リボルテック - 天元突破グレンラガン - アークグレンラガン レビュー

リボルテック アークグレンラガン39


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    商品説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ■ メーカー 海洋堂
 ■ 価格   2,515円(税込)
 ■ サイズ  全高:約170mm


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 ディスプレイスタンド
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン1
ディスプレイスタンドはリボルテックではおなじみのデザイン。
支柱と台座は分離することができます。
また、今回は使用しませんが台座には本体保持用のピンが1ヶ所あります。
今回は延長用支柱とリボルバージョイントが1個ずつ付属します。
カラーはクリアではなく、ブラックとなっています。


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    全体
/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン2
2009年リリースの古き良き時代のリボルテック。
全面塗装仕上げで2,000円代、今なら8,000円くらいはするでしょうね。
プロポーションも素晴らしいし、デザインも劇中準拠です。
アークグレンラガン自体のフィギュアがほとんどリリースされていないので超貴重なアイテムとなっています。

リボルテック アークグレンラガン3

リボルテック アークグレンラガン4

リボルテック アークグレンラガン5

リボルテック アークグレンラガン6


/_/_/_/_/_/_/_/_/
    比較
/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン7
「リボルテック グレンラガン」との比較。
 ノンスケールですがグレンラガンよりは体高があります。
 ただ、頭部はグレンラガンよりかなり小さめのサイズになっています。

リボルテック アークグレンラガン8
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーバルカン アサルトウルフ」との比較。
 標準的なフィギュアーツと並べるとこの程度のサイズ感になります。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    各部位説明
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン9
【頭部(前面)】
 背中の突起までフレームに入れた状態だと、頭部の大きさはこのくらいで、かなり小さいサイズ。

リボルテック アークグレンラガン10
目の位置がややズレていますが、このサイズでこの塗装精度なら許容範囲。

リボルテック アークグレンラガン11
【頭部(側面)】
 首にはリボルバージョイントが仕込まれています。
 背中の突起は本体と軸接続なので脱着も可能ですし、左右への可動も可能です。

リボルテック アークグレンラガン12
首基部のパーツは前方への可動が可能です。

リボルテック アークグレンラガン13
【頭部(後面)】

リボルテック アークグレンラガン14
【胴体(前面)】
 シルバーの部分は全塗装仕上げ。
 腹部の口の部分はパープルのメタリック塗装仕上げとなっています。

リボルテック アークグレンラガン15
腹部は腰部と軸接続になっており、左右に回転可動が可能です。

リボルテック アークグレンラガン17
【胴体(側面)】

リボルテック アークグレンラガン18
サイドアーマーはリボルバージョイントで上方への可動が可能です。

リボルテック アークグレンラガン16
【胴体(後面)】
 腰部後面にはディスプレイスタンドの支柱に対応した3㎜丸型の穴があります。
 胸部内部と股関節、サイドアーマー基部にリボルバージョイントが仕込まれています。

リボルテック アークグレンラガン19リボルテック アークグレンラガン20
リボルテック アークグレンラガン21
【腕部】
 腕も全面塗装仕上げ。
 とても力強いフォルムに仕上げられています。
 肩と肘内部、手首にリボルバージョイントが仕込まれています。

リボルテック アークグレンラガン22
肩上部の辺りもしっかり塗装で仕上げられています。

リボルテック アークグレンラガン23
肘は上腕と前腕が軸接続で左右に回転可動が可能です。

リボルテック アークグレンラガン24
【平手パーツ(左右)】

リボルテック アークグレンラガン25
【時空烈断バーストスピニングパンチ用エフェクトパーツ(左右)】
 握り手パーツに取り付けて再現します。

リボルテック アークグレンラガン26
【エフェクトパーツ(表面)】
 グラデ塗装仕上げとなっています。

リボルテック アークグレンラガン27
【エフェクトパーツ(裏面)】
 手にぴったりフィットするように手の形のへこみがあります。

リボルテック アークグレンラガン28リボルテック アークグレンラガン29
リボルテック アークグレンラガン30
【脚部】
 脚も全面塗装仕上げ。
 膝とランディングギア基部にリボルバージョイントが仕込まれています。
 劇中未登場ですが、足先のランディングギアも再現されており、自立が可能です。

リボルテック アークグレンラガン31
ももとすねは軸接続なので、左右に回転可動が可能です。

リボルテック アークグレンラガン32
【ランディングギア】

リボルテック アークグレンラガン33
ランディングギアは180°回転させて、脚内部に収納することが可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    可動範囲
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン34
肩は外側へ90°、肩ロール可動、肘90°可動
股関節は外側へ90°、ももロール可動、膝135°可動。

リボルテック アークグレンラガン35
腹部360°回転可動、
股関節は前後に90°可動。

リボルテック アークグレンラガン36
胸部内部のリボルバージョイントの角度を変えることで上半身を左右にこの程度、可動させることが可能です。

リボルテック アークグレンラガン37
首、胸部はこの程度、前屈が可能です。

リボルテック アークグレンラガン38
首、胸部はこの程度、後屈が可能です。


/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
    アクションタイム
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

リボルテック アークグレンラガン39

リボルテック アークグレンラガン40

リボルテック アークグレンラガン41

リボルテック アークグレンラガン42

リボルテック アークグレンラガン43

リボルテック アークグレンラガン44

リボルテック アークグレンラガン45

リボルテック アークグレンラガン46

リボルテック アークグレンラガン47

リボルテック アークグレンラガン48

リボルテック アークグレンラガン49

リボルテック アークグレンラガン50

リボルテック アークグレンラガン51

リボルテック アークグレンラガン52

リボルテック アークグレンラガン53

リボルテック アークグレンラガン54



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ





このエントリーをはてなブックマークに追加