千値練 プライオボット 天元突破グレンラガン グレンラガン レビュー

プライオボット グレンラガン1


【価格】
4,950円(税込)


【キット内容】
ランナー×16、彩色済みパーツ×5、シール×1。


【組み立て内容】
素組み、シール貼り。



【全体】

プライオボット グレンラガン2
アニメ『天元突破グレンラガン』より千値練オリジナル『RIOBOTグレンラガン』がフォルムそのままに組立式プラスチックキットとなってリニューアル。5色の成型色に加えて頭部と胸部も塗装済み仕様なので組立てるだけでケレン味溢れるグレンラガンがあなたの手に!グレンウイングや3種のドリル、グレンブーメランなど豊富なオプションパーツにより劇中の名場面を再現可能です。
【公式サイトより】

プライオボット グレンラガン3
プライオボットは初めて組んだのですが、ランナー数、シール数が多く、
いつも作っているガンプラとはやや毛色の違う感じで慣れるまで時間がかかりました。
組み終えた後の印象は「ガンプラで例えるとMGよりHG寄りだけど、やや細かいHGかな?」といった感じ。

プライオボット グレンラガン4

プライオボット グレンラガン5

プライオボット グレンラガン6


【比較】

プライオボット グレンラガン7
「RIOBOT グレンラガン」と。
プロポーションや細部のディテールはほぼ「RIOBOT グレンラガン」と同じです。
一部、カラーリングが省略されていたり、ゴールドやシルバーの色味が変更されています。

プライオボット グレンラガン8


【各部位】

プライオボット グレンラガン9
頭部前面。
角と顔は彩色済みパーツ。
顔はRIOBOT版と遜色ない仕上がりになっています。
頭部は左右のパーツで顔パーツを挟み込む仕様となっています。

プライオボット グレンラガンa1
角中央のシルバーはシールで補う仕様ですが、
内部にはしっかり造形が施されていました。

プライオボット グレンラガン10
別途、叫び顔パーツも付属しますが、こちらは彩色はされていませんでした。
また、取り付けるためには頭部パーツを一度バラす必要があるので大変。
これはマイナス点かな。

プライオボット グレンラガン11
頭部側面。
耳にあたる部分は別パーツ構成。

プライオボット グレンラガン12
頭部後面。
中央にパーツ分割ラインが出ます。

プライオボット グレンラガン13
頭頂部のパーツ(ブラック)も別パーツ構成でした。

プライオボット グレンラガン14
胴体前面。
頭部同様、RIOBOTと遜色ないデザインとなっています。
レッドのパーツは光沢仕様仕上げ。

プライオボット グレンラガン15
バストアップ。
首周りはガンメタ仕上げ。
胸のグレンブーメランはクリアパーツ製で、RIOBOT版より透明度が高くなっており、グレンの目がかなりはっきり露出します。

プライオボット グレンラガン16
グレンブーメランを取り外した状態。
胸内部のグレンの目や胸部、腹部は彩色済みパーツとなっています。

プライオボット グレンラガン17
グレンの口は開閉が可能で、歯もしっかり再現されています。

プライオボット グレンラガン18
この辺りのシールで補う部分も内部は造形がしっかり施されています。

プライオボット グレンラガン19
胴体後面。
腹部はガンメタ仕上げ。

プライオボット グレンラガン20

プライオボット グレンラガン21
胴体側面。
胸下部、腹部側面にパーツ分割ラインが出ます。

プライオボット グレンラガン22
サイドアーマーのゴールドは全てシールで補います。
上下で色味の違ったゴールドとなっています。

プライオボット グレンラガン23
サイドアーマーは基部がボールジョイントで上方へ可動します。

プライオボット グレンラガン24
また、前後にも可動が可能です。

プライオボット グレンラガン25
股間下部後方には3㎜凹があり、「RIOBOT グレンラガン」に付属するスタンドに対応しています。
また、リアアーマー裏面には別パーツで造形がしっかり再現されています。

プライオボット グレンラガン26プライオボット グレンラガン27
プライオボット グレンラガン28
腕も頭部や胴体同様、RIOBOT版とほぼ同じデザイン。
一部、カラーリングが省略されています。
上腕前後、前腕前面にパーツ分割ラインが出ます。

プライオボット グレンラガン29
肩パーツは基部がヒンジで上方へ可動します。

プライオボット グレンラガン30
肩アーマーのグレン団のシンボルマークですが、
RIOBOT版ではグラデ塗装、グラサン部はホワイトで塗装されていましたが、
さすがにそこまでは再現されておらず。

