30MM エグザビークル ( アタックサブマリンVer. ) [ ライトグレー ] レビュー

30MM アタックサブマリン1


【商品説明】

 ■ 価格     858円(税込)
 ■ キット内容  ランナー×3
 ■ 組み立て内容 素組み


【機体説明】

 バイロン軍の工作部隊が使用する特殊潜航艇。
 海上での基地を持たないエグザマクスを運搬・支援することを目的に開発された。
 ポルタノヴァの水中用ユニットと同型の推進機を2基搭載しており、水中・海上での高い機動力・航続性能を持つ。
 作戦行動に合わせ、船首にユニットを加えることでの強襲形態や機動ユニットの変更による狭水域に適した潜入形態など、様々な形態での運用が可能。
 エグザマクスの背部へ接続が可能となっており、換装することで水中での対艦船、対エグザマクス戦で高い効果を発揮する。
 - 取説より -


【全体(エイ型:通常航行形態)】

30MM アタックサブマリン2
当キットではパーツ差し替えで、エイ型、シュモクザメ型、ノコギリザメ型の3種の形態を再現可能です。
こちらはエイ型。

30MM アタックサブマリン3

30MM アタックサブマリン4

30MM アタックサブマリン5

30MM アタックサブマリン6


【比較(エイ型)】

30MM アタックサブマリン7
30MM bEXM-15 ポルタノヴァ [グリーン]」と。
標準的なエグザマクスのポルタノヴァと比べると、結構大きめのサイズなのが分かると思います。


【各部位(エイ型)】

30MM アタックサブマリン8
船首パーツは本体側C型ジョイント、船首側軸ジョイント接続。
上面には丸型ハードポイント、前面には軸ジョイントが2箇所があります。

30MM アタックサブマリン9
船首パーツは上下に可動が可能です。

30MM アタックサブマリン10
本体先端側面には丸型ハードポイントがあります。

30MM アタックサブマリン11
本体上面には丸型ハードポイントが2箇所あります。

30MM アタックサブマリン12
本体上面にはグリップパーツが取り付けられています。
グリップパーツは本体と軸ジョイント接続、グリップパーツ上部にはC型ジョイントがあります。
グリップ部をエグザマクスの手で保持することもできます。

30MM アタックサブマリン13
グリップパーツは前後に可動が可能です。

30MM アタックサブマリン14
本体下部にはアームが取り付けられています。
アームは2パーツ構成で本体と軸接続です。

30MM アタックサブマリン15
アームは基部含め2箇所、回転可動します。

30MM アタックサブマリン16
本体側面のウイングパーツは本体と軸接続。
ウイングパーツ上面には丸型ハードポイントがあります。

30MM アタックサブマリン17
ウイングパーツ後面にはダクトの造形があります。

30MM アタックサブマリン18
ウイングパーツ側面にはカバーパーツが取り付けられています。
こちらのパーツは「30MM bEXM-15 ポルタノヴァ (水中仕様) [パープル]」からの流用です。

