超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第四部 スタープラチナ レビュー

超像可動 第4部 スター・プラチナ34


【全体】

超像可動 第4部 スター・プラチナ1

超像可動 第4部 スター・プラチナ2

超像可動 第4部 スター・プラチナ3

超像可動 第4部 スター・プラチナ4

超像可動 第4部 スター・プラチナ5


【比較】

超像可動 第4部 スター・プラチナ6
「超像可動 第三部 スタープラチナ・セカンド」と。
第三部版とはデザインもカラーリングもかなり異なっています。
第三部版からの流用は一切なしの完全新規造形。
第四部版はパープルとスカイブルーを基調色としており、
第三部より濃いめのスカイブルーとなっています。


【各部位】

超像可動 第4部 スター・プラチナ7
頭部前面。
作中の作画を忠実に再現しています。
目に丸みがあるのが特徴的です。

超像可動 第4部 スター・プラチナ8
頭部側面。
髪の毛はブラックとホワイトの2色のカラーリング。

超像可動 第4部 スター・プラチナ9
頭部後面。

超像可動 第4部 スター・プラチナ10
頭頂部。

超像可動 第4部 スター・プラチナ11
叫び顔。
歯までしっかり造形されています。

超像可動 第4部 スター・プラチナ12
叫び顔側面。

超像可動 第4部 スター・プラチナ13
胴体前面。
第三部版との大きな違いは胸部のゴールドのラインが腰まで伸びている所。

超像可動 第4部 スター・プラチナ14
胴体後面。
第三部版では背中にラインはありませんでしたが、こちらではゴールドのラインが造形されています。
背中上部中央には専用スタンド用の凹があります。

超像可動 第4部 スター・プラチナ15
胴体側面。
第三部版ではあった腰の装飾がなくなっています。

超像可動 第4部 スター・プラチナ16超像可動 第4部 スター・プラチナ17
超像可動 第4部 スター・プラチナ18
腕は第三部版と基本的には変わりありませんが
フォルムと細かな造形が異なっています。

超像可動 第4部 スター・プラチナ19
肩パーツのデザインは同じですがシルバーのラインが第三部版より太くなっています。

超像可動 第4部 スター・プラチナ20
肩パーツはボールジョイントで可動式へ変更されていました。

超像可動 第4部 スター・プラチナ21超像可動 第4部 スター・プラチナ22
超像可動 第4部 スター・プラチナ23
腕と違って脚は第三部版とはガラリとデザインが変更されています。
大きな所では膝パーツ、すねがブーツ状になっている、足のデザインなどがあります。

超像可動 第4部 スター・プラチナ24
足裏。


【付属品】

超像可動 第4部 スター・プラチナ25
シアーハートアタック戦で使用した木片。

超像可動 第4部 スター・プラチナ26
平手パーツA(左右)。

超像可動 第4部 スター・プラチナ27
指差し手パーツ(左右)。

超像可動 第4部 スター・プラチナ28
平手パーツB(左のみ)。

超像可動 第4部 スター・プラチナ29
木片握り手パーツ(左のみ)。


【可動範囲】

超像可動 第4部 スター・プラチナ30
肩は水平方向に90°、上腕ロール可動、肘90°、
股関節は水平方向に90°、腿ロール可動、膝135°、足首は水平・垂直方向に45°、足先90°可動。

超像可動 第4部 スター・プラチナ31
胸部45°、腰90°回転可動。
股関節は垂直方向に90°可動。

超像可動 第4部 スター・プラチナ32
前屈。

超像可動 第4部 スター・プラチナ33
後屈。


【アクションタイム】

超像可動 第4部 スター・プラチナ34

超像可動 第4部 スター・プラチナ35

超像可動 第4部 スター・プラチナ36

超像可動 第4部 スター・プラチナ37

超像可動 第4部 スター・プラチナ38

超像可動 第4部 スター・プラチナ39

超像可動 第4部 スター・プラチナ40

超像可動 第4部 スター・プラチナ41

超像可動 第4部 スター・プラチナ42
スタープラチナ ザ・ワールド!!!

超像可動 第4部 スター・プラチナ43

超像可動 第4部 スター・プラチナ44

超像可動 第4部 スター・プラチナ45

超像可動 第4部 スター・プラチナ46

超像可動 第4部 スター・プラチナ47

超像可動 第4部 スター・プラチナ48



ではでは~ また次回。 (゚Д゚)ノ



このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事