プライオボット グレンラガン31
肩アーマーは基部がボールジョイントで回転可動式。

プライオボット グレンラガン32
肩アーマー裏側の造形も抜かりなく仕上げられています。

プライオボット グレンラガン33
肩アーマーのジョイントは肩下部に取り付けられており、水平方向に回転可動が可能です。

プライオボット グレンラガン34
前腕上部のゴールド、肘のシルバーはシールで補う仕様です。こちらは外側。

プライオボット グレンラガン35
こちらは内側。
肘のシルバーのシール内部も造形が施されています。

プライオボット グレンラガン36
前腕は肘とは独立で可動が可能です。

プライオボット グレンラガン37
前腕の可動時に露出する肘後面も別パーツ構成で、しっかり造形が施されています。

プライオボット グレンラガン38
手周り。
手首や手はガンメタ仕様。
手パーツは2パーツ構成です。
尚、手首パーツは脱着が可能です。

プライオボット グレンラガン39プライオボット グレンラガン40
プライオボット グレンラガン41
脚や足もRIOBOT版と同じデザイン。
もも、すね後面にパーツ分割ラインが出ます。

プライオボット グレンラガン42
4ヶ所のシルバーのシール内部も造形が施されています。

プライオボット グレンラガン43
すね後面のダクト的な造形は別パーツ構成で、足首パーツと一体成型となっています。

プライオボット グレンラガン93
足首パーツは通常見えない部分ですが、しっかり造形が施されています。

プライオボット グレンラガン44
足裏。
肉抜きは一切なく、しっかり造形が施されています。


【グレンウイング】

プライオボット グレンラガン51
グレンウイングもRIOBOT版と同じサイズ、同じデザインとなっています。

プライオボット グレンラガン52
こちらは裏側。

プライオボット グレンラガン53
側面。

プライオボット グレンラガン54
先端の突起部。
2枚のパーツを組み合わせて再現しますが、普通に組むと先端部がパカパカ浮いてしまいます。
取説では「接着剤を使用して下さい」との記載があったので、接着剤で接着しました。

プライオボット グレンラガン55
中央部にはドリルパーツが4個、取り付けられています。

プライオボット グレンラガン56
本体背中に取り付ける裏側もしっかり造形が施されています。
また、両側面には本体に取り付けるための突起があります。

プライオボット グレンラガン57
下部ブースターは別パーツ構成で再現。
ブースターパーツはガンメタ仕様。

プライオボット グレンラガン58
ウイング部。
こちらも先端の突起部同様、2枚のパーツを組み合わせて再現するのですが、
接着剤を使用しないと、先端が浮いてしまいます。
また、RIOBOT版ではウイング中央部に可動ジョイントがしこまれていましたが、
今回は省略されています。

プライオボット グレンラガン59
ウイングは本体から引き出すことが可能です。

プライオボット グレンラガン60
これにより、ウイングを前後へ可動させることができます。

プライオボット グレンラガン61
RIOBOT版との比較。
細かいカラーリングも違いますが、ブラックの色合いもやや変更されています。

プライオボット グレンラガン62
中央部のモールドですが、RIOBOT版ではライトグリーンで塗装されていますが、
今回は自分で塗装する必要があります。

プライオボット グレンラガン63
グレンウイングを取り付けた状態。

プライオボット グレンラガン64

プライオボット グレンラガン65
RIOBOT版との比較。

プライオボット グレンラガン66


【武装他】

プライオボット グレンラガン45
ドリル(手首)×2。
手首パーツごとまるごと差し替えて再現します。

プライオボット グレンラガン46
グレンブーメラン×2。
クリアパーツ製。
胸部に取り付けられたものとはフォルムが異なり、平面となっています。
専用の持ち手パーツが左右付属。

プライオボット グレンラガン47
ドリル(短・太)。
基部がボールジョイントとなっており、手首に取り付けて再現します。
ドリルはモナカ仕様。

プライオボット グレンラガン48
ドリル(長・細)。
こちらも基部のボールジョイントを手首に取り付けて再現します。
ドリルはモナカ仕様。

プライオボット グレンラガン49
平手パーツ(左右)。
握り手、グレンブーメラン持ち手同様、2パーツ構成。

プライオボット グレンラガン50
指差し手パーツ(左右)。
こちらも2パーツ構成。


【可動範囲】

プライオボット グレンラガン67
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘180°、
股関節は水平方向に45°、ももロール可動、膝135°、足首は水平方向に45°、垂直方向に前方90°、後方45°可動。

プライオボット グレンラガン68
胸部、腰部45°回転可動。
股関節は垂直方向に90°可動。

プライオボット グレンラガン69
胸部および腰部は水平方向に可動。

プライオボット グレンラガン70
前屈。

プライオボット グレンラガン71
後屈。


【アクションタイム】

プライオボット グレンラガン72

プライオボット グレンラガン73

プライオボット グレンラガン74

プライオボット グレンラガン75

プライオボット グレンラガン77

プライオボット グレンラガン76

プライオボット グレンラガン78

プライオボット グレンラガン79

プライオボット グレンラガン80

プライオボット グレンラガン81

プライオボット グレンラガン82

プライオボット グレンラガン83

プライオボット グレンラガン84

プライオボット グレンラガン85

プライオボット グレンラガン86

プライオボット グレンラガン87

プライオボット グレンラガン88

プライオボット グレンラガン89

プライオボット グレンラガン90

プライオボット グレンラガン91

プライオボット グレンラガン92



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事