30MM アタックサブマリン19
ウイング側面カバーパーツはウイングと軸接続で垂直方向に回転可動が可能です。

30MM アタックサブマリン20
ウイング本体も垂直方向に回転可動が可能。

30MM アタックサブマリン21
推進機も一部のパーツを除いて、「30MM bEXM-15 ポルタノヴァ (水中仕様) [パープル]」からの流用です。

30MM アタックサブマリン22
推進機基部のジョイントパーツはウイングパーツ下面と軸接続です。
またジョイントパーツ前面にはC型ジョイントがあります。

30MM アタックサブマリン23
ジョイントパーツ側C型ジョイント、推進機側軸ジョイント接続で、推進機は下方への可動が可能です。

30MM アタックサブマリン24
推進機上面には丸型ハードポイントがあります。

30MM アタックサブマリン25
推進機後部のスラスターパーツは上下2パーツ構成。

30MM アタックサブマリン26
スラスターパーツは後方へ可動が可能です。

30MM アタックサブマリン27
スラスタージョイントパーツは推進器と軸接続で左右への可動が可能です。

30MM アタックサブマリン28
機動ユニット側面には丸型ハードポイントが3箇所あります。

30MM アタックサブマリン29
機動ユニットは本体側C型ジョイント、機動ユニット側軸ジョイント接続で、上下の可動が可能です。

30MM アタックサブマリン30
本体下面には丸型ハードポイントが2箇所あります。
また、推進機下面にも丸型ハードポイントがあります。

30MM アタックサブマリン31
推進機は左右への可動が可能です。


【シュモクザメ型:潜入形態の再現】

30MM アタックサブマリン32
1.本体から推進機を取り外します。

30MM アタックサブマリン33
2.推進機をジョイントパーツ、推進機本体、スラスターパーツに分解します。

30MM アタックサブマリン34
3.推進機前面にジョイントパーツを、後方ジョイントパーツにスラスターパーツ(スラスターが2重となります)を取り付けます。

30MM アタックサブマリン35
4.推進機を本体起動ユニット部に取り付けます。

30MM アタックサブマリン36
5.グリップパーツ、アームを後方へ可動させます。

30MM アタックサブマリン37
6.船首パーツを上方へ可動させ、シュモクザメ頭部パーツを取り付ければ完成です。

30MM アタックサブマリン38

30MM アタックサブマリン39

30MM アタックサブマリン81

30MM アタックサブマリン40

30MM アタックサブマリン41

30MM アタックサブマリン42
推進機ジョイントパーツは2個付属するので、このように推進機を延長することが可能です。


【ノコギリザメ型:強襲形態の再現】

30MM アタックサブマリン43
ノコギリザメ型の再現はシュモクザメ型をベースに行います。
1.エイ型起動ユニット側面にノコギリパーツを取り付けます。

30MM アタックサブマリン44
2.船首パーツを差し替え、アームを前方へ可動させれば完成です。

30MM アタックサブマリン45

30MM アタックサブマリン46

30MM アタックサブマリン47

30MM アタックサブマリン48

30MM アタックサブマリン49


【剣の再現】

30MM アタックサブマリン53
ノコギリザメ型船首パーツに本体グリップパーツを取り付ければ、エグザマクス用の剣を再現することが可能です。


【エグザマクスとの合体】

30MM アタックサブマリン55
エグザマクスのバックパックを取り外し、エイ型船首を接続すれば、合体を再現できます。
ただし、ブラックサブマリンの重量があるのでスタンドで保持しないと自立はできません。
今回は「30MM bEXM-14T シエルノヴァ [ ダークグレー ]」と合体させてみました。
カラーリングが合っているので違和感はありません。

30MM アタックサブマリン56
船首は可動するので、このようにブラックサブマリンを垂直状態にすることも可能です。


【フェイスパーツ】

30MM アタックサブマリン50
今回のキットでは新規造形のフェイスパーツが付属します。
フェイスパーツは前後2パーツ構成。

30MM アタックサブマリン51
別途、ボールジョイントパーツが付属するので、こちらを使用すれば・・・

30MM アタックサブマリン52
フェイスパーツをブラックサブマリン本体に取り付けることも可能です。


【余剰パーツ】

30MM アタックサブマリン54
「余ったパーツはお好みでご自由にお使い下さい」的な余剰パーツ。
こちらのパーツは「30MM bEXM-15 ポルタノヴァ (水中仕様) [パープル]」の膝パーツと足首パーツです。


【アクションタイム】

30MM アタックサブマリン57

30MM アタックサブマリン58

30MM アタックサブマリン59

30MM アタックサブマリン60

30MM アタックサブマリン61

30MM アタックサブマリン62

30MM アタックサブマリン63

30MM アタックサブマリン64

30MM アタックサブマリン65

30MM アタックサブマリン66

30MM アタックサブマリン67

30MM アタックサブマリン68

30MM アタックサブマリン69

30MM アタックサブマリン70

30MM アタックサブマリン71

30MM アタックサブマリン72

30MM アタックサブマリン73

30MM アタックサブマリン74

30MM アタックサブマリン75

30MM アタックサブマリン76

30MM アタックサブマリン77

30MM アタックサブマリン78

30MM アタックサブマリン79

30MM アタックサブマリン80



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ







このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事