HG ガンダムブレイカー バトローグ ガンダムリヴランスヘブン レビュー

1001_HG リブランスヘブン


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     2,200円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×9、ポリキャップ×1、シール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、シール貼り、各所スミ入れ、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_HG リブランスヘブン
一見すると分かりませんが、「HGAC ガンダムデスサイズ」をベースとしており、腹部、フロントアーマー、上腕、脚、関節などは共通となっています。
デスサイズが死神だったのに対し、こちらは天使をモチーフにしているそうです。
上半身を覆う巨大なアクティブクロークが特徴。

1003_HG リブランスヘブン

1004_HG リブランスヘブン

1005_HG リブランスヘブン

1006_HG リブランスヘブン


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクティブクローク
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_HG リブランスヘブン
【アクティブクロークを展開した状態】
 上半身が完全に露出し、一気に見た目の印象が激変します。

1009_HG リブランスヘブン

1010_HG リブランスヘブン
【アクティブクローク(表面)】
 各ウイングはジョイントパーツを介して、中央のバックパックに接続されています。

1011_HG リブランスヘブン
【アクティブクローク(側面)】

1012_HG リブランスヘブン
【アクティブクローク(裏面)】

1013_HG リブランスヘブン
バックパックはデスサイズのものと全く同じです。
中央のバーニアは基部がボールジョイントで前後・左右に可動します。

1014_HG リブランスヘブン
ウイングのジョイントパーツはAとBの箇所が軸接続となっています。
またジョイントパーツは鎌のような特殊なデザインとなっています。

1015_HG リブランスヘブン
ウイング(全体)は上下に可動が可能です。

1016_HG リブランスヘブン
【ウイング(上部:表面)】
 イエローの箇所はシールで補います。
 基部はヒンジジョイントになっています。

1017_HG リブランスヘブン
【ウイング(上部:裏面)】
 ブルーの箇所はシールで補います。
 イエローとパープルの箇所は別パーツで色分けが再現されています。

1018_HG リブランスヘブン
【ウイング(中央:表面)】
 こちらはジョイント含め2パーツ構成。
 基部はヒンジジョイントとなっています。

1019_HG リブランスヘブン
【ウイング(中央:裏面)】

1020_HG リブランスヘブン
【ウイング(下部:表面)】
 こちらはディテールパーツ(ゴールド)、ジョイント含め4パーツ構成。
 ウイング自体は1パーツ構成です。
 基部はこちらもヒンジジョイントです。

1021_HG リブランスヘブン
【ウイング(下部:裏面)】

1022_HG リブランスヘブン
ウイング上部と下部パーツはヒンジで上下に可動が可能です。

1023_HG リブランスヘブン
ウイング上部と下部はこのようなジョイントで接続されており・・・

1024_HG リブランスヘブン
各々、左右への可動が可能です。

1025_HG リブランスヘブン
ウイング中央パーツはジョイント(グレー)と軸接続で回転可動が可能です。
またヒンジで上下への可動も可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_HG ガンダムヘリオス
「HG ガンダムヘリオス」との比較。
 アクティブクロークを展開した状態だとガンダムヘリオスより高さがあります。
 イエローとパープルを基調色としており、ガンダムヘリオスとはカラーリングが対照的となっています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1026_HG リブランスヘブン
【頭部(前面)】
 頭部は新規造形となっており、西洋の騎士のようなデザインとなっています。
 大きめのアンテナとスリットのないマスクが特徴です。
 アンテナのブルーの箇所とツインアイはシールで補います。

1027_HG リブランスヘブン
【頭部(側面)】
 側面から見るとF91のビギナ・ビナのようにも見えます。
 個人的にはヤットデタマンの大巨神に見えました。(笑)

1028_HG リブランスヘブン
【頭部(後面)】
 左右のパーツを組み合わせる構成なので、中央にパーツ分割ラインが出ます。

1029_HG リブランスヘブン
【胴体(前面)】
 胸部と股間部は新規造形となっています。
 腹部にはガンダムヴァサーゴのメガソニック砲が造形で再現されています。
 フロントアーマーのグレーの箇所はデスサイズからの流用です。

1030_HG リブランスヘブン
フロントアーマーは股間部とボールジョイント接続で上方へこの程度、可動が可能です。
フロントアーマーは1パーツ構成ですが、中央で切断すればセパレート状態を再現できます。

1031_HG リブランスヘブン
股間下部にはアクションベースに対応した正方形型の穴があります。
フロントアーマー裏のディテールは造形で再現されています。
リアアーマー裏のイエローの箇所はシールで補います。

