HGUC - 機動戦士ガンダムUC - クシャトリヤ レビュー

1001_HGUC クシャトリア


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     4,950円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×14、ポリキャップ×1、シール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、シール貼り、水転写式デカール貼り、各所スミ入れ、表面処理(メラミンスポンジ)、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_HGUC クシャトリア
クィン・マンサの発展機ということもあって、カラーリングや全体的なデザインはかなり似ています。

尚、当キットにはデカールが付属していなかったので「ガンダムデカールNo.107 機動戦士ガンダムUC汎用1」を購入しましたが
クシャトリア用としてはあまり役に立たなかった為、「クロスボーンガンダムX-1」などのデカールを貼りました。

1003_HGUC クシャトリア

1004_HGUC クシャトリア

1005_HGUC クシャトリア

1006_HGUC クシャトリア


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_HGUC クシャトリア
HGUC ジェスタ」との比較。
 クシャトリアは4基のフレキシブル・バインダーも相まって、かなり大型なサイズとなっています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    フレキシブル・バインダー
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1008_HGUC クシャトリア
【表面】
 上部左右にメガ粒子砲発射口が別パーツで再現されています。

1010_HGUC クシャトリア
【側面】
 上部には本体接続用のアームが取り付けられています。

1009_HGUC クシャトリア
【裏面】
 2基のバーニア、6基のファンネル、サブアームが別パーツで再現されています。

1011_HGUC クシャトリア
バーニア基部はボールジョイントで上下・左右に可動が可能です。
各ファンネルは脱着が可能です。

1012_HGUC クシャトリア
サブアームはこのように展開が可能です。
尚、サブアームでは付属のビーム・サーベルグリップを保持することはできません。

1013_HGUC クシャトリア
アームは4ヶ所が可動します。
バインダー側基部はボールジョイントです。

1014_HGUC クシャトリア
アーム上部のロックを使用するとバインダーの角度を固定することができます。

1015_HGUC クシャトリア
フレキシブル・バインダーはこの程度、上方への可動が可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1016_HGUC クシャトリア
【頭部(前面)】
 頭部はクィン・マンサとはデザインが異なり、ゲルググに近いデザインとなっています。
 モノアイはシールで補います。

1017_HGUC クシャトリア
アゴ下のピンを調整することでモノアイを可動させることが可能です。

1018_HGUC クシャトリア
【頭部(側面)】
 頭部は上下のパーツを組み合わせる構成なので、パーツ分割ラインが目立たない作りになっています。

1019_HGUC クシャトリア
【頭部(後面)】

1020_HGUC クシャトリア
【頭頂部】

1021_HGUC クシャトリア
【胴体(前面)】
 胸部のメガ粒子砲が4基あったり、サイドアーマーがあったりとクィン・マンサと異なる所はありますが
 全体的なデザインはクィン・マンサにかなり近いです。

1022_HGUC クシャトリア
【胸(上部)】
 パイプ(イエロー)は別パーツで再現されています。

1023_HGUC クシャトリア
胸部のメガ粒子砲口は別パーツで再現されています。
また腰部のパイプ(イエロー)も別パーツで再現されています。
胸のエングレービング(ネオ・ジオンのマーク)はシールで補います。

1024_HGUC クシャトリア
股間のデザインなどはクィン・マンサに近いですが、クシャトリアではフロントアーマーとサイドアーマーが追加されています。

1025_HGUC クシャトリア
股間内部のダクト(ホワイト)も別パーツで再現されています。

1026_HGUC クシャトリア
股間下部のパーツを取り外すと、ディスプレイ用ジョイントパーツを取り付けるためのハードポイントが露出します。
また、リアアーマー裏のディテールは別パーツで再現さています。

1027_HGUC クシャトリア
【アクションベース1対応のディスプレイ用ジョイントパーツ】

1028_HGUC クシャトリア
【股間下部にディスプレイ用ジョイントパーツを取り付けた状態】

1029_HGUC クシャトリア
【胴体(側面)】
 かなり奥行のあるデザインとなっています。
 胸部などパーツ分割ラインがほぼ出ない作りとなっています。

1030_HGUC クシャトリア
フロントアーマーは腰部接続で上方へこの程度、可動が可能です。

1031_HGUC クシャトリア
サイドアーマーも腰部接続で上方へこの程度、可動が可能です。
尚、サイドアーマーはデザイン上、前後の可動はできません。

1032_HGUC クシャトリア
【胴体(後面)】
 リアアーマーがかなり大きめのサイズとなっています。

1033_HGUC クシャトリア1034_HGUC クシャトリア
1035_HGUC クシャトリア
【腕部】
 腕部についてはクィン・マンサとの共通点はさほどありません。
 肩は長方形型でかなり特徴的なデザインとなっています。
 前腕前後と側面にパーツ分割ラインが出ますがシールで補われるのでほぼ気になりません。

1036_HGUC クシャトリア
肩上部にはフレキシブル・バインダーのアームを取り付けるためのハードポイントが2ヶ所あります。

1037_HGUC クシャトリア
肩のジョイントはこのようなデザインとなっており、肩はヒンジで上方への可動が可能です。

1038_HGUC クシャトリア
肩は前方へこの程度、引き出すことが可能です。

1039_HGUC クシャトリア
前腕のパイプも別パーツで再現されています。

1040_HGUC クシャトリア
前腕のエングレービング(ネオ・ジオンのマーク)はシールで補います。

1041_HGUC クシャトリア
【ビーム・サーベル(×2)】
 ビーム刃の根元が膨らんだようなデザインとなっています。
 サーベルグリップ握り手パーツが左右付属します。

1042_HGUC クシャトリア1043_HGUC クシャトリア
1044_HGUC クシャトリア
【脚部】
 足のデザインは全く違いますが、他はクィン・マンサに比較的近いデザインとなっています。
 もも前後、すね前面にパーツ分割ラインが出ます。

1045_HGUC クシャトリア
股関節(脚側)のディテールは造形で再現されています。

1046_HGUC クシャトリア
膝カバーパーツは前後に独立可動が可能です。

1047_HGUC クシャトリア
すね前面のパイプ(イエロー)も別パーツで再現されています。

1048_HGUC クシャトリア
すね後面のカバーは後方への可動が可能です。
カバー内部のダクト(イエロー)は別パーツで再現されています。

1049_HGUC クシャトリア
【足裏】
 ディテールが造形で再現されています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1050_HGUC クシャトリア
肩は外側へ90°、上腕ロール可動、肘90°可動。
股関節は外側へ90°、ももロール可動、膝90°、足首は全前後・左右に45°可動。

1051_HGUC クシャトリア
腰は360°回転可動。
股関節は前方90°、後方45°可動。
胸部や腰部の前屈・後屈はできません。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1052_HGUC クシャトリア

1053_HGUC クシャトリア

1056_HGUC クシャトリア

1057_HGUC クシャトリア

1058_HGUC クシャトリア

1059_HGUC クシャトリア

1060_HGUC クシャトリア

1073_HGUC クシャトリア

1074_HGUC クシャトリア

1061_HGUC クシャトリア

1062_HGUC クシャトリア

1063_HGUC クシャトリア

1064_HGUC クシャトリア

1065_HGUC クシャトリア

1066_HGUC クシャトリア

1067_HGUC クシャトリア

1068_HGUC クシャトリア

1069_HGUC クシャトリア

1070_HGUC クシャトリア

1071_HGUC クシャトリア

1072_HGUC クシャトリア



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事