S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ レビュー

SIC フォーゼ ベース1


【全体】

SIC フォーゼ ベース2

SIC フォーゼ ベース3

SIC フォーゼ ベース4

SIC フォーゼ ベース5

SIC フォーゼ ベース6
税込み12,980円なり。
僕がS.I.C.を集め出した頃は単体で3,500円くらいだったので15年で約4倍近く値上がりしています。
正直、高すぎてついていけない・・・(´Д⊂ヽ


【比較】

SIC フォーゼ ベース7
「S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ」と。
基本的なデザインはあまり変わりませんが、前腕とすねがかなりアレンジされて、巨大化しています。
カラーリングもメタリック色をふんだんに使用しており、メカニカルなアレンジとなっています。

SIC フォーゼ ベース8
「S.I.C. 仮面ライダードライブ タイプスピード」と。
同じメカニカルなアレンジのドライブと比べてみましたが、体高も変わらず、スケールに変更はないようです。


【各部位】

SIC フォーゼ ベース9
頭部前面。
複眼やアゴのラインが角ばったデザインに変更されています。
またオリジナルにはなかった頭頂部のアンテナが追加されており、コズミックステイツのようなデザインになっています。

SIC フォーゼ ベース10
頭部側面。

SIC フォーゼ ベース11
頭部後面。
水平ラインのカラーリングはホワイトからシャンパンゴールドへ変更されています。

SIC フォーゼ ベース12
胴体前面。
こちらも基本的なデザインはオリジナルに準拠していますが、胴体のラインがオレンジからレッドに変更されていたり、
胸下部にキザキザのラインが造形されていたりと、そこそこアレンジされています。

SIC フォーゼ ベース13
フォーゼドライバーや各アストロスイッチも精巧に仕上げられています。
アストロスイッチ基部は左右で別パーツになっており、ボールジョイントで可動式。
右側のベルトレバーは劇中同様、可動します。

SIC フォーゼ ベース14
S.I.C.オリジナルのベルトから伸びる太めのコードは軟質素材製で背中に接続されています。

SIC フォーゼ ベース15
背中のバックパックはかなりアレンジされていて、下部に巨大なバーニアが1基取り付けられています。

SIC フォーゼ ベース16
バックパックカバーを可動させると、バーニアを上方へ可動させる事も可能。

SIC フォーゼ ベース17
バーニア内部もしっかり造形されていました。

SIC フォーゼ ベース18
バーニア基部にはメカニカルな造形も施されていて好印象。

SIC フォーゼ ベース20SIC フォーゼ ベース21
SIC フォーゼ ベース22
腕は前腕がかなり大きくアレンジされています。
上腕にはオレンジのラインが追加されており、肩や前腕の水平ラインはシャンパンゴールドのカラーリングで仕上げられています。

SIC フォーゼ ベース23
オリジナル同様、右前腕にはサークルモジュール、左前腕にはスクエアモジュールが造形されています。

SIC フォーゼ ベース24
手首の内側に至るまでしっかり造形が施されていました。

SIC フォーゼ ベース25
肩パーツはヒンジで下方へ可動式。

SIC フォーゼ ベース26SIC フォーゼ ベース27
SIC フォーゼ ベース28
脚は前腕同様、すねが巨大にアレンジされています。
すねや足首にはメタリック塗装がふんだんに施されており、見栄えが良いです。

SIC フォーゼ ベース29
右すねにはクロスモジュール、左すねにはトライモジュールが造形されています。

SIC フォーゼ ベース30
今回の足首は足に取り付けられた外装パーツで回転可動します。
足基部もボールジョイント接続ですが左右の可動はできず、前後のみの可動が可能です。

SIC フォーゼ ベース31
すね外装パーツは後方へ可動式。
内部のメカニカルな造形も丁寧に仕上げられています。

SIC フォーゼ ベース32
すね内部にはバーニアが1基取り付けられています。
もう、こうなるとまるでガンダムのモビルスーツみたい。

SIC フォーゼ ベース33
足裏。


【付属品】

SIC フォーゼ ベース34
ロケットモジュール側面。
デザインはオリジナルに概ね準拠していますが、カラーリングが複雑にアレンジされています。

SIC フォーゼ ベース35
ロケットモジュール上面。
中央にはメカニカルな造形が施されていて見栄えが良いです。

SIC フォーゼ ベース36
ロケットモジュール下面。

SIC フォーゼ ベース37
ロケットモジュール後面。
オリジナルではバーニアは4基でしたが、今回はなんと13基も取り付けられています。

SIC フォーゼ ベース38
上面中央のカバーを取り外すと魂STAGEに対応した凹が露出します。

SIC フォーゼ ベース39
ロケットモジュールを本体に取り付けた状態。
右前腕を差し替えて再現します。
本体と同程度の大きさでインパクトはかなりあります。
重量もあるので補助なしでのポージングは難しめ。

SIC フォーゼ ベース40
ドリルモジュール前面。

SIC フォーゼ ベース41
ドリルモジュール後面。

SIC フォーゼ ベース42
ドリルモジュール側面。

SIC フォーゼ ベース43
ドリルアップ。
ドリルの先端には突起が3つ造形されています。これもアレンジ。

SIC フォーゼ ベース44
ドリル先端部は取り外す事ができ、これによりドリルを地面にぶっ刺した状態を再現する事が可能。

SIC フォーゼ ベース45
ドリル後面のカバーを取り外すと魂STAGE対応の凹が露出します。

SIC フォーゼ ベース46
ドリルモジュールを本体に取り付けた状態。
左すねを差し替えて再現します。

SIC フォーゼ ベース47
開き手パーツ(左右)。

SIC フォーゼ ベース48
表情の付いた手パーツ(左右)。

SIC フォーゼ ベース49
ベルトレバー持ち手(右のみ)。

SIC フォーゼ ベース50
専用台座&ジョイントパーツ×2。
「S.I.C. SUPERIOR IMAGINATIVE COLOSSEM」のロゴと、造形士である「坂本洋一&KOMA」のプリントが。

SIC フォーゼ ベース51
ジョイントは魂STAGEに対応しており、台座後部に取り付けて使用します。


【可動範囲】

SIC フォーゼ ベース52
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘135°、股関節は水平方向に90°可動。

SIC フォーゼ ベース53
胸部45°、腰360°回転可動、股関節は垂直方向に90°可動。

SIC フォーゼ ベース54
腿ロール可動、膝はすね後面上部のパーツを押し込む事により135°可動、足首は水平・垂直方向に45°、足先45°可動。

SIC フォーゼ ベース55
前屈。

SIC フォーゼ ベース56
後屈。


【アクションタイム】

SIC フォーゼ ベース57

SIC フォーゼ ベース58
宇宙キターーーーーー

SIC フォーゼ ベース59
タイマンはらせてもらうゼ!

SIC フォーゼ ベース60

SIC フォーゼ ベース61

SIC フォーゼ ベース62

SIC フォーゼ ベース63

SIC フォーゼ ベース64

SIC フォーゼ ベース65

SIC フォーゼ ベース66

SIC フォーゼ ベース67

SIC フォーゼ ベース68

SIC フォーゼ ベース69

SIC フォーゼ ベース70

SIC フォーゼ ベース71

SIC フォーゼ ベース72

SIC フォーゼ ベース73



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事