1032_HG リブランスヘブン
股関節パーツは前方へスライド可動が可能です。

1033_HG リブランスヘブン
【胴体(側面)】
 胸部中央にパーツ分割ラインが出ます。
 サイドアーマーも新規造形です。

1034_HG リブランスヘブン
腰内部のジョイントパーツは前方への可動が可能です。
このギミックはデスサイズと同じです。

1035_HG リブランスヘブン
サイドアーマーは腰部ポリキャップ接続で上方へこの程度、可動が可能です。

1036_HG リブランスヘブン
また、前後への可動も可能です。

1037_HG リブランスヘブン
【胴体(後面)】
 背中にはバックパックを取り付けるためのハードポイントがあります。
 リアアーマーは新規造形で、羽のようなデザインとなっています。
 リアアーマーのイエローの箇所はシールで補います。

1038_HG リブランスヘブン
リアアーマーはヒンジで後方への可動が可能です。

1039_HG リブランスヘブン1040_HG リブランスヘブン
1041_HG リブランスヘブン
【腕部】
 肩と前腕が新規造形で、上腕、肘ジョイント、手はデスサイズからの流用です。
 前腕前後にモールド状のパーツ分割ラインが出ます。

1043_HG リブランスヘブン
【肩(前面)】
 前後のブルーのラインはシールで補います。
 肩はボールジョイントで胴体と接続します。

1044_HG リブランスヘブン
【肩(上面)】
 中央にパーツ分割ラインが出ます。

1042_HG リブランスヘブン
【前腕】
 先端にはクリアパーツが使用されています。
 取説によると、この箇所は「ゼロシステム」だそうです。

1045_HG リブランスヘブン
【平手パーツ(左右)】
 デザインはデスサイズに付属したものと同じです。

1046_HG リブランスヘブン
【角度の付いた握り手パーツ(左右)】
 こちらもデザインはデスサイズに付属したものと同じ。

1047_HG リブランスヘブン1048_HG リブランスヘブン
1049_HG リブランスヘブン
【脚部】
 脚部は足先端のデザイン部以外、デスサイズからの流用です。

1050_HG リブランスヘブン
膝パーツにはロック機構があり、膝パーツを前方へ可動させることで、ロックを解除して、膝の可動域を広げることができます。
このギミックはデスサイズと同じです。

1051_HG リブランスヘブン
足首カバーパーツは足首ジョイントパーツのボールジョイント接続で上下・左右に可動が可能です。

1052_HG リブランスヘブン
足先端部は新規造形でカギ爪のようなデザインに変更されています。

1053_HG リブランスヘブン
【足裏】
 デザインはデスサイズと同じです。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    ビームランス
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1054_HG リブランスヘブン
【ビームランス(ロッドモード)】
 グリップは長めのデザインで、先端のヘッドユニットも大きめのサイズとなっています。

1055_HG リブランスヘブン
【ヘッドユニット】
 左右のブルーの箇所(三角)はシールで補います。

1056_HG リブランスヘブン
ヘッドユニットは基部が下方へ可動します。
また、イエローのパーツも上方へ可動します。
サイズモードはこの状態で再現します。

1057_HG リブランスヘブン
【ビームランス(ランスモード)】
 ヘッドユニットにビーム刃エフェクトパーツを取り付けて再現します。

1058_HG リブランスヘブン
ビーム刃エフェクトパーツはかなり大きめで、ラメ仕様となっています。

1059_HG リブランスヘブン
【ビームランス(サイズモード)】
 ランスモード状態でヘッドユニットを下方へ可動させて再現します。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1060_HG リブランスヘブン
肩は外側へ90°、上腕ロール可動、肘約180°可動。
股関節は外側へ90°、ももロール可動、膝135°、足首は前後・左右に45°、足先は下方へ可動。

1061_HG リブランスヘブン
腰は360°回転可動。
股関節は前方へ90°、後方45°可動。

1062_HG リブランスヘブン
腰は左右にこの程度、可動します。

1063_HG リブランスヘブン
前屈。

1064_HG リブランスヘブン
後屈。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1065_HG リブランスヘブン

1066_HG リブランスヘブン

1067_HG リブランスヘブン

1068_HG リブランスヘブン

1069_HG リブランスヘブン

1070_HG リブランスヘブン

1071_HG リブランスヘブン

1072_HG リブランスヘブン

1073_HG リブランスヘブン

1074_HG リブランスヘブン

1075_HG リブランスヘブン

1076_HG リブランスヘブン

1077_HG リブランスヘブン

1078_HG リブランスヘブン

1079_HG リブランスヘブン

1080_HG リブランスヘブン

1081_HG リブランスヘブン

1082_HG リブランスヘブン

1083_HG リブランスヘブン



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事