
尚、カバーで隠れてしまいますが、GNフィールド発生装置のディテールはかなり細かく造形で再現されています。

1107_MG ヴァーチェ
GNキャノンとアームは軸接続で前後に回転可動が可能です。

1108_MG ヴァーチェ
GNキャノン下部のピンをスライドさせることでGNキャノン発射状態を再現可能です。
また、アームを可動させることで、劇中通り、GNキャノンを肩上部に配置することが可能です。

1109_MG ヴァーチェ
【GNキャノン砲口部】
 砲口内部は「クレオス ガンダムマーカー メタグリーン」で塗装しました。

1110_MG ヴァーチェ
【GNキャノン(下面)】
 砲口部に砲口パーツを可動させるためのピンが、
 中央にアームと接続させるための丸型の穴があります。
 また、中央に手持ち用のグリップ(グレー)が組み込まれています。

1111_MG ヴァーチェ
【グリップを展開した状態】
 このグリップを使用することで、GNキャノンをヴァーチェやナドレに手持ちさせることが可能です。

1112_MG ヴァーチェ
【バックパック(後面)】
 ナドレのGNドライブとの接続部周りの細かいディテールは造形で再現されています。

1113_MG ヴァーチェ
【バックパック(上面)】
 GNキャノン(上面)のダクトは別パーツで構成されています。

1114_MG ヴァーチェ
【バックパック(下面)】
 バックパック下部のダクトも別パーツで構成されています。

1115_MG ヴァーチェ
【頭部(前面)】
 全体的に劇中再現度は高めの印象です。
 前面外装パーツのアゴ(レッド)も別パーツで構成されています。
 アンテナはナドレのアンテナに被せる構成ですが、違和感はありません。

1116_MG ヴァーチェ
【頭部(側面)】
 胸上部のクラビカルアンテナはナドレ同様、収納が可能です。

1117_MG ヴァーチェ
【頭部(後面)】
 後頭部外装パーツは左右のパーツを組み合わせる構成です。
 中央のディテール(グレー)は別パーツで構成されています。
 中央のディテールのモールドは「クレオス ガンダムマーカー メタグリーン」でスミ入れ処理をしています。

1118_MG ヴァーチェ
【頭頂部】

1119_MG ヴァーチェ
【胴体(前面)】
 ヴァーチェでは胸部外装パーツ、腹部外装パーツ、フロントアーマーが取り付けられており、ナドレの名残はほぼありません。

1120_MG ヴァーチェ
胸部のGNコンデンサレンズは胸部外装パーツでほぼ隠れてしまいます。
尚、胸部外装パーツのモールドは「クレオス ガンダムマーカー メタグリーン」でスミ入れ処理をしました。

1121_MG ヴァーチェ
胸部外装パーツはヒンジで上方への可動が可能なので、GNコンデンサレンズを露出することができます。

1122_MG ヴァーチェ
【GNドライブをLEDユニットで発光させた状態】

1123_MG ヴァーチェ
胸部外装パーツでGNコンデンサレンズが隠れてしまうので、こんな感じの見栄えになります。

1124_MG ヴァーチェ
【胸部外装パーツを可動させた状態】
 この状態だとGNコンデンサレンズが完全に露出するので綺麗です。
 GNコンデンサレンズ内に貼ったシールの文字もしっかり浮かび上がります。

1125_MG ヴァーチェ
【腰部】
 ヴァーチェではフロントアーマーが取り付けられています。
 また、リアアーマーに接続されたサイドアーマーも装備されます。

1126_MG ヴァーチェ
フロントアーマーは左右セパレートで上方へこの程度、可動が可能です。

1127_MG ヴァーチェ
フロンアーマー裏のディテールは別パーツで再現されています。

1128_MG ヴァーチェ
【胴体(側面)】
 腹部外装パーツ後面にリアアーマーと接続するための突起があります。

1129_MG ヴァーチェ
【胴体(後面)】
 巨大なリアアーマーがナドレとの顕著な相違点です。

1130_MG ヴァーチェ
【リアアーマー(表面)】
 サイドや中央のディテール(グレー)は別パーツで構成されています。
 中央のモールドは「クレオス ガンダムマーカー メタグリーン」でスミ入れ処理をしました。

1131_MG ヴァーチェ
リアアーマー上部にはホログラムパーツが使用されています。

1132_MG ヴァーチェ
【リアアーマー(裏面】
 裏面の細かいディテールは別パーツで再現されています。

1133_MG ヴァーチェ
リアアーマー上部に軸接続されたサイドアーマーは外側へ可動が可能です。

1134_MG ヴァーチェ
【リアアーマー(上面)】

1135_MG ヴァーチェ
【リアアーマー(下面)】
 サイドアーマーのダクトやGNバーニア(イエロー)も別パーツで構成されています。

1136_MG ヴァーチェ1137_MG ヴァーチェ
1138_MG ヴァーチェ
【腕部】
 肩と前腕に外装パーツが取り付けられているので、上腕と手のみナドレと同じデザインとなっています。

1139_MG ヴァーチェ
【肩(前面)】
 ナドレの肩に被せて大型化するため、胸部パーツと抵触して、上方への可動はほぼできません。

1140_MG ヴァーチェ
【肩(側面)】
 側面の丸い部分は「クレオス ガンダムマーカー メタグリーン」で塗装しました。

1141_MG ヴァーチェ
【肩(上面)】

1142_MG ヴァーチェ
【前腕】
 ナドレでは前腕側面にあったGNコンデンサレンズですが、ヴァーチェの場合は前腕前面にあります。
 ナドレ同様、GNコンデンサレンズ内にシールを貼り、内部に透明、外側にグリーンのクリアパーツを取り付けて再現します。

