S.H.フィギュアーツ 真骨彫製法 仮面ライダーオーズ ガタキリバ コンボ 【プレミアムバンダイ限定】 レビュー

SHF ガタキリバ1


【コアメダル】

SHF ガタキリバ2
今回、コアメダルは本体に取り付けられておらず、ランナー仕様で付属していました。
左からクワガタ、カマキリ、バッタ。


【全体】

SHF ガタキリバ3

SHF ガタキリバ4

SHF ガタキリバ5

SHF ガタキリバ6

SHF ガタキリバ7


【比較】

SHF ガタキリバ8
S.H.フィギュアーツ (真骨彫製法) 仮面ライダーオーズ タトバ コンボ」と。
頭部と胸部、腕が新規造形になっています。
腹部、腰部、脚、足はタトバと共通。

SHF ガタキリバ9
2011年リリースの旧版と。
プロポーションはもちろん違うのですが、
グリーンのカラーリングがかなり変更されています。特に頭部は顕著に違います。


【各部位】

SHF ガタキリバ10
頭部前面。
新規造形。
複眼はクリアパーツ製で、劇中のスーツのデザインと遜色がありません。
グリーンはメタリック仕様。

SHF ガタキリバ11
頭部側面。

SHF ガタキリバ12
頭部後面。

SHF ガタキリバ13
胴体前面。
胸部が新規造形になっています。
タトバではオーラングサークルのゴールドのラインが円形でしたが、こちらはラインは下部にのみあります。
オーラングサークルのカラーリングは上部がメタリックグリーン、真ん中がやや黄緑、下部がマットグリーンになっています。

SHF ガタキリバ14
オーズドライバーはタトバと共通で水平方向に可動式。

SHF ガタキリバ15
オーズドライバー下部には穴が開いており・・・

SHF ガタキリバ16
付属の専用パーツを差し込む事でメダルの取り外しが楽になっています。

SHF ガタキリバ17
胴体後面。

SHF ガタキリバ18
腰部右側にはオースキャナーを取り付ける事が可能。

SHF ガタキリバ19
腰部左側にはオーメダルネストが。
オーメダルネストは開閉しません。

SHF ガタキリバ20SHF ガタキリバ21
SHF ガタキリバ22
腕は新規造形。
オーラングサークルのグリーンより、かなり黄緑に近いカラーリングになっています。
前腕のカマキリソードは脱着が可能です。

SHF ガタキリバ23
肩パーツはジョイントで下方へ可動。

SHF ガタキリバ24
肘は水平方向に45°回転可動式。

SHF ガタキリバ27SHF ガタキリバ26
SHF ガタキリバ25
脚や足はタトバと共通。

SHF ガタキリバ28
足裏。

SHF ガタキリバ29
膝は水平方向に45°回転可動式。


【バッタレッグ】

SHF ガタキリバ30
バッタレッグパーツの基部はジョイントで可動が可能になっています。

SHF ガタキリバ31
バッタレッグを装着した状態。
自立は可能ですが、普通に自立させるとスキー板を履いているような感じになってしまいます。

SHF ガタキリバ32

SHF ガタキリバ33


【コンボチェンジギミック】

SHF ガタキリバ34
タトバ同様、頭部、胸部(腕)、下半身は分離可能。

SHF ガタキリバ35
タトバと組み合わせる事で、亜種フォーム「ガタトラバ」を再現可能。

SHF ガタキリバ36
こちらはタカキリバ。


【付属品】

SHF ガタキリバ37
カマキリソード×2。
専用の持ち手パーツが左右付属します。

SHF ガタキリバ38
平手パーツ(左右)。

SHF ガタキリバ39
メダル持ち手パーツ(左右)。

SHF ガタキリバ40
オースキャナー持ち手パーツ(右のみ)。


【可動範囲】

SHF ガタキリバ41
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、
股関節は水平方向に45°、腿ロール可動、膝135°、足首は水平・垂直方向に45°、足先45°可動。

SHF ガタキリバ42
胸部45°、腰360°回転可動、
股関節は垂直方向に90°可動。

SHF ガタキリバ43
前屈。

SHF ガタキリバ44
後屈。


【アクションタイム】

SHF ガタキリバ45

SHF ガタキリバ46

SHF ガタキリバ47

SHF ガタキリバ48

SHF ガタキリバ49

SHF ガタキリバ50

SHF ガタキリバ51

SHF ガタキリバ52

SHF ガタキリバ53

SHF ガタキリバ54

SHF ガタキリバ55

SHF ガタキリバ56

SHF ガタキリバ57

SHF ガタキリバ58



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事