HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 ガンダムグレモリー レビュー

1001_HG グレモリー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー   BANDAI SPIRITS
 ■ 価格     1,980円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×6、ポリキャップ×1、シール×1
 ■ 組み立て内容 素組み、シール貼り、各所スミ入れ、表面処理(メラミンスポンジ)、一部塗装


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

1002_HG グレモリー
各部のレッドのラインは「ガンダムマーカー ガンダムレッド」で塗装して少し派手めのアレンジを加えてみました。
外装内部のフレームパーツはこれまでの鉄血のキットと同じです。

1003_HG グレモリー

1004_HG グレモリー

1005_HG グレモリー

1006_HG グレモリー


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1007_HG グレモリー
【頭部(前面:フード有)】
 通常の状態だと、フードパーツやアゴカバーパーツが頭部を覆っているので頭部の露出は最低限となっています。
 それにしても、かなり独特なデザインですね。

1008_HG グレモリー
【胴体(前面)】
 内部のガンダムフレームパーツはこれまでのキットと共通。
 腹部はガンダムフレームが露出するデザインとなっています。
 胸部のピンクの箇所はパーツにて色分けが再現されています。

1009_HG グレモリー
フロントアーマーはサイドアーマーのボールジョイント接続という特殊な構成で
サイドアーマーを前方へ可動させることにより、フロントアーマーが上方へ可動します。

1010_HG グレモリー
サイドアーマーは腰部のポリキャップと軸接続で上方へこの程度、可動が可能です。
またフロントアーマーもサイドアーマーのボールジョイント接続なので左右への可動が可能となっています。

1011_HG グレモリー
フロントアーマー裏のディテールは造形で再現されています。

1012_HG グレモリー
股間下部にはアクションベースに対応した3㎜丸型穴があります。
また、リアアーマー裏のディテールも造形で再現されています。

1013_HG グレモリー
【胴体(後面)】
 背中にはフードの基部パーツが取り付けられています。

1014_HG グレモリー
フード基部パーツの両側面にはウイングパーツが取り付けられています。
ウイングパーツ先端のピンクはパーツにて色分けが再現されています。

1015_HG グレモリー
フード基部は2重構造で各々が可動します。

1016_HG グレモリー
ウイングパーツ先端内部のディテールはシールで補います。

1017_HG グレモリー
ウイングパーツは基部がヒンジで後方への可動が可能です。

1018_HG グレモリー
また、ジョイントパーツがフード基部パーツと軸接続なので下方への可動も可能です。

1019_HG グレモリー
【リアアーマー】

1020_HG グレモリー
【胴体(側面)】
 胸部側面にパーツ分割ラインが出ます。
 フードパーツは横から見るとこのようなデザインとなっています。
 なかなか面白いデザインです。

1021_HG グレモリー
【フードパーツ(側面)】
 かなり奥行があり大きめのサイズのパーツとなっています。
 側面からは頭部のアンテナが露出します。

1022_HG グレモリー
フードパーツはこのようにして、下方へ可動させ頭部を露出させます。

1023_HG グレモリー
【フードパーツ(上面)】

1024_HG グレモリー
【頭部(前面)】
 鉄血のガンダムなので特に驚きませんが、これまた特殊なデザインとなっています。
 内部のツインアイの露出は最低限です。
 ツインアイはシールで補います。

1025_HG グレモリー
頭部を完全に露出させるには胸上部のアゴカバーパーツを可動させる必要があります。

1026_HG グレモリー
【頭部(側面)】
 
1027_HG グレモリー
【頭部(後面)】
 ガンダムフレーム中央にパーツ分割ラインが出ます。

1028_HG グレモリー
【頭頂部】

1029_HG グレモリー1030_HG グレモリー
1031_HG グレモリー
【腕部】
 腕部も胴体同様、ガンダムフレームパーツに外装パーツを取り付ける構成です。
 肩は比較的大きめのサイズのデザイン。
 前腕後面には小手パーツが取り付けられています。
 手パーツは平手がデフォです。

1032_HG グレモリー
【肩(前面)】
 前面のホワイトの三角マークはシールで補います。

1033_HG グレモリー
肩パーツはヒンジで上方へこの程度、可動します。
また、肩内部の小型のカバーパーツも上方への可動が可能です。

1034_HG グレモリー
【肩(側面)】
 側面内部のブラックの箇所はシールで補います。

1035_HG グレモリー
前腕上部のブラックの部分もシールで補います。

1036_HG グレモリー
小手パーツは手首に接続されたジョイントで前方への可動が可能です。

1037_HG グレモリー
【バトルアンカー】
 専用の持ち手パーツが左右付属します。
 かなり大型の武装で、重量もなかなかあり、片手で保持すると肩が負けます。
 また、グリップと持ち手パーツの相性があまり良くなくしっかり保持することができません。
 バトルアンカーは「Mr.カラースプレー シルバー」で全塗装しました。

1038_HG グレモリー
下部の刃はモナカ仕様。
上部の破損した刃は別パーツで構成されています。

1039_HG グレモリー1040_HG グレモリー
1041_HG グレモリー
【脚部】
 脚部も胴体、腕部同様、ガンダムフレームパーツに外装パーツを取り付ける構成。
 側面から見たデザインはバルバトスに似ています。

1042_HG グレモリー
足首カバーパーツは前後に可動が可能です。

1043_HG グレモリー
足前面のブラックの箇所はシールで補います。

1044_HG グレモリー
【足裏】


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1045_HG グレモリー
肩は外側へ90°、上腕ロール可動、肘90°可動。
股関節は外側へ90°、ももロール可動、膝135°、足首は前後45°、左右90°、足前部は下方へ可動。

1046_HG グレモリー
腰は45°回転可動。
股関節は前方90°、後方45°可動。

1047_HG グレモリー
腰は左右にこの程度、可動します。

1048_HG グレモリー
前屈。

1049_HG グレモリー
後屈。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

1050_HG グレモリー

1051_HG グレモリー

1052_HG グレモリー

1053_HG グレモリー

1054_HG グレモリー

1055_HG グレモリー

1056_HG グレモリー

1057_HG グレモリー

1058_HG グレモリー

1059_HG グレモリー

1060_HG グレモリー

1061_HG グレモリー

1062_HG グレモリー

1063_HG グレモリー

1064_HG グレモリー

1065_HG グレモリー



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事