1143_MG ヴァーチェ
前腕上部パーツ(A)は内側に可動させることができ、これにより肘の可動範囲を広げることが可能です。

1144_MG ヴァーチェ
ヴァーチェでは通常、肘のGNケーブルは露出しませんが、肘を曲げることで露出します。

1145_MG ヴァーチェ1146_MG ヴァーチェ
1147_MG ヴァーチェ1148_MG ヴァーチェ
【脚部】
 すねと足に外装パーツを取り付けます。
 特にすねの外装パーツが大きく、重量感が凄いです。
 すね前面のディテール(グレー)やすね側面のGNフィールド発生装置の上下のディテール(グレー)は別パーツで再現されています。

1149_MG ヴァーチェ
すね側面のGNフィールド発生装置はカバーが展開可能です。
内部のGNフィールド発生装置(イエロー)は別パーツで再現されています。

1150_MG ヴァーチェ
すね下部前部のカバーパーツは上方へ、後部のカバーパーツは下方への可動が可能で、これにより足の可動範囲が広がります。

1151_MG ヴァーチェ
【足裏】
 足裏のディテールは別パーツで足外装パーツに組み込まれています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    武装(ヴァーチェ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1152_MG ヴァーチェ
【GNバズーカ(側面)】
 内部砲口部(グレー)に各外装を取り付ける構成となっており、かなりしっかりした作りになっています。
 グリップ(グレー)は左右にあり、持ち手はナドレのGNビームライフルと共通です。
 グリップは脱着が可能。

1153_MG ヴァーチェ
【GNバズーカ(上面)】
 この面ではパーツ分割ラインが出ない作りとなっています。

1154_MG ヴァーチェ
【GNバズーカ(下面)】
 中央にグリップを取り付けるためのハードポイントがあります。
 外装前部(ホワイト)は左右のパーツを組み合わせる構成のため、パーツ分割ラインが出ますが、あまり気になりません。

1155_MG ヴァーチェ
【砲口(バレル)部】
 上下のバレル(イエロー)は別パーツで構成されています。

1156_MG ヴァーチェ
上部のグリーンの箇所はクリアパーツ製です。

1157_MG ヴァーチェ
上部ハンガーは可動式です。

1158_MG ヴァーチェ
グリップは下方への可動が可能で、角度を付けることができます。

1159_MG ヴァーチェ
左右のグリップは基部が可動式で、このように展開させ、劇中同様、両手持ちが可能となっています。

1160_MG ヴァーチェ
【GNバズーカ後部】

1161_MG ヴァーチェ
【バーストモード】
 バズーカ前下部パーツ(ホワイト)をスライド可動、バレル(イエロー)を引き出し、グリップを後方へ可動させて再現します。
 バズーカ前下部パーツをスライド可動させると、内部の砲口部パーツも連動して下方へ可動します。
 
1162_MG ヴァーチェ
バレル内部のディテールは造形で再現されています。

1163_MG ヴァーチェ
バーストモードでのみ露出する砲口部は別パーツで再現されています。

1164_MG ヴァーチェ
【GNバズーカを本体で保持した状態】
 ご覧の通り、本体と比べてもかなり大型の武装で、重量もありますが、グリップと持ち手がしっかりしているのでポロリはありません。
 このように左右のグリップで保持することもできますし、グリップを下部中央のハードポイントに取り付けて保持することも可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲(ヴァーチェ)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1165_MG ヴァーチェ
肩は外側は90°、上腕ロール可動、肘135°可動
股関節は外側へ45°、ももロール可動、膝90°、足首は前後・左右に45°、足前部は上方へ可動。

1166_MG ヴァーチェ
腹部背面と腰部背面がリアアーマーで接続、固定されているので、腰の回転可動、前屈、後屈、左右への可動はできません。
股関節は前後に45°可動します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1167_MG ヴァーチェ

1168_MG ヴァーチェ

1169_MG ヴァーチェ

1170_MG ヴァーチェ

1171_MG ヴァーチェ

1172_MG ヴァーチェ

1173_MG ヴァーチェ

1174_MG ヴァーチェ

1175_MG ヴァーチェ

1176_MG ヴァーチェ

1177_MG ヴァーチェ

1178_MG ヴァーチェ

1179_MG ヴァーチェ

1180_MG ヴァーチェ

1181_MG ヴァーチェ

1182_MG ヴァーチェ

1183_MG ヴァーチェ

1184_MG ヴァーチェ

1185_MG ヴァーチェ

1186_MG ヴァーチェ

1187_MG ヴァーチェ

1188_MG ヴァーチェ

1189_MG ヴァーチェ

1190_MG ヴァーチェ

1191_MG ヴァーチェ

1192_MG ヴァーチェ

1193_MG ヴァーチェ

1194_MG ヴァーチェ

1195_MG ヴァーチェ

1196_MG ヴァーチェ

1197_MG ヴァーチェ

1198_MG ヴァーチェ

1199_MG ヴァーチェ

1200_MG ヴァーチェ

1201_MG ヴァーチェ

1202_MG ヴァーチェ

1203_MG ヴァーチェ

1204_MG ヴァーチェ

1205_MG ヴァーチェ

1206_MG ヴァーチェ

1207_MG ヴァーチェ

1208_MG ヴァーチェ

1209_MG ヴァーチェ

1210_MG ヴァーチェ

1211_MG ヴァーチェ



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事